« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

出会った花

  

  025_2

     チリアヤメ

     明治神宮御苑の芝生に、プロペラのような3枚の花びら。

     薄紫の10cmほどの花。

     とってもかわいらしい。

     初めて出会ったので、受付の方に聞いてみました。

     「本当の名前は知らないけれど、チリアヤメとよんでいますよ」

                              

     調べたら、やはりチリアヤメ。

     アヤメ科で、別名ハーベルティアアロフィア。  (舌、かみそう・・・\(;゚∇゚)/)

     チリアヤメのほうが似合っていますね。

                         

                         5月最終日。

           来月も色々な花や香りに出会えますように。

           そして、人との素敵な出会いもありますように。

           

                                                                                        

                                    

                           人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

甘夏の花

   

    003

     

     実家に行く途中の街路樹。

     どこからともなく軽やかな良い香りが漂う・・・。

     写真で見るネロリの花と同じです。

     ミカン科の植物は、みな同じような花なのでしょう。

     こんな木がたくさんあったら、本当に明るい気分になれますね。

             

  004_2

     精油と同じ仲間の香りを見つけると嬉しい気分。

     実際の植物に触れたことで、もっと親しみが湧いてきますね。

       

           学名:Citrus natsudaidai
               

     甘夏のエッセンシャルオイルもあるそうです。

                  

                         

                  5月で84歳になった父も迎えに来てくれました。

          来月は両親と伊豆旅行を計画している。

          「楽しみにしているよ」

          甘夏の花が咲く路。 

          香りも会話も明るい。

                                                                                                                       

                         人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

「E*garden」さんの花

 

   昨年は、マンションの外壁工事で幕に覆われ、

   人も植物もストレスを受けました。

   太陽が直接届かないので、枯れたり成長が悪かったのです。

   さて、今年こそはと気合入っています。 

   ベランダのお掃除して、鉢の整理をして・・・。

            

   クローバーやカラミントがいつの間にか伸びていました。

   ローズマリーも外へ出しましょう。

   部屋で育てているジャスミンは、花芽が育ちませんでしたが、

   ツルはアーチを伝っています。

   来年は咲くと良いな~。

          

   さて、札幌市・前田にあるE*gardenさんに行ってきました。

   こちらは、講座を受講中のSさんからのご紹介です。

   住宅地の中にある、とっても素敵なガーデンとショップでした。

   色合いや種類が好み~。ヽ(´▽`)/

   写真を撮りたかったのですが、個人のお庭なので遠慮しました。

   ホームページで、是非ご覧下さいね。

                    

   レンガの曲がりくねった小径。 色々なグリーンやセンスの良い花。

   こんなお庭を歩けるなんて、うれしくてうれしくて・・・。

         

       ほしかったクレマチスのモンタナ・エリザベス。

       小ぶりのピンクの花です。

       濃い紫のロべりア。 小さな白い花のクルマバソウ。

       ブリキの鉢カバーが、今日のお買い物。

                 

   お客さん同士もウキウキ楽しそうに話せる雰囲気。

   オーナーのえり子さんの説明もとても親切。

   本当に植物を愛してやまない、にこやかな笑顔の方。

   だから、ガーデンもショップの花も生き生きとしています

   ご自宅をオープンガーデンにして、ショップを併設という形は珍しいですね。

   札幌で、こういう所があるなんて・・・

   皆に教えたくなる、お気に入りのショップです。

                            

                                       

                              人気ブログランキングへ

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

「セラピストの集い」

  先日、グリーンフラスコさん主催のセミナーがありました。

  1部には80名位集まったそうなので、ハーブに関心のあることが分かりますね。

  2部の対象は、植物療法をはじめとする代替療法家やセラピスト、

  またはそれらを目指し勉強中の方、ということで40名位集まりました。 

  林先生が札幌でお話される機会は滅多にないので、とても楽しみでした。

    

  統合医療についてのお話や今後ののセラピストの活躍の場について。

  現代は高齢者社会になって、1年間で1兆円ずつ医療費が増加している。

  これから予防医学が大切になってきている。

  医療従事者だけでなくセラピストが社会に必要で、一緒に支え合う時代になる。

  ここ数年で医療が変わっていくであろう・・・というお話がありました。

   005

                                   ベランダのビオラ

     次に、二人のセラピストの方が活動報告を発表。

     Tさんは、70%がガン患者という病院で

     3年間アロマテラピーを行っていたセラピスト。

     乳ガンで乳房を切除された方、認知症で1日中叫び続けている人。

     無数の傷が身体にある患者さん。

     身体だけでなく、心も弱っている人たち・・・。

     手浴やアロマトリートメントが、特別に心地良く感じてくれたそうです。

     体の緊張がほぐれて、ほっぺがピンク色になって表情が和らいだり、

     乾燥していた手がしっとりすべすべになり、

     終了後もずっと自分の手を撫でていた患者さん。

     無表情で無関心だった方も柑橘系の香りで癒やされて、

     「ありがとう」と小さな声で呟いた。

     そして、笑顔が増えて明るくなった。

         

     たくさんのエピソードを伺い、Tさんのアロマセラピストとしての姿勢や

     香りの素晴らしさ、タッチの重要性などが心に沁み広がりました。

 

