« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

《しあわせのパンを探して》 ~洞爺湖・月浦

           040   

         

     洞爺湖の中島。

     この形を見ると、「星の王子さま」に出てくるウワバミを思い出すのです。 

    

        ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

                                               

       昨年の《えこりん村》に続いて、第2回札幌アロマ女子会。

               洞爺湖・月浦を舞台にした映画 「しあわせのパン」(2012)が、

       大好きな女子5人の旅です。

       皆さまも、ご一緒に楽しんで頂けたら幸いです

            

       札幌駅東口に集合。 ヽ(´▽`)/

                                      

         002

              

        洞爺湖へはもう10年位、行っていない・・・。

        そして、JRで行くのは初めてです。

        ホームで待つ時も、小学生のようにドキドキワクワクと。

                

       003_2

          

         ひとつのホームから色々な方面へ出ています。

         北海道は広いから、乗り間違えたら大変ですね。

                     

    Jr          

              

     まるで修学旅行気分♪~ (◎´∀`)ノ

     車窓から牧草地の牛や馬を眺め、海を眺め・・・

     お喋りに夢中になりながら、約1時間半。

     佐々木先生は学生時代、北海道の牧場に働きに行こうと思っていた位、

     親日家、いえ、親北海道家 ?

     今はないアリスファームやカナディアンワールドのことも良くご存知で、

     札幌女子メンバーは驚きと嬉しさを感じました。

            

       洞爺湖に住んだことのある葉っぱちゃんが、

       ほとんどスケジュールを考えてくれて、

       旅のしおりを作ってくれました。 

            

       女子会の打ち合わせをして、カメラマン係、会計係、

       運転係などを決めこの日を楽しみに皆で準備しましたよ。

       私は何係? 女子会 会長 兼 連絡係? (*^m^) 

       佐々木先生を囲んでの女子会は、本当に光栄なことです。

       毎年続いていくと良いですね。 

       人数も少しずつ増えて、ゆくゆくはバス貸切りで

       北海道ガーデン巡り~ かも~。

       又、妄想癖がでました。 ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

                 

                    009

                 

        女子会を祝福するかのように、最高のお天気。

        最強! 強運! 晴れ女子たち!

                

       013

                 浮見堂。

                

       洞爺湖駅でレンタカーを借り、いざ出発です。

       湖からの風を頬に受け、快適なドライブ。

       BGMは《マルセルの夏》 ノスタルジックな音楽がぴったり。

       

           015 

       

      ランチは、cohumさん。

      依然はドライブインだった建物を素敵な空間のカフェに。

      このお花がみんなのお気に入り。 かわいいですね。

               

     024 

    

      周りに咲いている花々に興味深々。

      さすがアロマ&ハーブ女子会メンバー。     

               

          021

       

    洞爺湖畔で取れる新鮮なお野菜中心のメニュー。       

               

        Photo_5

                

        身体に優しいお食事。 食感も色々楽しめました。 

           

        Photo_9

           

        お皿もかわいい、ルバーブのアイス。

                                                         

    022_2

                

       さて、美味しいものを頂いたあとは、湖畔へ。

       気持ち良い~~ 。  つい大きく手を広げたくなります。

             

       031

                     

             透明できれいな水。

          

      027

       

       浮見堂の近く、この場所にとても良い気が流れていたので、

       初の記念写真を撮ることに。

                     

           Photo_7 

           

              三脚をセットして、パチリ。 

              《しあわせの木》と命名。

              

    Photo_6   

 

          しあわせの木の向こうに中島。

          おだやかな、おだやかな、風景です。            

         

               Photo_3

       

           洞爺湖ブルー、洞爺湖グリーン。

           

                Photo_4

        

         六角形が面白い建物でしょう。

                  

         さてワゴンに乗り込み、次は「しあわせのパン」で使われた

         カンパーニュを買いに・・・。

                     

          Photo_8

          

               この感じ、ツボだわ~。      

               看板を見ただけで、間違いなしと。

               ラムヤートさん

                             

      043_2   

         

             外観も良い味出している~。

                 

       Photo_10

              

         素敵なディスプレイ。

         カンパーニュは1日に3本焼くだけとのことで、

         人数分予約しておいてくれました。

         想像以上に大きく重たいパン。

         しあわせがずっしり詰まっているようで。

                      

           2

         

           店内もこだわりの空間。

           曲がった釘、素朴な字もツボです。

                                           

           038_2

             

         お店の人も親切で笑顔が素敵。

         映画のワンシーンのようで、色彩的にも絵になりますね~。

                  

                  040_2

              

          なだらかな曲線が、心に平穏をもたらす。

            

                   041

                   

             次は、ガラス工房 gla-glaさん

                            

                        043

               背丈よりも大きな窓。

                      

      《吹きガラス体験》に申し込んでいました。

      でも楽しそうなイメージとは違って、けっこう大変・・・。

      佐々木先生はさすがに手順良くこなして、無事に完成!

