« 偶然の出会いのメッセージ | トップページ | 今を、大切に生きる »

2011年3月13日 (日)

3月11日

   

     3月11日、金曜日。

    14:46・・・

    実家の2階でお茶を飲んでいるときに、グラグラッときました。

    東京は地震が多いので、特に気に留める事もなくそのうち治まると。

    でも、その横揺れは、大きくなっていったのです。

              

    両親と、ただ事ではないという風に、顔を見合わせました。

    立ち上がり、テーブルの下の入ろう・・・と迷っていても、

    まさか、あんなにも大きな揺れがこようとは・・・思わなかった。

                         

    母は脚が丈夫ではないので、早めに行動しなければなりません。

    家がゆっさゆっさと、下からの大きな力で揺さぶられ、

    階段を降りるときは、ミシミシと大きく揺れて、思うように脚が出ない。

    立っていられない。

    母は脚がすくんで、それ以上歩けない。

    「おんぶするから、つかまって」と叫びました。

    力を増幅していく揺れに、恐怖を感じる。

    初めて、本当の恐ろしさを体感したのです。

    

    治まるかと思えば、又すぐ揺れる。

    5分から10分おきにその波が襲って来ました。

    飾ってあったフリージアの花が揺れ始めると、腰を浮かすような状態。

    

    テレビをつけると、東北の惨状が映し出されていました。

    東京の5でも、身の危険を感じた位の揺れですから、

    震源地の6や7というのは、相当な恐怖だったと思います。

    

    交通機関がストップしたので、そのまま泊まる事に。

    夜中も、余震が続き何回も跳ね起きる状態でした。

    

    歩いて帰る人たちの列や、車の渋滞は放映通りの異様な光景。

    娘や息子にメールをしても繋がらないので、心配が募る。

    度重なる余震に冷静さを失う。

                     

    東京に行っていることで、皆様にご心配をおかけしました。

    温かいメールも頂き、どうも有難うございました。

    私も家族も無事で、次の日札幌に帰ることが出来ました。

    生きている・・・ 感謝すべきことです。

                 

    地震は、何もかもを一瞬で奪い取ってしまいました。

    マグニチュード9だったそうです。

    かつてない巨大地震。 そして大津波。

    予期することも出来ず、

    なすすべもなく・・・。

    

    変わり果てた町。

    呆然と立ち尽くす人。

    悪夢であってほしい・・・テレビで見る惨状は、信じられない映像です。

    

           

    一人でも多くの方が、救助されますように・・・。

    これ以上、被害が広がりませんように・・・。

    避難されている多くの方のご健康と、希望を・・・

                      

               こころより、

                   お祈り申し上げます。

    

             

         被災地で不安な時間を過ごしている方に、

         何かの形で支えましょう。

         温かい祈りも、きっと届くことと思います。

                         

    

|

« 偶然の出会いのメッセージ | トップページ | 今を、大切に生きる »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

先生
こんばんは
お久し振りです。
ご無事でよかったです。
とても安心しました
毎日…とても心が痛みます…

投稿: nayobika | 2011年3月13日 (日) 19:14

nayobikaさん 

 こんばんは。
 ご心配をおかけしました。
  
 まだ、身体が余震酔いで、揺れている感じがあるのですが、大丈夫なので、ご安心くださいね 

 東京も交通機関が混乱していましたが、被災地の惨状から見れば何ともないことです。
 羽田空港で、修学旅行生が欠航で、座り込んでいました。
 東北から来て、帰るときなのでしょう。
 本当に・・・言葉にならないです   

投稿: グリーンアーチ | 2011年3月13日 (日) 21:10

東京にいらしたのですね。
ご両親さまもご無事で本当に良かったです。
こちらもみな大丈夫ですのでご安心ください。
被災地の方が一人でも多く救出されますように。
原発がこれ以上被害をださないように。
こころから祈るばかりです。

投稿: 苑香 | 2011年3月13日 (日) 21:48

苑香さん 

 苑香さんのご両親さまもご無事だったのですね。
 安心しました。本当に良かったです。

 地震のショックは心の平静さを奪いますね。

 くれぐれも余震に気をつけてくださいね。

 被災地の惨状に、心が痛むばかりです。

 

投稿: グリーンアーチ | 2011年3月13日 (日) 23:31

先生、ご無事でなによりでした

北海道電力からも、送電が決まったそうです。
送電能力の限界から、あまり大きな電力ではないそうですが…

節電や寄付、買いだめはしないなど、微々たる力ですが、
自分にでもできることをしたいと思います

投稿: ゆきだるま | 2011年3月14日 (月) 22:44

ゆきだるまさん 

 ご心配をおかけしました。

 日に日に大きくなっていく惨状に、涙が流れます。
 悲しみの中にも、お互いを心配したり思いやる気持ちに、改めて人の心の美しさを感じました

 暗闇に唯一光を感じることは、何か力になりたいと、皆が心を合わせて行動を始めていることですね。

投稿: グリーンアーチ | 2011年3月14日 (月) 23:33

携帯電話&メールが2日間不通になり
ハーバル会の皆さんのメールが後から
届きました。
グリーンアーチさんも、無事札幌に戻られたと
安心しました。

今回の災害は日本全体で頑張っていかないと。
自分たちでできること、やっていきましょう!

投稿: ももたハハ | 2011年3月15日 (火) 11:20

 ももたハハさん 

 ご心配をおかけ致しました。

 大地震のあとも、次々に問題が出てきますね。

 でも、暗い顔をしていたら、日本全体が沈んでしまいます。
 私たちは元気に明るく過ごしましょう  
 被災者の方たちが希望を感じますように・・・。

 

投稿: グリーンアーチ | 2011年3月15日 (火) 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月11日:

« 偶然の出会いのメッセージ | トップページ | 今を、大切に生きる »