« SAPPORO→TOKYO | トップページ | ご褒美トリートメント »

2013年1月24日 (木)

心の栄養

       

        リフレッシュ連休・1日目。

        まず実家へ立ち寄ってから、上野へ。

           Photo_5  

                  

    東京科学博物館にて、《植物学者 牧野富太郎の足跡と今》

          

                 Img056

             

    牧野氏の植物画や研究内容について、詳しく知る良い機会となりました。

    それほど広いスペースの展示ではありませんが、

    私にはどれも、とても衝撃的で、刺激的。

             

       「植物が生まれつき好きなんです。

       これは人に勧められて始めたものでない。

       生まれつき好きだったという奇妙なおかしいもんですね。」

 

    牧野氏を身近に感じ、植物を愛する仲間といっては失礼ですが・・・

    そんな風に思っても許してくれそうなお人柄に惹かれました。

    知れば知るほど、素晴らしい。

    植物に没頭し、学者だけど堅苦しくなく、茶目っ気たっぷり・・・。

    植物とコミュニケーション出来ている方は、皆そうなんです。

    人生が愉しく、幸せで満ち溢れている。

    嬉しくて、ドキドキ胸が高鳴りました。 

    牧野氏から素敵なメッセージもたくさん頂いた貴重な出逢い。

    思わず本を3冊購入しました。

    又、後日ご紹介しますね。

       

    興奮冷めやらぬまま、都美術館で、《エル・グレコ展》 ~4月7日まで。

         

          Img057

          

     閉館が迫っていた時間なので、人もまばらだったのがラッキー。

     静かに絵画と対峙出来たのが何よりでした。

     スペインの三大画家、ベラスケス、ゴヤ、エル・グレコ。

     エル・グレコというと、独特の宗教画が印象的です。

     

     絵の好みは分かれるでしょうけれど、

     荘厳な宗教画の前に行くと、心静かに浄化される感じを受けました。

     白い鳩や天使たち、大天使ガブリエル。

     

     その中でも高さ3mを越える迫力の祭壇画が一番の注目です。

     最後に展示してある「無限罪のお宿り」

     

     見えるものと見えないもの。

     見える世界と見えない世界。

     大きなテーマですがエル・グレコを通して、絵の中で融合している。

     

     教会で祈りを捧げたような神秘的な時間。

     幸福感と謙虚な想いを抱いて。

                            

                               

               Greenarchlogo_big_3           

         「グリーンアーチ」のホームページはこちらへ。            

           人気ブログランキングへ   どうも有難うございます

|

« SAPPORO→TOKYO | トップページ | ご褒美トリートメント »

展覧会の絵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心の栄養:

« SAPPORO→TOKYO | トップページ | ご褒美トリートメント »