      ポジティブに捉えると、旅のスパイス的場面でした。

        

                   046

      

        1週間後、ご自宅へ送られてくるそうです。

        良い記念になりますように。                

 

      048

             

            窓側にガラスのオブジェ。 

                            

             051   

                         

        洞爺湖にうつる月が美しいことから、

        《月浦》という地名になったそうです。

        前日のスーパームーンは、さぞ美しかったでしょうね。

        この湖の向こうに、ぽっかりと月が浮かんだら、

        自然との一体感を感じることでしょう。

                  

            052

                

    ここが「しあわせのパン」でカフェ・マー二に使われたゴーシュさん。

    映画放映以来、お客さんがたくさん押し寄せて、参ってしまったそう。

    今は不定休で月に数日の営業になっています。

    静かな暮らしを求めて引越してきたそうです。

    元の生活に戻るまで、少し時間がかかるかもしれませんね。

    数年後、訪れたときに入れたら良いな。

    湖に面した大きな窓から、ゆったりと眺めてみたい。

    その時、この女子会のことを懐かしく思い出さずにはいられないでしょう。

                  

           054

      

    湖畔も良いですが、少し高台のここから眺める風景が最高です。

          前が湖、背後に山々、回りは緑。

     明るく開けた静かな場所・・・自然の優しいパワーを感じる。

          スーパームーンの余韻、月浦という地名。

     それを一緒に眺める素敵な人たちがいる。

     そして、最高の天気。 

     幾重にも重なった奇跡のような日と、

     《美しい自然》に感謝せずにはいられません。

                     

     Photo

             ルピナス・ハピネス

                 

      登り藤、逆さ藤ともいわれるルピナス。

      そこで出逢ったおばあちゃんに、

      「紫色が一番良い香りよ」と、教えて頂きました。

      本当に他の色より強く良い香りでした。

             

      「滅多に見つからないのよ」と、

      大切に握っていた大きなクローバーを見せてくれました。

      別れ際にはいつまでも手を振ってくれて。

      しあわせのおばあちゃん・・・ 素敵な出逢いでした。

      

      ルピナスの花言葉は、「いつもしあわせ」

      「あなたは私に安らぎを与える」

      

 4 

    

                    深    呼      吸

             

                       

         この景色とこの時間を心に焼き付けて。

                   

                 055

            

     反対を見上げると、最終ポイントのザ・ウィンザーホテル。

    

       

        058

          

     レイクヒルファームで、牧場のジェラード。

     羊蹄山を眺め、大地の雄大さを感じながら。

               

             060

               

        隠れていた羊蹄山の山頂も見えてきましたよ。

        きれいな風景に身を置くと、心も身体も健やかに清々しく。

                  

                     061

                

               真っ白な羊、ゾーヴァ ? 

                 

          063

          

                 

      しあわせの羊と羊蹄山を後にして、

      2008年サミットを開催した地でもある

      山の頂上ザ・ウィンザーホテルへと向かいます。

            

      洞爺湖と反対側は海、さすがに素晴らしい立地。

      ホテルが山頂に威風堂々と構えています。

      吹き抜けの広いロビーも良いけれど、

      私たちは裏庭のほうへと抜けました。

      当初の予定では、ここでカイザーのパンやお茶をと思っていましたが、

      自然の心地良さをたっぷり浴びていたので、

      ホテルの中より大きな自然に身を委ねたいという気分を優先しました。

                    

           064

               

               洞爺湖は、まわるい湖。そこに浮かぶ中島もまるい。

       癒しの形なのでしょう。

       着いた時は湖畔からの視点。

       そこから徐々に高い場所に移って眺めた洞爺湖。

       小径の行き止まり、緑のフレームで飾られた最後の絵。

        

       蒼い洞爺湖の正面にあった木にもたれ、

       一人ひとり、夢や願いを想った・・・。

       しあわせに感謝した、静かな時。

                 

                緑の山に囲まれ、蒼い海と湖からの風と気がこの頂上で出逢う。 

       真上は、どこまでも抜けるような空。

       何もいらないしあわせ。

       こころの器がしあわせで一杯に満たされた時、

       溢れたものが涙となる。

      

       360度の見晴らしに、自然にぐるぐる周りたくなり、

       そのまま飛んでいけそうな、軽やかな気持ちに。          

          

                    

                070

             

         しあわせのパンを探して~

                    ここに見つかりました。

                              

                     

              010         

       

       “大切なのは君が照らされていて、

        

        君が照らしているということなんだよ”

    

                   

             068

                      

                小さな黒い虫達の中に

                1匹だけ玉虫色。

                しあわせの虫。 

                  

                      

       065

 

              右側にハートの雲。

              何だか全部ハートに見えてくる・・・。

                         

                               

          ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

                 

      しあわせのパンは、しあわせの香りがする。

           

      しあわせをゆっくり味わいましょう。

           

                      

     072

                

        あまりに美味しかったので、ふと気づき、

        皆さんへもしあわせを分けましょう、と。

                 

                      

        001

                 

        一切れずつですが、次の日、講座の皆さんやスタッフの方へ。

        とっても喜んで頂けました。

        しあわせを分かち合うって、良いですね。

        こんな素敵なメッセージを頂きました。

               

        「しあわせのお裾分けに感謝しながら食します。

        そして、身体の一部になった“しあわせ”を

        周りにおすそ分けしたいと思います」

                   

        しあわせが広がっていくって、良いですね。

                     

             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

                               (7月1日 追記)

             かわいい花の名前を教えて頂きました。 有難うございます。

       ハコベです。 あ、あの春の七草!

       花言葉も 「愛らしい」

                                

                                                                          

              Greenarchlogo_big_3           

           「グリーンアーチ」のホームページはこちらへ。            

             人気ブログランキングへ   どうも有難うございます。 

                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月29日 (土)

合格おめでとう! & カルテ症例 

           

          058

                    芍薬

                     

     アロマセラピスト学科試験、生活の木さんや私の元に

     合格の報告が続々と入ってきました。

     本当におめでとうございます! 

     とっても嬉しい~。 良かったですね。

               

     講座に通って頂いた頃のことが目に浮かびます。

     一生懸命頑張る。

     眼差し、姿勢、口元・・・ 何より醸し出される雰囲気に現れていました。

     何でも吸収したいと真っ直ぐに真剣な目。 

     夢を含んでキラキラ輝いている目。

     ピンと伸ばした背筋。 芯が通っている。 

     自分には厳しく制し、周りの人にはとても優しい。 謙虚な姿勢。

     スタッフの方にも気遣う心。 和やかな雰囲気。 温かさ。

     明るい挨拶をする。 笑顔が素晴らしい・・・・

     打っていたら止まらない位の素敵な皆さんでした。

             

     改めて、皆さんとの出会いにありがとうと。

     一つ一つハードルを越え、新しい扉を開けて夢に進んでいくのですね。 

     これからも・・・。

     一緒に過ごせた時間を幸せに思います。

     ありがとうございました。

     これからの道も素晴らしい日々になりますように、

     こころより応援しています。

     

               

       Photo

      

                             

     さて、カルテ30症例も続々と提出され、細かくチェックしています。

     資格取得最後の関門。 

     プロフェッショナルとしての自覚を持って、

     きちんとしたものを期待していますので、

     内容以前のミスが多かったり提出物として基準をクリアしていないのは、

     厳しくお伝えし、返却して訂正を繰り返しています。

     そこで自らの気づきがあり、

     アロマセラピストとしてのステージに立つ軸と心構えを持つことを願って。    

     

     私の講師としての愛情は、何でも与えるものではなく、

     自らが気づくことを導くようにと思っています。

     なるべくなら優しく伝えたいけれど、

     その人にとって必要なら厳しさも大切と思っているので。

     自らが気づく、そして幅を広げ質を高めると本当の力になります。

            

     講座の目的、習得達成のラインによって指導方法も変わっていますが、

     根底には、それによって《幸せな人生~喜び溢れる日々》を

     送って頂きたいという深い愛情が滾々と流れています。                                   

            

        

                     Greenarchlogo_big_3           

           「グリーンアーチ」のホームページはこちらへ。            

             人気ブログランキングへ   どうも有難うございます。 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金)

~Supermoon~

        

     22日の夜中、ふと目が覚めてリビングのほうへ行ったら、

     室内の奥まで煌々と明るい。

     北海道神宮の山の上に満月が大きく笑っていました。

     降り注ぐ光の月光浴。

     窓のところに立っても、椅子に座ってもちょうど良い位置にありました。

     ・・・・満月との温かい時間。

     

     次の日、満月カレンダーを調べると、今夜(23日)が満月。

     地球と月が一番近くになった時の満月を、スーパームーンというそうですね。

   

            ちょうどこの日は、ル・ミュゼさんへ予約していました。

      メニューは、ホワイト・アスパラフェアー。

      お味もさることながら、デザイン、色彩のセンスが好きです。

      そしてハーブや香りが積極的に取り入れてあるところもお気に入り。

                

        Photo_4        

    “ジャスミンの香りで包んだホワイト・アスパラ、白をモチーフに”

               

           Photo_2              

    “甘い世界 

     アスパラガス:デクリネゾン・・・ピスタチオオイルと塩でアクセント”

                      

     アスパラの色々な形でのお料理を楽しんだ頃、

     「山に隠れていたスーパームーンがちょうど見えてきましたよ」と。

                  

            Photo_3

           

      デザートは屋上テラスに移して頂き、特別スーパームーン席?(*^m^)

                  

         山の稜線から煌々と見えてきました。

         それはそれは素晴らしく。

         北海道神宮の山。 その反対側には夢の場所がある。

         ひんやりとした風も心地良く感じる位の輝きに、

         目も心も奪われて。

                 

         昨夜から続いた神秘的な、Supermoon。     

         この最高の日を佐々木先生とご一緒させて頂いたのは、

         不思議で幸せな巡り合わせに思います。

         

               

    2日続いた

    次の日は洞爺湖・浦 《しあわせのパンを探して*女子会》に続きます。 

                   ツキが続く~ ♪

           

                            

               Greenarchlogo_big_3           

           「グリーンアーチ」のホームページはこちらへ。            

             人気ブログランキングへ   どうも有難うございます。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

《ブルガリアンローズを訪ねてバラの谷へ》

          