     “植物の力が、患者さんの心を起こすきっかけとなりました。

     近代西洋医学と代替療法がお互い調和していくと良い。

     ホスピスになる前に、友人、家族にホームケアを惜しみなく紹介していき、

     出し惜しみせず日々実践することが大事です” と締めくくりました。

                         

           004

            

      お二人目は、円山に「チェストツリー」というハーブ、アロマ、

      フラワーエッセンスのお店をオープンしたNさんのお話。

      ハーバルセラピスト講座を終了して、お店をオープンまでの経緯、

      そして現在の心境など、とても楽しいお話でした。

      近くなので、是非行ってみたいと思います。

                 

      001_2

    

     交流会で自己紹介。

     みなさん色々なことに興味を持ち、活躍されています。

     私は「北海道アロマセラピストの会」のことを話しました。

     林先生から「とっても良いことだよ。 北海道から発信して、

     東京に刺激を与えるといいね。」と、温かいエールを頂き嬉しくなりました。

     ホームページを作成するなどアドバイスを頂いたので、

     実現していきたいと思います。

                         

                            人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

ターコイズブルーのアクセサリー

   

    下北沢の娘の部屋に入ったら、

    テーブルにカードと包みが・・・。

    パレットさんのスコーンと、「ありがとう」と書いてあるクッキー。

    そして、ペッシュさんのアクセサリー。

    ターコイズブルーの貝ネックレス。

    こんなに鮮やかな色は付けたことがないけれど・・・。

    きっと自分では冒険しない色・・・。

    だけど目の前にあるこの形と色、質感は、すんなりと気に入りました。

    娘が私に選んでくれたというのが、何より嬉しいこと。

          

    早速、白いTシャツにつけると、明るい気分。

    夏に向かって映える色。

    母の日から1週間遅れのサプライズプレゼントでした。

           

    こんな風に自分の枠から抜け出すこともおススメです。

    ジーンズも7分くらいのにし たら、動きも軽やかに。

    ブラウスもふんわりした森ガール風なナチュラルテイストに。気分もやわらぐ。

    (森ガールじゃなく、森おばさん? ヾ(´ε`*)ゝ  森マダムか・・・)

    少し自分のトラディショナルを崩すと、

    新しい面が発見出来て、新鮮です。

    年を重ねると、身に纏うのも保守的になっていきますが、

    冒険するって、素敵。

    新しい世界を広げるって、楽しい。 o(*^▽^*)o 

        

            

    下北沢で好きなお店。

    *ペッシュさん・・・アクセサリーや雑貨。帽子、バックなどの小物。

      オーナーがセレクトしたセンスの良い品が豊富。

    *パレットさん・・・美味しい紅茶と手作りのケーキ。

      ここでおしゃべりすると、夢が広がる居心地の良い不思議な空間。

          

 

                        人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

東京大神宮~カナルカフェ

   

           004

        最終日は、東京大神宮~日本橋・三越「池坊展」へ。

        前日の出張トリートメントで、お客様に招待券を頂きました。

        「小石川植物園」に行く予定でしたが、暑くなったので、予定変更。

                 

           003       

      飯田橋駅から、若い女性が同じ方向を目指しています。

      えっ、みんな東京大神宮・・・ w(゚o゚)w

      50代の私たちは、娘の縁結び祈願に来た雰囲気で紛れています。 

      若い女性が並んでいます。 華やかですな~。 (*^-^)

      こんなに真剣にお願いするなんて。

      この現象、すごいですね。

      パワースポットがこんなに人気とは・・・。 (自分もしっかり乗っていますが)

      私たちは若い女性のパワーをしっかり頂いています。 (*^.^*)

      

         002

                  

        少し目立たない所に、大きな木に囲まれた休む場所がありました。

        その隅の空間からパワーが感じられます。

        手を広げるとぐんぐん入ってくる感じ。

        とても良いエネルギーの風が抜けていきます。

        吸い寄せられるような、離れがたい場所。

                  これからも素敵なご縁がありますように・・・。

                     

        

   020

     さてランチは、中央線で通るたびに車窓から見えて気になっていた

     「カナル・カフェ」です。

     

     お堀に沿ってデッキがあり、とっても開放的。

     緑と水。 時折、電車。

     

              016

     カップルがハワイアン風の衣装でボートに乗って

     パーティ会場に向かっていきます。

     デッキのお客さんも拍手。ヽ(´▽`)/

     健康的なお嫁さんも皆に手を振って、うれしそう・・・。

     017

     東京大神宮では、ちょうど神前結婚式があり白無垢の花嫁さんを見て

     カナルカフェでも幸せな光景に出会えました。

     縁結びオーラかな~。 ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

     

                

    フェンネルフラワー

      022

        土曜の午後だったせいか、すごい人出の花展会場。

        こんなにも花を愛する人が多いのだわ・・・。

        池坊なので、高齢の方が圧倒的。

                

               025

            

                最後に、

                  ここでも燕子花。

 

                                                                        

                             人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

根津美術館の庭園

      

       雨が降ってきました。

          

043

            緑が一層輝いて・・・。

                 

           038

                風情を楽しみます。

                     

      034

                    黄色の燕子花は珍しい。

                         

         042

            

             ここが青山とは思えないほどの静けさ。

                         

  036

    

       「燕子花図屏風」と重ねながら。

                      

               

           035

          

            琳派コレクションを観た後に、

            庭園の散策。

            ししおどしの音が、情緒を誘う。

            

            贅沢な時間。

            物で得るよりも、心で得た豊かさは、

            身に染み入って、いつまでも残る。

                

                                             

                 五月雨や

                   根津に光るる

                         燕子花

                             

                                 

                                                 

                             人気ブログランキングへ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

根津美術館・「燕子花図屏風」尾形光琳

    午前中の明治神宮から、パワーな1日の続きです。

    ランチは、青山の糖朝

    いつも並んでいますが、1時過ぎだったので、すんなり入れました。

        027 

        ランチセット。酢豚、エビチリ、お粥、スープ。胡桃汁粉。

        マンゴ杏仁は、クーポン券のサービス。

         029

         甘いのからいの・・・満腹、満足。

      

      

        根津美術館へ。

    尾形光琳の国宝「燕子花図屏風」は、毎年この時期だけの公開です。

    今回は美術館リニューアルの為、4年ぶりのことでした。

    混雑は覚悟で・・・。

    

        初めて本物に対面した喜び・・・。

        わ~、素晴らしい。

        小さな印刷の絵と迫力が違う。

        

        金屏風に燕子花がリズミカルに並んでいる。

        花のふっくらとした形。

        葉の勢い。

        群青と緑青の、鮮やかさ。

        長さ7、8m位の屏風に、燕子花だけで圧倒する斬新さ。

        構図や配置、描き方によって品位が問われる作品になったでしょう。

       

        リズムに則し、軽やかさを感じる右の屏風。

        左は、自然に咲き乱れた花のエネルギーを放っている。

        密集して描かれている所と、

        大きな余白の対比が強い印象を与える。

      

        いつまで観ても見飽きない・・・。

        きっと一人きりで向かい合ったら、

        立っていられないような静かで迫力のある絵。

                       

        一回りして、又絵の前に佇み、お別れの余韻を楽しむ。

        閉館間近で、人もまばらになった空間の中、

        季節の花を楽しんだ日本人の心の豊かさを思う

    

       

    アヤメ科。

      湿地にあるのが 燕子花。アヤメは陸地を好む。

      花菖蒲は、葉の中央に筋があり、アヤメは花に網目模様がある。

      杜若とも表し、燕子花という字は、燕の羽の色に似ていることから。

     

    『伊勢物語』 第9段。  三河の国・八橋の杜若の情景から、

    在原業平が郷愁の歌を詠んだ句から、描かれた。

                 

    「らごろも つつになれにし ましあれば 

                るばるきぬる びをしぞおもふ」

                     

037

                         根津美術館庭園の燕子花

                             

                                      

                         人気ブログランキングへ

                                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

明治神宮~清正井(きよまさの井戸)

    004_3        

     明治神宮です。

     同じ「原宿駅」で降りても、右へ行くか左へ行くかで全然違う雰囲気。

     緑が生い茂る厳かな場所。

           008

      お正月以外で、明治神宮に来たのは何年ぶりでしょう・・・。  

      まず、参拝してから   

           009 

          

          御苑へ。

          ここは初めて入りました。    

           020 

          思ったより広いですよ。

          うねうねとした小径を歩いていきます。

          両側の柵も竹で出来ているのが良いですね。

        

          011 

           菖蒲田。

           あと1,2週間後でしょうか。

           きっときれいでしょうね。

               

           014 

           御苑の奥のおく。

           警備の方に整理券を渡します。

           やっと見えました。

           1m弱のまわるいところ。

     

    清正井(きよまさの井戸)

        1年中絶えることなく清水が湧き出ているそうです。

        

        神聖で清らかなエネルギー漂う。

016 

       デジカメと携帯で撮らなきゃ・・・。

       慌てぶりが出ています。 (*^.^*)

        

       後ろにたくさん並んでいるので、1分もいられない。

       警備の人もいて、促されます。

       緑に囲まれたひっそりとした場所。

       今はこんなに有名になってしまったけれど、

       とくとくと清らかな水を眺めていたいような、心休まる場所でした。

   022 

           杜若。

           午後は、この絵を観に行きました。

    

                                       

         026 

       パワーアップしたところで、クールダウン。

       お豆腐のソフトクリーム。

       確かにお豆腐の香りと味がします。 

       さっぱりしていて美味しかった。

                             明治神宮の鳥居の横にあるショップです。

                      

       パワーな1日はつづく・・・。

                                 

                           人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

CAFE ねんりん家にて

4泊5日のパワーチャージの旅もあと数時間。
羽田空港内の【ねんりん家】

バームクーヘンと抹茶ラテで、振り返っています。

今日は、東京大神宮へ行ってきました。
パワースポットに詳しいEさんのオススメの場所。
ここは、特に縁結びに良いそうで若い女性が続々と参拝していました。

私は、人との素敵なご縁が繋がるように…という広義の解釈で。
赤福とお茶のサービスもあり、ホッと一息。
素敵な彼に巡り合ったり、今付き合っている人とゴールインできると良いですね、微笑ましく眺めながら。

日本橋三越の池坊展で生花を楽しみ、最後に裏手にある日本銀行へ。
一緒に行ったお友達が、ここもパワーがあるわよ、と案内してくれました。
でも何も感じなかった…やっぱりマネーに縁がないようで…。(笑)

    
少々人疲れ。
北海道の広がる空間に身をおきたい。

なぜか、パワーというキーワードが集まった今回の旅。

チャージしたパワーを、全部札幌で使いたい。

では、帰ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

パワーな1日☆清正井

            パワーな1<br />
 日

皆さん、こんにちは。
携帯からのブログ投稿です。
明治神宮の【清正井】へ行ってきました。
ここは、パワースポットとして有名になり、今や土日は4、5時間待ちということもあるそうです。

そんなに並ぶ忍耐がないので、期待しないで行ったのですが、わりとすんなりでした。(平日の午前中がオススメです)

まず、入口で整理券を頂いてから、参拝。
そして庭園内へ戻ります。菖蒲田に沿って、一番奥に【清正井】があります。

3,40人並んでいたでしょうか。30分ほどでしたから、早い方でしょう。
こういうのは、少し並んだほうが有り難く感じるものです。

こんこんと澄んだ水が流れていて、周囲からも良いエネルギーを感じます。

順番がまわってきました。携帯とデジカメで写真。
そして、両手を浸します。ハンドパワーアップ!!!\(^O^)/

柔らかい水質でした。
早速、携帯の待ち受け画面にしましたよ。
皆さんも良かったら、パワーアップに写真をお使いくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

パワーチャージ

  

   2回目のインストラクター講座。

   ほとんどの人が又、きちんと着席して待っていらした。

   やる気がみなぎっています。 (*^.^*)

   揃った所で、開始です。

   といっても、すぐにレクチャーをするわけでなく、

   この1週間で感じた話や楽しい話題から・・・。

   桜と梅のアロマ環境について。

   2つ同時に香りを楽しめるなんて、素晴らしい事ですから。

   そんな幸せオーラが漂ってから、本題に入ります。

   緊張が解けて柔らかい空気になると、

   受け入れる海馬の入口も広くなるような気がして。 

               

     003

   Nさんは、教室の隣りにあるサッポロビール園を一周したら、

   花や樹木がたくさんあって楽しめた、と感じたそうです。

   アロマテラピーを学ばれて、改めて植物にも関心が出てきたのですね。

  

   各論のラベンダーで、クラフトの話題になった時

   ラベンダーバンドルズのいくつかを花束風にまとめ、

   リボンをかけたものを作ったことがあるという方がいらっしゃいました。

   このアイディアも素敵ですね。

   お子さん(男の子)の自由研究で一緒に作ったという話に笑い合いました。

   でもお庭のラベンダーを刈って作ったところが、北海道らしい話です。

                 

   2回目になると、皆さんの持っているアロマテラピー話に花が咲きます。

   「アロマテラピーの話を周りの方に伝えるのが、とっても楽しいの」と、

   目を輝かせて。 

   同じ気持ちを分かち合い、刺激し合い、励ましあう。

   この出会いを大切に、同じ頂上を目指しましょう。

                         

                       

            001

        今日から東京です。

        明治神宮、光琳の燕子花図屏風東京大神宮。

        「清正の井」も並んでいなかったら・・・。

        パワースポットに呼ばれているようです。 ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

        パワーのシナジー効果で、

        皆さんがアップするように・・・。

              行ってきま~す。

                        

             002

                           

                             人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

フィトナチューラ.さんのこと

  先月オープンした「フィトナチューラ.」さんへ行ってきました。

  自衛隊前駅から歩いて、1,2分。

  東光ストアの並びにあります。

  ショップの前には、ハーブの苗が並んでいて外観も良い感じ~。(゚▽゚*)

  お揃いの素敵なエプロン姿で、迎えてくれました。

           

  商品もきれいに並び、見やすい。

  どこを見渡しても、素敵な空間です。shine

  店長のYさんはじめスタッフが、

  お店に愛情を持って楽しく仕事をしているのが伝わってきます。note

         

  ハーブティと酸素バーのセットをお願いしました。

  酸素バーは、初めてなので何だか緊張します。(初に、めっぽう弱い私・・・)

  イヤホンみたいに首にかけて、先端からシューシューと出ています。

  ラクにして身体を動かしても良いのですと言われる位、固まりました。

  途中、ハーブティを飲んだり、お話しても良いのですね。

  1対1で向き合うものと勘違いしていました。゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

  シューシューとローズの香りを感じると共に、リラックス。

  今度は、ハンドトリートメントセットにしよう・・・。

                  

  お客様に親切に説明している姿や電話応対にテキパキ動いている姿を、

  嬉しく見ていました。

  好きなことを仕事に出来て良かったですね。

  勉強したことが役立って、お客さまに喜んで頂ける・・・。

  二人の笑顔に見送られながら、ほのぼのと心がゆるみました。

 

                                                                     

                                

                           人気ブログランキングへ

          

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

セミナーのご案内

   アロマテラピーとハーブに関する2つのセミナーが札幌で行われます。

             

 1.ハーブ・アロマ植物療法入門セミナー

   「緑の薬箱」わが家でできるハーブ健康法

   ・日時・・・5月23日(日)13:00~15:00 

   ・場所・・・北農健保会館 (札幌市中央区北4条西7丁目 札幌駅より徒歩5分)

   ・講師・・・グリーンフラスコ代表 林 真一郎 氏

   ・参加費・・・¥1,500(税込・教材費込)

   ・定員・・・40名 (予約制

              

 2.「セラピストの集い」 植物療法・代替療法・それらを勉強中の方

   ・日時・・・5月23日(日)15:30~17:30 

   ・場所・・・北農健保会館 (札幌市中央区北4条西7丁目 札幌駅より徒歩5分)

   ・参加費・・・¥2,000(税込)

   ・定員・・・40名 (予約制)

   ・特別セミナー「植物療法のこれからとセラピストの役割 林 真一郎 氏

   ハーバルセラピストの活動紹介

    交流会

      上記についてのお問い合わせ・お申し込みは、

   グリーンフラスコ研究所 TEL 03‐5731‐1349 迄、お願い致します。

                           

 3.佐々木薫のハーブ紀行・死海編

  「イスラエル・ビューティー」

   ・日時・・・5月29日(土)13:00~15:00 

   ・場所・・・かでる2・7 (札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル)

   ・参加費・・・¥4,200(受講料¥3,150 材料費¥1,050)

   

   3.についてのお問い合わせ・お申し込みは、生活の木 札幌校(アリオ札幌店)

    TEL&FAX 011‐743‐9304迄、お願い致します。

    メディカルハーブとアロマテラピー、2週続けてのセミナーです。

    札幌では、このような機会はあまりないので、是非参加しましょう。

    会場でお会い出来ることを、楽しみにしております。

    

     

                                   

                         人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

「石渡紅茶」さんのハーブティ

     一人でも気楽に立ち寄れる場所。

   色々なことが立て込んで、心臓の鼓動が早まっている・・・

   呼吸を整えたい・・・そんなときも、この場所へ来ます。 ≪石渡紅茶≫

   自分を取り戻せる、自然体になれる所のひとつ。

          

   店長のSさんは、ハーバルセラピスト講座にいらしたご縁があります。

   私服は森ガールのナチュラル系で、皆さんから愛される雰囲気。

   ニコニコした笑顔を見ているだけで癒やされる~。

 

   月ごと変わるオリジナルハーブティがお薦め。

     ≪プランタン(春)≫  ローズレッド、レモンマートル

     ~春が来た、うれしい気持ちをハーブティで表現してみました。~

     それに桜ジャム付きのスコーン。 季節を感じるハーブティ。             

       001 

   

       今回は、≪ターシャのピースガーデン≫

       ラベンダー、パセリ、レモングラス

       ターシャが他界して2年。

       あの素敵なガーデンを思い浮かべながら・・・。

                       

         プレゼント用のハーブティセットや蜂蜜なども置いてあります。

         手書きのシールが温かい。

         1階のプティ・ショコラさんのケーキも頂けます。

  

                                                                  

                          人気ブログランキングへ

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

一人でも多くのお客様と出会うために

   「北海道アロマセラピストの会」~5月の勉強会

   一人でも多くのお客様と出会うために=ご縁を大切にした顧客管理=

   今回は講師の方を招いてお話して頂きました。

   60秒の自己紹介から・・・

      ・5年後、どんな自分になっていたいですか?

      ・そのために今頑張りたいと思っていることはなんですか?

   「人脈は人生の宝物」というテーマで、具体的な経験談を織り交ぜながら楽しい、

   とても有意義なお話を伺いました。

   

   元教員をされていたUさんは、人に頭を下げたことがないまま、

   あるきっかけから営業の道に入ります。

   そこで、初めてお客様に頭を下げる仕事をして、たくさんの経験をします。

   人から人へ紹介されて、どんどんお客さまが増えていく。

   その極意を披露してくださいました。

   感謝・・・。

   その原点にある心を、形や表現という多角度からもっと掘り下げていくのです。

   

   Uさんのお子さんは、不登校になったけれど素晴らしい先生との出会いで

   今は獣医になる為の大学に通っているとのこと。

   そして、Uさんは知的障害者の為の仕事をしていて、とても楽しそうです。

   色々辛いこともあったそうですが、自分の経験が役に立つならと、

   明るいエネルギーを放ちながら、多くのことを惜しみなく話して下さいました。

                 

   一人でも多くのお客様と出会うために、

   もう一度ご縁の大切さを、振り返ってみたいと思いました。

                                 

                                       

                             人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

片岡 球子展

  

      “北海道の大地のような、でっかい、

       人が私の絵を見たら息が詰まるというような、

       そういう迫力の絵を描きたい”

              

       【片岡 球子】という名前も、絵も、インパクトが強い。

       初めて見たとき、鮮烈な色彩と迫ってくる迫力に圧倒された。

       

   札幌生まれ。 難関の高校(現・北高)に入学。 

   高校時代の夢は医者だったが、スズランの写生が代表作に選ばれたり、

   親友の一言で、何かにとりつかれたような心の動きで画家になろうと決心。

   女子美に進学。

   卒業と同時に結婚か画家の道かの選択を迫られ、後者を選ぶ。

   「家庭で夫を助け子を育てるのも、画家となって一生をそれに捧げるのも

   女の立派な生き方でしょう」と、球子が選んだ道を応援してくれた母。

   それに応えるためにも入選を果たしたい球子だったが、

   25歳で初入選した後、

   「落選の神様」とまで呼ばれるくらい、賞には縁のない画家であった。

          

   強すぎる個性の絵に対し、ゲテモノとまで悪評された時期もあったが、

   「片岡球子の絵は、片岡球子の絵でなければならない」

   「自分のやりたい方法で、自分の考える通りに、どこまでも描いていきなさい」

   師匠に励まされ、わずかな希望と自信が湧き上がった。

   自分で、自分の道を切り開くしかない・・・。

   60代、70,80代・・・年齢を重ねるごとに生き生きとした絵を発表している。

   《面構》 《富士》のシリーズを描いていたが、

   78歳にして、又新しい挑戦を始める。

   苦手意識のあった裸婦 《ポーズ 1》に挑む。

   毎年この裸婦シリーズは院展に出品。 ~《ポーズ 23》

   2008年 逝去。 享年103歳。

  

      画家の経歴を見るとき、

      何人もの人とのつながりによって、道が開けていったことを思う。

      その出会いを活かすには、感受性も必要。

      心動かす言葉を、大切に温めて。

      心痛むことも、いつかプラスのエネルギーに変える。

  

 

  “富士の絵を指で描いていると、本当に山肌をなぞっている感覚になる”

   

  “こんなに素敵な所に生まれたのだから、

   この環境の素晴らしさを、私の絵を通して必ず描き残しておきたいと思うのが、

   わたくしのやむにやまれぬ気持ちです”

             

  “人のかなしみ 苦しみのときに

   その人の心に 何かを点じられるような

   そういう絵が1枚でも描けたら、と私はそれを願いながら

   これからの毎日を生き生きと勉強を続けていきたい”

           

  ・・・自分の仕事と重ね合わせながら心に響いた言葉。

  観るものの心を、ぐいぐいと揺さぶるエネルギーが飛び散っている。

  片岡 球子がそこに存在する。

  痛快なユニークさ。 日本的な繊細さよりも大陸の大胆と素直さ。

  技巧に媚びることなく、どこか不器用で実直だから親しみが湧いてくる。

  この画家の表現する「自由な奔放」や「鮮烈な色彩」は、

  北海道特有の季節感や自然感から生み出されたものでしょう。   

                        

  001

    「片岡 球子展」   札幌芸術の森美術館 4月24日~5月30日

                                             

        “形式や規則にしばられずに自由に伸び伸びと描く事です。

         そして立派な先生と力強い友達を持つ事は、

         絵を学ぶ上に特に大切な事だと思っています”

                                

                        引用:「片岡球子 個性(こころ)の旅路

                 

   女流画家の一生は、私たちに色々なヒントを与えてくれます。        

                                

          

                            

                           人気ブログランキングへ  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

マトリカリアを描く

   

   001

   新しい道具。

   固形水彩はチョコみたいにカラフル

   筆は、とっても細いものを使います。

   まず、形は整いました。 (*^.^*)

   葉を描くのも面白いのですが、花は、もっと気持ちが優しくなれます。

                     

   マトリカリア(シングルベクモ)を描いてみました。

   単純な形の花。

   色も白、黄色、グリーン。

   でも向き合ってみると、様々な楽しさがある。

   花びらがハート型に見えたり、黄色い蘂もほこほことかわいい。

   茎の可憐なしなやかさ・・・そんな感じを表現できたら良いな~。

                

          002

  

   マトリカリアは園芸上の名前で、和名は夏白菊。   

   カモミールの属名と同じ名前ですが、葉や蘂が違います。

   ハーブのフィーバーフューのこと。

               

      古代ギリシア時代から偏頭痛などの痛みに用いられてきました。

      「奇跡のアスピリン」とも呼ばれています。

                            「メディカルハーブの辞典」より

   

    

                            人気ブログランキングへ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

右に桜。左に梅。

  004

        北海道神宮の桜。

        やっと満開になりました。

        参道を歩く人は皆、桜を仰いで写真を撮っている。

                   

     002

        きれいなものに人は引き寄せられる。

        花が咲いたエネルギーに吸い寄せられる。

                  

      019 

             参道の横にある梅園。

             右に桜。 左に梅。

             

  016 

     「長生きに乾杯」と、グループで来ているご婦人の声が高らかに。

      桜を見て、巡ってきた1年の愛おしさを思うのでしょう。    

      今年も健康で、皆と賑やかにお花見が出来た幸せ。

                          

      桜の下は、にこやかな笑顔で溢れている。

                 

       009 

               桜の香りと梅の香り・・・。

               平和な時を感じながら、佇む。

                              

       010

                 

           言葉は要らない。

           ただ、優しい時間が流れていく。

                         

     011 

         ピンクという色は、癒やしと幸福感を感じますね。

     

          

         018_2 

              

               父の誕生日。

               84歳おめでとう。

               「長生きに乾杯!」

         

                                       

                            人気ブログランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

新しい出会い

  今日から新しい講座が始まりました。

  「アロマテラピーインストラクター養成集中講座」で、10回あります。

  初回なのでいつもより早めに行くと、もう教室に何人かいらっしゃいました。

  15分前には皆さん着席されて、勉強モードになっています。 

  その勢いに押され気味・・・。(^-^;

   

  でも、自己紹介で色々なお話や夢を伺っていると、

  何年か前の自分がいるようで。

  夢はあるけれど、本当に叶うのか不安・・・。

  不安の方が大きいうちは、達成もまだ先なのかな。

  叶うときは、不安や心配は小さくなって隅に隠れてしまう。

  きっとその想い叶う・・・と願いながら。

          

  まだ小さいお子さんがいて、ぎりぎりお迎えの時間に間に合わせる方。

  アロマセラピストを目指している方、お仕事に活かしたい方・・・。

  本当に皆さん真剣なまなざし。

  今の気持ちを持ち続けていれば、夢が近づいてくるでしょう。

               

    004_3 

                                 サンダーソニア

         皆さんにとって新しい出会いが、

         良い刺激になり、素敵な世界が広がりますように。

                  

         又、インストの楽しい山登りが始まりました。(o^-^o)

  

                                     

                              人気ブログランキングへ

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

ハーブの香りが楽しめるフラワーレッスン

   母の日のフラワーレッスンがありました。

   優しい色合いで、というご希望でしたので、

   淡いラナンキュラス、スプレーバラ、スプレーカーネーション、セダムなど。

   アクセントに濃いピンクのラナン、淡い紫のシラーを選びました。

   そしてミントとローズゼラニウム。

   ハーブ入りのアレンジメントです。

            001

        アレンジは初めて、というM さん。

                  「お花も、癒やされますね」と、

        時々良い香りを楽しみながら、アレンジされていました。

 

         003

          素敵に出来ました。 (゚▽゚*)

          お母さまが好きな色合いだそうで、良かった。

           

  フローリスト時代、母の日が近づくと夜中までアレンジメントや、

  当日、たくさんのお客さまにカーネーションの花束を作りました。

  お子さんや、高校生の男の子・・・

  その時の会話や一緒に選んだ温かい時間は忘れられない。

  母の日は忙しいけれど、フローリストとして一番幸せな日。

         

  今日も、喜んで頂けて本当に良かった。

          

         006

  

      フラワーアレンジメントレッスンは、お一人から受け付けています。

      ご都合の良い日をお選び下さいね。

                                

                       人気ブログランキングヘ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

葉1枚、2時間。

  

   先月から始めた植物画。

   利休草の葉を1枚書くのですが、

   2時間位かけて、じっくりと葉を観察しデッサンして色を塗る。

   とってもワクワクして、楽しい時間。

   大きな虫メガネを通してみると、新しい世界を感じる。

       

   自分が蟻になったよう。 。 。

   葉脈の道を歩いていく。

   こんな風になっていたの。

   本当に楽しい。

                   

   小さな穴、葉の端の波打つ線。

   緑も日の当たっているところ、陰になっているところ・・・

   複雑な色合いに引き込まれます。

   それを絵に表現するのは、思うようにいかなくて・・・

   ピーマンみたいになっちゃいました。 (*´v゚*)ゞ    

      でも、葉と対話した時間で、心はほっこり弾んでいる。

      

   

                                人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

北海道神宮の桜

         007_2

          北海道神宮の参道。

          3本の桜に花が咲いていました。

              

     008

          やっと、桜の季節がきました。

          眺めているだけで、幸せな気持ちになる・・・。

          淡いピンク。 5枚の花びら。

          日本の繊細な美の原点。

                     

     015_2   

     北海道神宮は、昼間でも鬱蒼とした暗い境内だったそうですが、

     明治8年に、住民が山々を歩いて集めたエゾヤマザクラ150本を献木して、

     参道の両側に植えたそうです。

     現在では札幌の桜の名所といわれる程になり、

     多くの市民がお花見に訪れるようになっています。

               

     北海道で愛でる桜は、格別の想い・・・。

      

                                       

                              人気ブログランキングへ

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

菖蒲湯の香り

          010

       

          5月の風を受けて、

          気持ちよく泳いでいる。

          川の鯉を空に泳がせるとは、すごい発想。

                   

          花菖蒲を飾り、

          柏餅を頂く。 こしあん、みそ、よもぎ。

          3つも。 小さめだから・・・  ヾ(´ε`*)ゝ

                                       

                         001_3

          

                             菖蒲湯。

                 邪気を払うとされている。

                この独特のきりっとした香り。

                 和のアロマテラピーですね。

               日本の伝統行事を楽しみましょう。

                        

                                   

                                                           人気ブログランキングへ

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

蕾さえも愛おしく。

     002  

               あと、もう2日位でしょうか・・・。

                      

           005

               こちらは梅。

               桜も梅も同時に咲きます。

                        

      003

               白樺の新緑。

               もう樹液は止まっています。

                        

         004

           ナナカマドの葉も開いてきました。

           

           蕾の姿さえも愛おしくて、

           写真を撮っています。

                      

           花のない花見を楽しむ人たち。

           待ちきれなくて、蕾の枝を見上げている。

           まるで花が咲いているかのように

           穏やかな眼差しで・・・。

                

     001

         

                             人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

春の円山散歩~Ⅱ

   046

     春の散歩道。

     まだ木々は枝ばかりだけれど、

     地面からたっぷりと雪融け水を吸い込んだ草花が咲きそろう。

     白い世界が消え、一気に彩色されていく・・・。

                 

         042 

           白樺の若い木。

           樹皮がくるくると剥がれて枝が出ている。

 

    043 

      木肌は滑らか。

      触るとしっとりしていて、おしろいの粉のように手に付いた。

      幹から四方に伸びる枝。

      伸びやかなエネルギーを感じる。

                   

      032   

        池には、水芭蕉。

                 

                        

                051 

                山裾には、エゾシマリス。

                何匹も走り回っている。

                かわいい仕草に癒やされる。

                  

         円山公園はこの時期、火気の使用を許可しています。

         桜の花はまだ咲いていませんが、

         大勢の人のジンギスカンやバーベキューで賑わっています。

         煙がモクモクと良い匂い・・・。

         どの顔も楽しそう。 

         春が来た嬉しさに酔っている。

                

         桜も浮かれた人々に微笑んで、

         ほころぶことでしょう。

                        

                                                

                 人気ブログランキングへ どうも有難うございます

           

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

5月2日、本当の春が来ました。

   このところ、春が遠のいたような寒い日が続きました。

   でも今日は・・・  札幌に本当の春が来ました。(*゚▽゚)ノ

       004 

                     葉の下のキバナノアマナ1輪

     右回りコースでお散歩。

     少し緩やかな坂を歩いていく・・・負荷がかかって良い感じ。

     円山競技場や動物園の歓声が響く。

     道端のいたるところに星型のかわいいキバナノアマナが咲いている。

     弾む気持ちで、原生林へ。

       007 

                      朝の陽射しに向かって(黄花の甘菜・ユリ科)

    すぐ横を動物園の駐車を待つ車が長い列を作っている。90分待ち・・・wobbly

    でも一歩踏み入れると、そこは花畑・・・。

      008 

      白い花も、輝いています。

      エゾエンゴサクとキバナノアマナがたくさん・・・。

014 

   澄んだ水色に黄色い星が点々と。

   どこもかしこも・・・。 

   やっと来た春の暖かさに、人も植物も、喜びは一緒。

   小鳥も高らかに、さえずっている。

          

       012 

     

       なんて素敵な場所でしょう・・・。

       ゆっくり眺めながら歩いていきます。

       年配のご婦人にすれ違うと、にこやかに会釈され

       「やっと暖かくなりましたね。 花の香りがしますね」と、嬉しそう。

       札幌の春は、人の心も笑顔にさせるのです。

                      

        033 

      エンレイソウも大きな3枚の葉を広げて咲いていました。

      この花は、約10年かかって咲く花。 愛おしい花です。

                      

         028 

           こちらは葉を折りたたむような姿。

           これからふんわり咲くのかな。

                   

          029 

                           延齢草・ユリ科

                            

         たくさんのエゾエンゴサクから甘い香りが漂う・・・。

         立ち止まって、この素晴らしい幸せに浸る。

                     

050 

                               蝦夷延胡索・ケマンソウ科                   

          とんがり帽子をかぶった春の妖精の顔。

              

             自然に手招きされ、

             初めて原生林の奥まで行きました。

             透明な扉が開いて、

             静かな別世界がありました。

             そこで会えた植物たち。

       

             甘くささやく香り。

             ひっそりと咲いている花。

             さやさやと風で揺れる笹。

             空気感が違う。

             感覚が喜んでいる。

        

       一回りして、又花畑を見たら、

       涙が出るくらいの透明な気持ちになりました。

       ついこの間まで、厚い雪に覆われていた場所。

       それが、こんなにキラキラとした春の粒子が舞い、

       柔らかい土になっている。

       そして、昨年と同じ花が咲いた平安を喜ぶ。

                  

        038

      

        2010年5月2日、春の喜びにあふれて。

            

                               

           (エゾエンゴサクについては、2009.4/26、5/7、5/12

              エンレイソウは、2009,4/25に記してあります) 

                             

                                 

                          人気ブログランキングへ

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

「燕子花図屏風」を観に・・・。

   先週東京から帰ったばかりなのに、もう今月の予定は根津美術館。

   6月も行くし5月はやめようかな~と、一瞬迷ったのですが、

   尾形光琳の 「燕子花図屏風」は期間限定。(4月24日~5月23日まで)

   新根津美術館では初めての展示。 4年ぶりという。

   気になりながらも、いまだ実物を観るチャンスがなかった。

   やっぱり、行かなきゃ。 

   昨年一緒に行った友人にメールすると、皆OK! ヨカッタ~。

   ・・・それが2日前のこと。

 

  “今日の「美の巨人たち」は必見よ!”とKさんからメール。

  番組を見ると、まさに【尾形光琳の 「燕子花図屏風」】

  一目見たら強い印象で忘れられないこの屏風絵の謎が解説された。

  全面が金箔の上に2色の岩絵の具のみで描かれている。

  たった2色・・・。

  そして、モチーフは燕子花(カキツバタ)だけ。

  土や根、他のものは一切ない。

  極限までテーマを絞りきり、斬新な表現の屏風絵は他にないと思う。

  

   尾形光琳は、京都の裕福な呉服商に生まれ、

   幼少から美術工芸品に親しむ環境に育った。

   本格的に絵を描くようになったのは、40代になってからのこと。

   「燕子花図屏風」に感じられるデザインと絵画の境界線にあるような絵は、

   光琳が着物の文様絵付けや工芸品の意匠も手がけていたことに繋がる。

   

   この絵は時代を超えて、なお現代だからこそ賞賛される感性に満ちている。

   心地良いリズムを感じるこの絵には中心がないという。

   光琳は、人がこの屏風の前に座ることを前提に、

   どのように映えるのかを描いたという。

       

   番組の最後に、

   “この屏風絵の前に人がいることを想像して下さい。

   そのとき、花の群れはどんな言葉を奏でるのか・・・”

                  

         荘厳なオーラ漂う「燕子花図屏風」

         実物と向き合って、どのように心が波打つのか・・・

         これは、観に行く価値があります。

                                 

                         人気ブログランキングへ

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »