札幌の美味しいお店

2010年6月 4日 (金)

「さくら庵」の花

         

         お蕎麦が、美味しい。

         お花が、素晴らしい。

         お店も、雰囲気がある。

         さくら庵。

                

  細い麺で、お出汁もまろやか。

  奥行きがあり、繊細。

  そして、お蕎麦屋さんでこれほど花にこだわっているところを他に知らない。

  黒塀の入口から石畳の通路。

  大きな暖簾を開けると、待合が広く取ってある。

  床置きの花器に、伸び伸びと季節の花が飾られて。

  カウンターの前、テーブル席の横・・・花は、和の色調の壁にしっくりと合う。

  

                    愛想が良いとはいえないご主人だけれど、         

         器も素敵だから又寄りたくなる。

         さくら庵

                                     

                                     

                         人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

五感に響く・テルツィーナ

    ここは素晴らしい。

    お気に入りのお店になりました。

    リストランテ テルツィーナ (札幌・大通駅35番から3分)

    ル・ミュゼのシェフがお薦めのお店だから、きっと間違いない、と予約。

 

          001 

          まず、ローズマリーとチーズのグリッシーニ

               

         002 

           リンゴのソルベと生姜のコンフィ

                 

    003 

  滝川産合鴨スモークのムースとブリオッシュ 柿、クレソン、クルミのサラダ

    食感と味、絶妙な美味しさ。

            

           004_2

      根室産ズワイガニと春菊、フレッシュトマトのソース スパゲッティーニ

   カニの旨味を損なうことなくフレッシュトマトが控えめに。

         

        パスタの次は、

        美唄産ゆきひかりと南幌産ゆり根のリゾット。

        ゆきひかりの心地良い口当たりに、

        ほっこり甘いゆり根。 とろける優しさ。

        クリーミーな白いリゾット。

         

        デザートは、4種類の中から選べます。

        こってりとした紅玉リンゴ煮の上に、ふんわり柔らかいムース。

        カプチーノの香りが引き立ちます。

    005 

    素敵なお皿。 微妙な色合いのデザートを引き立てますね。

              

      006 

       そして、カラフルで楽しいチョコレートを選びます。

       下から、トマト、ヨモギ、ピスタチオ、?、アーモンド、

       抹茶、イチゴ、黒ゴマ、中央がお醤油にきな粉をまぶしたもの。

       どれにする~?

                

            008

          ショコラは、ひんやりとした石のタイルの上に。

          お薦めのお醤油味も美味しかった。

                      どれもしっかりとした味のハーモニー。

          フィニッシュに満足度の高いお菓子。

                 

          レモンマシュマロも、スティックに付いてゆらゆらと。

          器と盛り付けが素敵で、シェフの遊び心とセンスが光る。

              

         007

      飲み物は、シナモン、オレンジフラワー、ハイビスカスの

      ハーブティ。

      オレンジフラワーがそのままの形で、かわいい。

      香りも味もほっと和むティでした。

      最後まで手を抜いていない・・・。

      一つ一つ、丁寧な。

      そして変化に富んだ構成。

      良いお店に出会った喜び。

                

      お料理を写真に撮るのは恥ずかしいのですけれど、

      今回は撮らせて頂きました。

                

      このメニューで、お支払いはリーズナブル。

      室内は、落着いたブラウンと白でまとめてあり、

      生花も美しい素敵な空間でした。

   

      このお店とミュゼで、五感を満たす美味しいものに出会えます。

      北海道の豊かな食材をクリエイティブに生かしている。

      東京からの友人を案内するのにも、安心して使えるお店。

                                

                                 

                          人気ブログランキングへ

                                

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

札幌の美味しいお店*ショコラティエ マサール

  深く印象に残っていたショコラがある。

  札幌へ来て、再びそのお店を訪ねた時、

  以前の場所の横に新しく、広さも何倍にもなったショップがあった。

  その後の人気を物語っている。 ショコラティエ マサール

  

  中心街から離れていて、交通の便も良いとはいえない。

  でも、ひっきりなしに車が駐車する。

  

  席もあるので、そこで頂いたこともあるのだけれど、

  あまり落ち着かなくて、足が遠のいた。

  三越の地下にある支店で購入して、家でゆっくり味わった方が正解。happy01

                

             001_2

                           マリアテレサ

                002

                         ピアフ

        マリアテレサが1番人気があるという。

        濃厚で、チョコレートの香りと奥深い美味しさが堪能できる。

        ムースタイプのピアフも大好き。

               

     口コミを見ると、コメントで何件か、

     接客の事を書いてあったのが残念。despair

     札幌を代表する人気店だからこそ、改善を望みたい。

            

