« RHS GARDEN WISLEY  イギリスの旅*12 | トップページ | ロンドン イギリスの旅*14 »

2013年8月 1日 (木)

ハンプトンコートショー~リージェンツ・パーク  イギリスの旅*13

                   

        523_640x447

 

     イギリスの旅シリーズも、あと3回です。もう少しお付き合いくださいませ。

     今までのブログの中で一番長いシリーズになりました。

     ご覧頂いて、本当に有難うございます。

     ツアーでご一緒だった方や、ブログをご覧になった方からも

     コメント欄やメールなどでメッセージを頂きましたので一部ご紹介しますね。

     ”毎朝の通勤電車の中で見ています。(朝の楽しみですよ)”

     ”ワクワクしながら読んでいます”

      ”その場にいるように感じ、同じ感動を感じています”

 

     黙々と一方通行で発信していますが、時々それに対して

     ご褒美のような感想を頂くと、とても励みになり嬉しく思います。

     どうも、有難うございました。

 

          525_640x454

 

     ハンプトン宮殿と庭園。

     この大きな木、とても葉が密集していて形が面白いですよね。

 

           526_640x414

 

      池に映るともっとインパクトがあります。

 

      時間と共に気温が上昇して、肌に射すような強い陽射しです。

      光が白く眩しくて、少し歩くだけでも体力が消耗していくようです。

      会場に入ると、人、 人、 人の波。

      全員一緒の行動は出来ないので、其々グループに分かれました。       

      たくさんのガーデン作品とガーデニンググッズが展示されています。

 

              528_640x487

 

     背景の色に合わせたお花選び。 アガパンサスとぴったり。

 

               536_480x640

 

           こちらはオレンジ系。         

 

                538_480x640

 

       銀賞は日本の女性でした。 うれしい~。

       写真では分かりにくいですが、繊細な雰囲気で素敵でしたよ。        

 

               
                 539_480x640

 

       こちらが金賞の作品。 大きな作品で写真は一部ですが、

       季節の移り変わりと人生を重ね合わせたよう・・・。

       戦争と平和、人工と自然、そのような両極を表現してあります。

       でも、留まることのない時間の流れ。

       順路に沿って歩くと、激しい色合いの植栽があり、

       燃え盛る火の勢いを煙と音楽などで演出してありました。

       最後は、小鳥のさえずりや優しい色合いの植物でまとめられ、

       見学する側も、ざわざわした不快な気持ちが穏やかになりました。

 

       受賞するには、テーマも大切ですが、植物に何を組み合わせるかが

       大きなポイントになるのかな、と思いました。

       ガーデンデザインを芸術的な表現でオリジナリティーを高めていくと、

       必ずしもと万人受けするデザインにはならないかもしれません。

  

                   
          542_640x474

 

         何しろ暑いので、涼しげな作品が嬉しい。

         あの椅子で休みた~い。      

 

                   546_480x640

 

    壁の色見本。 イギリスのペンキの色合いはとても豊富だそうです。

    白だけでも100種類くらいあるとか。

    微妙な色合いが本当に素敵。

        


       552_640x480

 

     ショーの中で気に入ったブースが温室です。

     屋根の飾りもフレームの色も日本にはないような温室。

 

          554_640x480

         周りの植栽も優しくて好みでした。

                      

      561_640x480

 

         テントの中ではお花の展示。

 

        570_640x420

 

      ウイリアムモリスが好んで描いた花。

 

            571_640x480_2

 

       このグラデーション、きれいですね。

 

   もう暑さと人混みで、くたくたになりました。

   ゆでダコのように真っ赤な顔 。 (;´▽`A``

   でも、イギリス人のガーデンに対する想いは並々ではない、と

   いうことを肌で感じました。

   それから、皆さん年配の方も、きれいな色を身に着けている。

   お花に負けない位の服で、ショーの華やかさが一層増していました。

   おしゃれするって素敵! 自分だけでなく周りの人へも良い気分を運ぶ。

 

       ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

 

 

     バスの運転手さんに、時間延長や色々な面でとても良くして頂きました。

     皆さんでお礼のチップを集めて最後にお渡ししましたよ。

     吉谷先生の提案に、すぐ皆さんも賛成したり、すぐに封筒を用意したり、

     メッセージを書いてくれる人がいたり・・・

 

     全員で飛び切りの笑顔と、「Thank you !」 拍手して、お渡ししました。

     旅を振り返るとき、そんなシーンが心に温かさをもたらすのです。

 

             586_640x466

 

       4日目のスケジュールも無事終了。

       はい、まだ明るいロンドンですよ。

       5人組は又繰り出します。

 

                 「Hi,Taxi!」  (◎´∀`)ノ

 

 

  初日より足を延ばして、リージェントパークのクイーン・メアリーズ・ガーデンへ。

 

    587_640x415_2

 

            ブルーの世界・・・デルフィニウム。

 

    灼熱の太陽も、冷静さを取り戻して、ゆっくりと沈んでいく。

    夕刻の穏やかな時間の中で、バラの姿、色合い、香りを、皆で分かち合う。

 

    初日と同じように、ベンチに座りサンドイッチタイム。       

    5人が座るには少し狭かったけれど、それもなんだか楽しい。          

 

            594_480x640

 

        明日は自由行動と、夕方から《サヨナラ・ディナー》                    

       色々予定を考えましょう。          

 

 

                                595_480x640

 

      ホテルに戻り、お部屋に集合しました。

     カナさんも、私もアロマセラピスト。

     ハンドトリートメント用にオイルを持ってきたので、3人に受けて頂こうと。

     初めてのハンドトリートメントを喜んで頂き、又、思い出が一つ増えました。

 

     この旅の香りは、ローズとラベンダー。 

     ラベンダーは、ファーム富田さんのおかむらさき。

     ローズオットーは、生活の木さんのブルガリア産。

 

     ただ知り合うだけでなく、触れ合うこともできて、良かった・・・。

 

 

 

            Greenarchlogo_big_3           

           「グリーンアーチ」のホームページはこちらへ。         

           人気ブログランキングへ   どうも有難うございます。 

|

« RHS GARDEN WISLEY  イギリスの旅*12 | トップページ | ロンドン イギリスの旅*14 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1173857/52683640

この記事へのトラックバック一覧です: ハンプトンコートショー~リージェンツ・パーク  イギリスの旅*13:

« RHS GARDEN WISLEY  イギリスの旅*12 | トップページ | ロンドン イギリスの旅*14 »