« アルテピアッツア美唄~冬 | トップページ | サッポロホワイトイルミネーション☆2013 »

2013年12月 3日 (火)

佐々木 薫先生のアロマ紀行セミナー

         11月30日(土) かでる2.7

      12月1日(日)  三越ライラックルーム にて 

      佐々木 薫先生のセミナーがありました。

 

 

     《アフリカ大地の恵み シアバター&ルイボスティー》

 

 

       Photo_9

 

      会場は、クリスマスアレンジのテーブルで華やかです。

      プチケーキもありましたよ。

      毎回のセミナーで、生活の木さんの細やかな心遣いを感じます。

 

 

         Photo_4

 

 

       毎回、フラワーアレンジを飾って頂きます。

       クリスマスも近いし、赤いルイボスも重ね合わせて、

       サッポロクリスマスアレンジ。

 

 

      

      016_800x652_2

                



        バラ、ホワイトスター、コットン、ヒムロスギ、

        クリスマスブッシュ、コチア、白塗りのミツマタなど。

 

 

           Photo_6

 

 

     シアバターがこんもりと。

     このカラバッシュというヒョウタンのような器に盛り、頭上で運びます。

 

     最大の産地はガーナで、その地帯一帯の16ヶ国をシアベルトと呼ぶ。

     そのガーナでは、生まれたばかりの赤ちゃんにシアバターを塗ったり。

     出産祝いとして、こんもりシアバターを贈る習慣があるそうです。 

     現地では食用油として小さく丸めた塊を

     お料理によって何個かフライパンに入れて溶かして使う。

 

 

     シアの実は、硬い殻を砕き仁を取出し充分乾燥させ、

     仁を細かく砕く → 焙煎 → ペースト状 → 練る → (略)

     幾工程にも及ぶ作業を経て、

     最終的に固められたバージンシアバターの完成となります。

     フランス語では、カリテ。 カリテバター。

     これからの季節にピッタリ、お肌の保湿に。

     アンチエイジング、ヘアケア、やけど、筋肉痛など。

           私も冬のクリームには特に、シアバターを混ぜ込みます。 

     そして、香りも自然な温かさがありますね。

 

 

    ルイボスティーは、抗酸化作用で有名なお茶。

    赤という色からも元気になれそうですね。

 

    ルイボスとは、FYNBOS (フィンボス)=灌木

    フィンボスは、プロティアやヒースなどの4つのグループに分けられる。

    その中のルイボス。 フィンボスのボスが同じですね。

 

 

    ケープタウンから北に上がったエリア、そこだけに群生している。

    極端に水の少ない砂地のような土地なので、

    根が地上部より3倍くらい長く張っているそうです。

 

 

    ルイボスの故郷、ケープタウンの話。

    希望岬でなく、《望岬》   Cape of  Good  Hope

    2つのオーシャンが混じり合う地。 大いなるオーラを持った土地。

    希望より、喜望のほうがもっと素敵な響き。

 

 

    佐々木先生の魅力あふれるお話に引き込まれ、

    ガーナやケープタウンまで旅したような気持ちになりました。

 

    植物だけでなく、その土地に暮らす人々、風習など、面白いエピソードを

    興味深く教えて頂けて、世界が広がる想いがします。

 

 

              Photo_10      

 

 

   セミナーで、緑の同窓生の方々にお会いするのも楽しみです。

 

 

 

       
              Photo_11

 

 

         北見からいらしたUさん。 インストクラスのSさんと一緒に。

 

 

       ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 

 

    《神秘のフランキンセンス~美と癒しの旅~》

 

      

             Photo_7

 

        2日目はフランキンセンス。

        この香りはクリスマスシーズンに欠かせません。

 

 

      有名な一節・・・  

    「王の言葉を聞いてから、彼らは出かけて行った。

    すると見よ、東方で見た星が彼らの先を行き、

    ついに幼子のいる場所の上にやって来て止まった。

    その星を見て、彼らは非常に大きな喜びを感じた。

    家の中に入ると、その母マリアと共にいる幼子を見、ひれ伏して彼を拝んだ。

    自分たちの宝箱を開き、黄金と乳香と没薬を贈り物として捧げた。」

                     ~新約聖書 マタイによる福音書~

 

 

      黄金は王を、乳香は神、神聖なものを表し、

      没薬は薬から救世主を意味する。

      フランキンセンスの樹脂を水に浸しておくと水溶性成分が溶出し、

      乳香フローラルウォーターが出来ます。

      神聖な水ですね。

 

 

      エジプトの壁画から香炉や薫香の使われかたなど、

      佐々木先生の豊かな感性を通して、

      フランキンセンスを深く味わうことが出来ました。

 

 

               Photo_8

                 


    

     アルガンの実、艶やかな優しい色合いですね。

     トコフェロールが他の植物油に比べて多いことが最大の特徴です。

     トコフェロール → ビタミンE = 抗酸化作用 ♪

           

     フェイシャルのトリートメントオイルに混ぜたり、

     美容オイルに使っています。

 

 

            Jpg

 

 

           世界一高価な香水や香炉。

           実物に触れるって大事です。

 

  


             Photo_17 

 

 

         三越セミナーでも、

                 緑の同窓生の皆様にお会いしたので、

         佐々木先生を囲んで記念撮影。

 

         せっかくの機会ですから、皆様をご紹介したいと思うのです。

         会を重ねるごとに交流の輪が広がるように、と。

                  私はグリーンアーチ、《緑の架け橋》なのですから

  

 

 

 

           Greenarchlogo_big_3

       「グリーンアーチ」のホームページはこちらへ。         

        人気ブログランキングへ   どうも有難うございます。 

|

« アルテピアッツア美唄~冬 | トップページ | サッポロホワイトイルミネーション☆2013 »

ハーブ&アロマ」カテゴリの記事

コメント

うわ~お!
シアバターとルイボス、沢山勉強させていただきました。ありがとうございます。
私も冬はシアバターをたっぷり入れてクリームを作るんですよ。友人にも好評です。
グリーンのかけ橋から、人々をつなぐ大きな輪に。
北海道のアロマ文化の成長をお祈りいたします。

投稿: mintleaf | 2013年12月 4日 (水) 00:40

mintleaf 様

 こちらこそ、どうも有難うございます。clover
  mintleaf さんからの応援は、強いパワーを感じ予言のようなメッセージとして受け取っています。

 シアバターやルイボスの故郷を知ると、益々その植物に興味を持ちます。
 いつも思うのは、植物って素晴らしい~。それに気づく人間も素晴らしい!!(゚▽゚*)

投稿: グリーンアーチ | 2013年12月 4日 (水) 08:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1173857/54065233

この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木 薫先生のアロマ紀行セミナー:

« アルテピアッツア美唄~冬 | トップページ | サッポロホワイトイルミネーション☆2013 »