     北海道の観光面でよく指摘される事が、

     ここでも象徴しているように思います。

     景色は良い、食材も良い・・・でもサービス面がレベルに達していない。

     それは観光客の人が、一番違和感に感じることでしょう。

     

     デパートでも、お店でもそれを感じるときがあります。

     接客の良さは、他をカバー出来る力がある。

     でもその逆は・・・。

            

     旅の良い思い出を、持ち帰ってもらいたい。

     自然も、人も、食べ物も、良かったよ と。confident

 

                  ・・・スイーツなのに辛口になってしまいました。coldsweats01

                        

                          

                    人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

札幌の美味しいお店*ル・ミュゼ

   

    前回はクリスマスランチだったから、1年ぶりのル・ミュゼ

    その時も、美味しいお料理と美しい盛り付け、スタイリッシュな器など、

    トータルにバランスが取れている素敵なお店だと感じました。

              

    今回、どこかランチ・・・と、探しましたが、

    そう、ミュゼに行こう。

                    

    モリエール、コートドール・・・などの激戦区の宮の森、円山周辺。

    居心地、お店の建物、広さ、立地、お花、サービスの印象、

    お料理、器、盛り付け・・・。

    優先順位や外せないポイントは、人それぞれ。

            

    街中のビルの中にある所じゃなく、

    円山原生林の近く、住宅街の静かな所。

    アクセスは悪くても、落ち着ける。

    きっと期待を裏切らないと確信できる建物。

    入口のドアは大きいガラス。

    2m以上のユーカリとカサブランカが、たっぷりガラス器に入っている。

    

    白い壁と調和している木の温もり。

    すっきりとシンプルな空間。

    大きな窓から、秋の陽射しが差し込む。

    オープンキッチンも清潔感を感じられる。         

    ランチは、3種類。

                 

  *アミューズ

  *その時々の季節をスープに仕立てて  (かぼちゃとマンゴー) 

  *“ミュゼのサラダ” 農家より届いた様々な野菜、味・香り・色、そのコントラスト

  *本日のパスタ (ホタテ、海老などのシーフード)

  *本日のデザート 

  *エスプレッソ、又は紅茶 

  

       どれも美味しく、デザインが美しい。 

       量も心も、たっぷり満ち足りて。

     001 

       ビーツ、青大根、ニンジン・・・北海道産の元気な食材。

       テリーヌ風にヤングコーン、オクラをまとめて。

               

       デザートは、チョコレートのスポンジ生地に

       まったりとした濃厚なクリーム。

       その上に板チョコと立体的に層を重ねて、

       マンゴーシャーベットに一粒のピスタチオ。

       それに掛かるワイヤーのように細ーいひと筋のライン。

       ココアパウダーの直線。

       まるで抽象画のように。

              

       無駄なものは一切削ぎ落とし、必要なものだけを集約させている。

       心地良い緊張感と、潔い美しさが感じられる。

                   

       美術館という意味のミュゼに相応しい空間と、美味しい絵画。

       シェフのコンセプトに通じる芸術品。

  

                   

       Le Musee  札幌市中央区宮の森1条14丁目3-20

                TEL 011-640-6955     

      

             

        

                      人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

木の扉を開けて・・・。

   図書館帰り、いつもと違う道を通ってみました。

   静かな住宅街の中、目立つ色合いの建物。

   イタリアンのお店でしょうか?

   車が何台か止まっています。

   横の壁にパンの絵がありました。       

   中の様子が見えないので、入りづらい・・・けど気になる・・・

   ドアの前に「本日のクロワッサンは、終了しました。」と張り紙が。

                 

   思い切って開けると、香ばしい香りが漂ってきました。

   外壁の明るさとは違って少し薄暗い店内。

   窓から差し込む日差しが温かい。

   この雰囲気だけで、きっと美味しいに違いないという確信を得る。

   正面にどっしりとした存在感の木のカウンターがあり、

   そこに美味しそうなパンが並んでいます。

   空間に比べ、パンのスペースがゆったりとしている。

   ここにカシミアの服をディスプレイしても似合いそう。

              

   洋ナシのパイも美味しそう・・・\231。

   リーズナブル!  パン・オ・レザンも \137。

   奥でご主人が黙々とパンを作っています。

   レジに笑顔を絶やさない可愛らしい女性。

   

             ドアを開けて、良かった~。

                     

       001_2  

    パンの店 アンジュ  札幌市中央区南19条14丁目2-7

                  (日曜祭日 休み)

                                                                  

                          人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)