       067  

 

        セミナーに合わせて、やはりローズです。

        芳しいイブ・ピアッチェ。 それに合わせてトルコキキョウ、

        スプレーバラのアンテークピンク、ヒペリカム、ボリジ、アストランチャ。

        アスパラを流してラムズイヤーとハートアイビー。

        演台に飾って頂きました。

            

        会場に着くと、たくさんの同窓生の方がいらっしゃいました。

        どこへ行っても誰かに会えるのはとっても嬉しい事ですね。

        アロマセラピストの1期生、Aさん、Kさん。

        前回のアロマセラピストクラスの方々。 Fさんにアロマ男子さん。

        皆さんの笑顔に会えて幸せ。

                 

    さて、佐々木先生のセミナー。

      

        「バラの谷には5月半ばに行くがいい。

         バラの海に飛び込みたいのなら・・・」   イワン・ヴァーゾフ

     

     バラはどこからやってきたか・・・?

     いくつかのキーワードの中で、私の一番好きな絵も紹介されました。

     ボッティチェリの 「春」 この絵には何百という花々が描かれています。 

     そして、バラの画家といえば、ルドゥーテ。 

     以前展覧会で見ましたが、とっても素敵な優しい絵です。

           

     一つ一つのキーワードに沿ってお話を進める佐々木先生。

     よどみなく溢れる言葉にはいつも感心してしまいます。

     飾らない楽しい話に、会場の皆さんもリラックス。

     オールドローズの種類、構成成分、効能など。

     ブルガリアの「バラの谷」の写真。

     6月の「バラ祭り」にため息が・・・。

     素敵な民族衣装を着た人達の幸せな笑顔。

     バラのフローラルウォーターが撒かれて、その中を歩く。

     あ~、行ってみたい~。 バラに埋もれてみたい~。

              

     徐々にバラ熱が高まる中、

     スタッフの方がローズウォーターをシュッシュ、と会場中撒いてくれました。

     規模は違うけど嬉しい疑似体験。 

     佐々木先生からはローズウォーターを皆さんへと。

     すっきりとした中にも花の女王を感じる気高いお味。 

     お心遣いが嬉しくて。

     

     ブルガリアンローズ・フローラルブーケ・コロンを作り、又シュッシュ。

     会場がバラオーラで包まれました。

               

        2013

             

       佐々木先生を囲んで、同窓生の皆さんと記念写真。

       

       終了後、初対面の皆さんをご紹介して、

       又、緑の輪が広がりました♪

        

               Greenarchlogo_big_3           

           「グリーンアーチ」のホームページはこちらへ。            

             人気ブログランキングへ   どうも有難うございます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

蒸留体験セミナー

          

           → 続きです。

     植物園から出て、生活の木(パセオ店)さんへ向かう途中、

     素敵な傘を持っていた方に声を掛けたら、

     このブログをご覧になったことがあり、私の事もご存知とのこと。

     『《夢の場所》のことも楽しみにしています』と ・・・とても嬉しかったです。 

     その方は、ハーブを育て、畑で採れたハーブを蒸留しているそうです。

     わぁ~、素敵! ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

     私も夢の場所で蒸留してみたいな、と一気にテンション上がりました。

              

         042

 

         【蒸留のしくみ~水蒸気蒸留法とは?】

   世界を旅する佐々木薫先生ならではの視点と切り口でのレクチャーですから、

   興味深く、ぐいぐい引き寄せられていきました。  

      

       043

            

     黒い品は日本古来の蒸留器、らんびき。

     3層構造になっていて、上部に氷、下部にハーブと水を入れ、

     湯せんにかければ、ホースから蒸留水が出てくるしくみ。

                       

           045 

                  

       ローズマリーやローズゼラニウムのフローラルウォーター。

       クリアな優しい香りです。

                        

          046

                    

           銅製の蒸留器。 7万位・・・。

           蒸留器は銅製が多いそうです。

           熱伝導が良い、形を加工しやすいという理由から。

                    

             047

                   

         こちらのは、管が曲がっていて少し小さい形。

         ガラス製もあります。 

         テーブルの上で蒸留の様子を見ながらなんて、良いですね。

                     

               048

 

                  どれにしましょう・・・?

                           

            まずはハーブをたくさん育てることからですね。

            夢の場所で育てましょう。

            ハーブ蒸留も夢の項目のひとつになりました。 (゚▽゚*)

                       

            050

                        

          植物のエネルギーが形を変えて生まれてくる。

       

      現在の形での水蒸気蒸留法を確立したのは10世紀頃に始まりましたが、

      起源は古くメソポタミア時代といわれています。

      その時代に考えて蒸留した人に会ってみたいですね。

      最初にぽたぽたと雫が落ちてきた時はどんな気持ちだったでしょうか。

  

                     

               3_2       

         

           佐々木先生は、可愛らしい服もお似合いですね。

           ビオラ柄が同じでした。 o(*^▽^*)o 

        

                                       

              Greenarchlogo_big_3           

           「グリーンアーチ」のホームページはこちらへ。            

             人気ブログランキングへ   どうも有難うございます。 

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

北大植物園~蒸留体験セミナー

           

             002     

            

     佐々木薫先生の札幌セミナーが22日、23日にありました。

     《初夏のハーブに触れる~

      北海道大学植物園散策&蒸留体験セミナー》

              

          「雨ならではの日を楽しみましょう」と先生のご挨拶。

     雨が降っているからこそ楽しめることがある。

                                              

                       003

                   

         ミスト状の粒子が、お肌にもお花にも、しっとりと。

         植物を鮮明に美しく見せてくれました。 

                           

               004

 

             一度してみたかったとか・・・ お茶目な先生です。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

                  

        010

                 

      芝生の上に一面の花びらが散っているように見えましたが、

      近づくと・・・

                                          

       009

  

      ちいさなちいさなお花。 本当に可愛らしい・・・

      名前が分からないのがもどかしいけれど、きれいな色ですね。

                           

             011

           

        水滴の一粒一粒がクリスタルビーズのように。

                                  

         012

             

       ライラックもまだ少し残っていて香りも楽しめました。

                           

               013

               

      まるで「植物美術館」のように、一枚一枚の絵を豊かに楽しむ。

                        

                        021

            

         ハートコレクション発見!

         マタタビ科の植物です。

                   全部の葉が白くなっているわけではないのですよ。

         白も色々な模様があり、ピンクもありました。

                               

                     024_2

               

      このほそ~い植物。 ツンツンと長く出ていてリズミカル。

      こんなに細いのにしっかり自立している所が逞しい。

                        

                    025

         

           葉の形が素晴らしいでしょう。

           切り絵模様のように、左右対称でね。

               

                   026

    

        寄ってみました。

        この造形をみていると、自然の素晴らしさにくらくらするのです。

        ハサミで同じように作れるかしら。

        くびれ?の切り込みなんてすごい技術ですよ。

        何かに似ている・・・。 誰かに似ている・・・・。

                

                    027

        

         ポピーシードのようなプチプチ感。

         この食感?触感が繊細、儚げな色も好き。         

                

                 029

                  

                エゾシモツケソウ

                 

         030

   

                  水滴の魔術。

                       

    031

          

         これは結構大きい植物ですが、

         花火のようにシュワシュワと、サラサラと。。

         音が聴こえるようでしょう。

                                  

               032

        

         ふむふむ・・・やっぱり聴こえる。

         動物的な感じもしますね。 サワサワ、かな。

              

        033

              

        ヒトデっぽいクレマチス。

        一つ目宇宙人かも。

              

                       035

          

            ベルテッセンが葉から生まれる。

                         

        036

          

      葉が広がって、花が咲く。

      ベルテッセンはみんな恥ずかしがりや。

      だから無理に正面から撮らないで、上から。

      曲線と和の美意識。

               

       037

                

          斑入りの葉がきれいです。

       

                    038

                 

           そして赤い茎。

           センスの良いこと。

          

           緑の香り、時々甘い香り。

           曇り模様。 時々小雨模様。

 

           参加者は25人ほど。

           アロマ男子さん、アドバイザー講座を受講したHさん。

           セミナーなどの機会でお会いできるのは嬉しいですね。

               

          039

          

           自由奔放。

           エゾニュウ。 ホント、にゅ~という感じ。 (*^m^)

                        

             040   

               

         そのお花。

         小さな花が集まっています。

                  

             041

                  

            まわりはハートコレクション。  ヽ(´▽`)/                         

                           

     佐々木先生はじめ、植物好きの皆さんとのお散歩は本当に楽しい。

     雨と緑で心も洗われました。

     集合写真を撮った後、札幌駅にある生活の木・パセオ店さんへ。

                          

                                               

                       Greenarchlogo_big_3           

           「グリーンアーチ」のホームページはこちらへ。            

             人気ブログランキングへ   どうも有難うございます。 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

《shade》

            

       003

                     

              チューリップの留め金。

                  

        005

                     

                お花のピン付き。

                    

    002

                 

                  shadeの服。

                  

        006

                   

       3月、東京・神宮前にオープン。

       ガーデンデザイナーの吉谷桂子さんのショップ。

       店内はもちろんのこと、試着室が素晴らしく感動しました。

       吉谷先生の手作りの椅子が置いてあったり、

       壁や床にペイントされてあったり・・・書き出すと止まらなくなりそう。

       そう、なによりスタッフの方が素晴らしいんです。

       とても気さくにお話出来て妖精みたいな雰囲気の方。

       楽しくお買い物できましたよ。

       全て私にはツボでした。

                

       やはりどんなに素敵な服やお店でも、

       そこにいる人が冷たかったらもう行かないでしょう。

       それは、お店全部に言えることと思います。

       もちろんアロマテラピーサロンにも。

       

       吉谷先生はお店にいらっしゃらなくても、随所に感じるおもてなしの心。

       お買い物をする時間も楽しんで頂きたいと。

                

        008

                 

          服を包んである紙もシールもかわいい。

          色合い、質感、細部にまでこだわってあります。

                  

           011

       

             本当にセンス良いですね。

             紙袋まで撮りたくなるもの。

             後までも楽しい余韻。

                

     012

      

     来月イギリス旅行へ一緒に行くKさんと盛り上がった服選び。

     ガーデンで着る日が楽しみ~。  

          

                     

             Greenarchlogo_big_3           

           「グリーンアーチ」のホームページはこちらへ。            

             人気ブログランキングへ   どうも有難うございます。 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月17日 (月)

ハーバルプラクティショナー養成講座

      

           こんばんは。 1週間ぶりのブログになってしまいました。

     新しい記事をアップしなくてもランキングが下がらないのは、 

     毎日クリックして応援して頂いている方がいらっしゃるからですね。

     いつもありがとうございます。 

     しみじみと感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

       

        015          

                           

     さて、月に1度、土日は《ハーバルプラクティショナー講座》でした。

     生活の木さんの原宿表参道校では、

     6月の始めにリース講座があったので、

     間隔が短く、行ったり来たりになってしまいました。

     うぅ~、交通費が・・・。 それにスケジュールがぎっしり。

     来年は大人しくしますよ~、(・・・と毎年思っている)    

     今年は例年にも増して濃い1年になりそうです。

               

     はい、プラクティショナー講座。

     先月は皆さんもカチカチでしたが、今回は少し柔らかくなりました。

     成分や分類の馴染みのない新しい言葉がたくさん出てきて、

     その洪水の中で溺れそうでしたが、

     3回目の土曜日は「芳香族化合物」、第4回は「テルペノイド・ステロイド」

     知らない場所で、知り合いや親しい友達にばったり会ったような嬉しさです。

     精油の成分名もたくさん出てきましたので、何だかホッとしました。

     

     今回私の一番気を惹いたのは、花の色素アントシアニン類。 

     1~2ページほどの所ですが、

     関心の針がググ~と動いたのを感じました。

     

     一次代謝と二次代謝の関連、二次代謝の生合成経路。

     たくさん出てくるカタカナ、構造式。

     愛する植物のことと思えば、興味が持てる。

     感性だけで見るのではなく、化学成分の角度からの知識を得ることで、

     植物に対しもっと新しい見方や世界が広がるかな、と。

     

     ハーブティーは、シングルでソウパルメット。

     何年か前に飲みましたが、この機会でないともう飲まないであろうハーブ。

     ブレンドは、セージとペパーミント、ジンジャー。

     この日の東京は蒸し暑かったので、

     すっきりして体の中はポカポカというグットブレンド。 気に入りました。

     

            クラスの方から、「アロマセラピストさんという雰囲気ですね」と。

      嬉しかったです。 「北海道の~」と、つけばもっと嬉しかったです。

         

      016             

     

               Greenarchlogo_big_3           

           「グリーンアーチ」のホームページはこちらへ。            

             人気ブログランキングへ   どうも有難うございます。 

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

エゾエンゴサク*2013

      

              021_2  

                    

                           妖精たちの森                 

       

           009

    

                 エゾエンゴサク

                         

     010

    

             キバナノアマナとエゾエンゴサク。

                    

         011_2

                                                   

               枯葉を突き抜けて。

                       

    013_2

        

                小さなイエロースター。

             

                  012_2

     

          円山原生林や夢の場所のエゾエンゴサク。

          5月初旬~中旬に咲いて、今はもう見かけません。

          冬が過ぎたと同時に、毎年この花と迎える春の喜び。

              地面を覆いつくし踊っている妖精のよう。          

              

              020_2

                       

             キクザキイチゲ。

             曇っていたので、五分咲きです。

             こんな姿が可愛らしい。

                  

      001_2 

 

         忘れな草のようですが、やまるり草のようです。

         

          022_2

                   

             透明感のあるブルー。

             パープルへのグラデーションが美しい。

                   

                   023

                  

               ひっそりと。

               きらきらと。

   

               又、来年会いましょう。

                

                                      

         018_2

            

            プロペラ型のタネ。

                       

                    019_2

                          

                        無事、着地。

                               

           

          年を重ねるごとに、視力は落ちていくけれど、

          心の目は良くなっていると感じます。

                                        

      

       

             Greenarchlogo_big_3           

           「グリーンアーチ」のホームページはこちらへ。            

             人気ブログランキングへ   どうも有難うございます。 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑の木陰の物語*11~オダマキ

            お早うございます。

       いつもブログをご覧頂いて、有難うございます。

       今朝も素晴らしいお天気。

       明るい陽射しが目覚まし時計になっています。

       朝起きるのが早くなっていきますね。

                   

        002   

           

       土地の境界杭を確認の為、不動産会社のYさんと、

       建築のことを依頼している方に集まって頂きました。

  

       行くたびに違ったお花が迎えてくれるのが嬉しい。

       これはオダマキですね、素敵!

       元々あった植物は大切にしたいです。

       でもほとんど雑草ですけれど。 (^-^;

       

       Yさんがスコップで少し埋まっていた杭を掘り出し確認し、

       改めて感慨深い気持ちになりました。

                                

    004              

  

        ここがどんな風になるのか、とっても楽しみです。

        何年も自然のままになっていた土地。

        場のエネルギーや自然の声を感じ、少しずつ馴染みながら、

        自然に対し謙虚な気持ちを持って造っていきたいと思っています。

             

                                  

                 Greenarchlogo_big_3           

           「グリーンアーチ」のホームページはこちらへ。            

             人気ブログランキングへ   どうも有難うございます。 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

ケマンソウ*観察日誌

    

  《アロマテラピーインストラクター養成講座》に通って頂いているKさんが、

 「ハートの形のお花を見つけたので・・・」と、ケマンソウの写真を見せてくれました。

 ハートの形から私を思い出すなんて嬉しいな~。

           

    お花が一斉に咲きそろう札幌。 

    その美しい姿の写真をうっとりと撮ってはいるのですが、

    ブログにアップするのが追いつかなくて。

    ベランダのケマンソウ観察日誌? ご覧下さい。

                 

         006_3 

            

       昨年植えたものが、暖かくなると同時に育ってきました。

       冬は全く枯れていたので、とっても嬉しかったです。

       5月下旬、気づいたらケマンソウの花が咲いていました。

                  

        007_2

               

            先端はまだ膨らんでいません。

               

     008_3

     

         ハート、色も形も完璧! 膨らみ方もかわいいですね。

             

       001_3

            

           その後、下からくるんと分かれます。

                 

  002_2

                 

       ハートに膨らむのもいつの間にですが、

       このくりんも見ていない隙に・・・。

       この瞬間を目撃したいな~。

          

       005_2

                 

         下がっているのは、タネでしょうか。

              

      004_4

       

      ケマンソウも鯛釣草(タイツリソウ)も、合わないな~。

      ケマンというのは、仏教寺院の荘厳具、《華鬘》からだそうです。

      あんまりピンとこないですね~。

      英語名は、bleedeng heart  こちらはもっと合わない。

      愛らしいロマンチックな名前はないかしら。      

      ハートナントカ・・・。 という名前にしたい。

      ハートピアス。 ハートアーチ  なんて。  ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

         

              花言葉は、《恋心》

       

    006_4

            

           形を見ているだけで、しあわせ~。

       

      018_3

           

            毎日、飽きずに眺めて

            不思議な形。

                  

            アルカロイドを含み、毒性があるそうです。

            愛らしいお花は自分を守っているのですね。

          

       019_3

            

          先端のほうは、ちっちゃなハート。

          どうやって膨らむ?

          下から妖精が息を吹き込んでいるように想像すると楽しい。

                 

    020_3

                  

                揺れるハート。         

               

        021_4

                    

            一番先端はひょうたんみたい?

               

      011  

         

              植栽にはホワイトハート。

                  

       013

             

              きれいに並んでいます。

              両手を挙げて楽しそう ♪

              踊っているみたい。

                   

                       

    012

                  

                 ベビーハート。

                      

           003

            

           ウエディングドレスの純白感と透明感。 

                            

             008     

    

             
  Dicentra spectabilis

                   ケシ科

         このお花も、夢のガーデンでたくさん育ててみたい。

         

       

               Greenarchlogo_big_3          

           「グリーンアーチ」のホームページはこちらへ。            

             人気ブログランキングへ   どうも有難うございます。 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

ピンクのスズラン*2013

        

     001

            

        スズラン、すずらん、鈴蘭。

        かわいい名前、ピッタリですね。

        ベルランでないところが良い。 ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ 

        鈴。 言葉で表現できない位の、ちいさなかわいい音。

        風で揺れた時に聴こえてきたら、なんて素敵なんでしょう。

            

      005

              

        お花が咲いて数日経ったので分けて頂きました。

        丈が小さいので腰を落とさないとよく見えませんが、

        こうして目の高さに飾ると、又違った魅力を感じます。

        指で揺らしてみたくなりますね。

    

           007

                   

                    クルリンと。

          

        008

 

                 近づくと一層香りに包まれます。

                 清潔で優しい香り。

               

   010

           

    スズランの花言葉は、幸福。 意識しない美しさ。 純潔。 純愛。

    清らかな愛。 繊細。 どれもイメージに合いますね。

     

         フランス語で、Muguet ミュゲ。

    5月1日は幸福をもたらすスズランを贈る日とされています。

    スズランだけのブーケも素敵ですね。

    

    バラ、ジャスミン、スズランは、3大フローラルノート。

    香水でスズランの香りといえば、ディオリシモ。

    ディオールが幸運と成功をもたらすラッキーフラワーとして生涯愛したという。 

    精油では採油率が低く、非常に高価になるので流通されないそうです。

    

    この可愛らしさから毒草というイメージはありませんが、

    きっと毒草でなかったらその愛らしさゆえになくなったのかもしれません。

             

           ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

                          

     6~7月はご予約日が少なくなっていますが、今週のサロンには、

    東京からのご旅行で貴重なお時間をサロンにいらして頂きました

     お客様からのご紹介で、又素敵な輪が広がったことを幸せに思います。

     10回以上も通って頂いているリピーターのお客様。 

    そして、小樽から初めてのアロマテラピートリートメントにいらしたM様。。

     お会い出来て嬉しく思います。 どうも有難うございました。

     スズラン芳香浴。 トリートメントオイルはこれから旬のラベンダー。

     ファーム富田さんのおかむらさき。 酢酸リナリルの含有量が豊富です。

     お客様一人ひとりに合ったブレンドで。 

     北海道アロマテラピーサロン、旬の地産地消のアロマトリートメント。

     季節の香りが、優しく記憶に残って頂けたら幸いです。 

    

         ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

                                             

        2年前に植えたピンクのスズラン、たくさん増えてきました。

        皆さんに株分けして増やしていくのが夢です。

       

              幸福が広がっていくように・・・。

                        

                              

               Greenarchlogo_big_3           

           「グリーンアーチ」のホームページはこちらへ。            

             人気ブログランキングへ   どうも有難うございます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

ラッキーライラック*2013

  

         20135 

          

        今年は、桜もライラックも1週間ほど遅い開花となりました。

        生活の木さんの講座の帰り・・・

        サッポロビール園が隣りなので、ライラックに会いに寄り道しましょう。

        《ライラック》というお店の周りに少し植えてあります。

        ライラックというからには、もっと植えてほしいな~。(←希望)

                  

        Lilacの看板を入れて1枚。

        写真を撮る時には気づかなかったのですが、

        5枚のラッキーライラックが写っているではありませんか。 (゚▽゚*)

        手前のお花の中央辺り、上向きです。

        見つかりましたか?         

        

       20133

                  

           はい、ここにも。

                  

         20134

                 

            アップでどうぞ。  o(*^▽^*)o

                 

          Photo_2

             

          大通公園のライラックもたわわです。

                   

          Photo_3

                

          ん~、良い香り~   うっとり。 (*v.v)。                 

          素晴らしい最高の季節。

          自然の香りを愉しみましょう~。

                         

           12013

  

         ラッキーライラック・・・通常4枚ある花びら。

         5枚以上見つけると、《ラッキーライラック》とよび

         幸運が訪れるといわれています。

              

         毎年、見つけている私。 本当に幸運が続きますよ。

         《ラッキーライラックガール》とよんで下さい。 (≧∇≦)

                       

         皆さまに素晴らしい幸運が訪れますように・・・ 

              *・  ゜゚・*:.。..。.:*・゜(*‘∀‘*)゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

               

                       

                Greenarchlogo_big_3           

           「グリーンアーチ」のホームページはこちらへ。            

             人気ブログランキングへ   どうも有難うございます。 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

「北海道の風~初夏のラベンダーリース講座」

       こんばんは。

       いつもご覧頂いて、有難うございます。

       数日ブログのアップが空いてしまって失礼致しました。

             

       さて、生活の木(原宿表参道校)さんでのリース講座です。

       今回は4名様のお申し込みがあり、群馬からもいらして頂きました。

       本当に嬉しく思います。 どうも有難うございます。

        

        まず、《北海道ガーデンガイド(自称)》 (*^m^) といたしましては、

        北海道のアロマ環境や、植物、ガーデンのご紹介を熱く語り・・・。

        「前から行ってみたい~と思っていたんです。

         絶対、行きたくなりました~」と、皆さんで盛り上がりました。

        持参した富田さんの本やラベンダーの写真、エピソードなどをお話して、

        イメージを膨らませて頂きました。

                 

          002

            

   北海道の爽やかな風にラベンダーがそよいでいるようなイメージ。

   ラベンダー色のオーガンジーリボンをゆるめに巻いて。

   リース台は茶系にするとラベンダーの爽やかさが引き立たないので、

   白いリースを使います。

      

           003

    

    リース台も一つ一つ違うので、その形からもインスパイヤーを得る。

    皆さんの個性を大切にしながらアドバイスをすると、

    もっと閃いたり楽しくなって、笑顔が広がります。

    このリースは中央にラベンダー畑をイメージしました。   

       

            004_2

                

    ラベンダー色のグラデーションがきれい。

    ラベンダーはフランス産とファーム富田さんのおかむらさき、濃紫早咲です。

    お一人の方の写真は撮り損ねたのですが、

    全体的にラベンダーを大きく使って動きのあるリースになりました。

    

    皆さん其々違う雰囲気の素敵なリース。

    初めての方は最初不安な感じでしたが、

    作り出すと楽しそうにラベンダーの世界に入っていました。

    最後にラベンダーの香りを滴下して完成です。 

    ラベンダーの香りと色に癒された優しい時間になりました。

    「楽しかった」 「素敵なリースが出来て嬉しい」と、喜んで頂けて何よりです。

    北海道から行った甲斐がありました。

    自分の好きなこと、出来ることで、お役に立てて良かったと。

                               

          ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

               

        次回は11月に、「北海道~雪のクリスマスリース」と

        「しめ飾り」講座を予定しています。

        是非、いらして下さいね。

        お目にかかれるのを楽しみにしております。

                     

                               

                 Greenarchlogo_big_3           

           「グリーンアーチ」のホームページはこちらへ。            

             人気ブログランキングへ   どうも有難うございます。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »