« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

大晦日の雪景色*札幌・宮ヶ丘にて

       2009年の大晦日となりました。

       午前中、北海道神宮へ。

 

   009

                                    北1条通り

     今年は、良い事、嬉しい事・・・たくさんあったので、

     お礼に行きたくなりました。

                

          011  

           もう初詣の準備、着々です。 

                     

       012

       北海道では、初詣の人出 1位の北海道神宮。

               013

              空も参道も真っ白。

                     

          014  

               雪帽子を被った灯篭。

                        

       015

             落雪注意が北国らしい。

 

         016

           明日は、大勢の人が色々な願いを持ってくる。

           

    020

          雪が強くなってきました。

          いつも見慣れた場所も特別に美しく見えてくる。

              

           017

            誰かが作った大きな雪だるま。

 

  021

       雪の日は、傘をささずに帽子やフードをして歩く。

              

       雨は、しとしと。      雪は、こんこん。

         雨は、ザァーザァー。   雪は、しんしん。

           ふわふわとした真綿のような感触が、温かく感じる。

    

         024

    

        今年最後の日を、雪の中歩いてみました。

        1年の様々な出来事が駆け巡ります。

         春、夏、秋、季節の香りと色彩。

        出会った人、植物、自然・・・。

        楽しい日々・・・。

        素敵な出来事。

        雪がそんな今年の思い出も、

        きれいに包んでくれるよう・・・。

        

        いつもブログで応援して頂いて、

                     どうも有難うございました。

                    

  。。+゚゚。。+゚゚。。皆さま、どうぞ良い年をお迎えくださいませ+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。

                 

         022   

      

          お掃除も、おせちの用意も済みました。

         紅白の娘の出番を愉しみに・・・。

               良き大晦日。

        

                               

                        人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月30日 (水)

お正月の花

   001

             

    若松、ピンポンマム、スプレーマム、デンファレ、千両、アリウムコワニー。

    どれも長持ちします。

    お正月の花。

    明るく温かい色合いを選びました。

    シルバーの器にオアシスをセットして、アレンジメント。

    白とグリーンの水引で飾ると、お正月らしく完成。

                  

          003

            アリウムコワニー。 

          透明感のある白が新年の清々しさに合う。

                           

    004 

             デンファレ。

             蘭の仲間。 気品を感じさせる花。 

                    

                      001

                        

              周りの空気が一気に華やかになりますね。

                    

  

              

                                   

                         人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

「坂の上の雲」 司馬 遼太郎

  先日、NHKで放映されていた「坂の上の雲」

  ちょうど1巻を読み終わったところで、初めてテレビを見ました。

  秋山真之・・・本木雅弘、  好古(よしふる)・・・阿部寛

  正岡子規・・・香川照之

  他のキャストも、なかなか合っているわ~。 (゚ー゚)

  原作のイメージとかけ離れてしまうと嫌だけれど、これは良い感じでした。

  テレビはほとんど見ないので、情報が疎かったのですが、

  次回の放送は、来年の12月とか・・・え~そうなの~。 w(゚o゚)w

  1回目から見れば良かった~。

  でも、NHKの事だから再放送をするでしょう。

  (2009、2010、2011年で3部構成)

  

      本は、8巻まである長編。

      年越しで読む本があって嬉しい。   

      司馬 遼太郎は、初挑戦。

      歴史ものも避けてきたし、何巻もあるので・・・ね。 (^-^;

              

      でも、良い情報や刺激にはなるべく反応しようと思っている・・・。

      これは、Hさんからの信号をキャッチしました。 (゚▽゚*)

        

      面白い。

      さすが司馬 遼太郎ですね。 

      明治初頭の混乱期、四国・松山出身の3人を通して、

      大きな波の勢いと共に変貌していく日本を描いている。

      それまでの価値観を覆す新しい価値観。

      震える程の勇気と、新しいものに体当たりしていくエネルギー。

      新年にかけて、潔い決断と新たな挑戦に力を与えてくれる本。

                  

      ところで、松山出身の人、益々注目です。

      宮尾登美子、宮尾朱門、坂東眞砂子、広末涼子・・・

      そして、坂本竜馬。

      この地は、風光明媚、温暖でのどかな土地柄。

      四万十川の清流のようでいて、

      情熱さも持ち合わせている人物が多いという、印象。

      環境は人を創る・・・。

            

      “春や昔 十五万石の城下かな”   子規

               

  当時東京は、今よりもっと遠い憧れの地だった事でしょう。

  “「出たい出たい。どうにもならんほど あしは東京に出たい」” と、子規は言う。

  遠い地方に住んでいたからこそ、希望を胸に東京での生活を送ったといえる。

          

  この文章も好きです。    

  “小さな。 

  といえば、明治初年の日本ほど小さな国はなかったであろう。

   (中略)

  とにかくこの当時の日本人たちは精一杯の智恵と勇気と、

  そして幸運をすかさずつかんで操作する外交能力のかぎりをつくして

  そこまで漕ぎつけた。

  いまからおもえば、ひやりとするほどの奇蹟といっていい。”

                    

       明治という、つい百数十年程前の時代。

       小さな島国に住む当時の日本人のひたむきさに想いを馳せる。

                            

       では、2巻目の続きを読み始めます・・・。

       来年は、歴女か? (*^.^*)

      

       私の《お薦め信号》も、誰かがキャッチしてくれますように・・・。

                                     

                     

                         

             人気ブログランキングへ どうも有難うございます

        

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

今年の仕事納め

   006

     冷たい風がごうごうと鳴っている1日でした。

     今日はサロンの仕事納め。

     最終時間のお客さまが、笑顔で帰られました。

     初めてのアロマトリートメントで、とても満足されたご様子。

     そんな姿を見送ると、心地良い余韻に浸ります。

        

       色々な年代のお客さま。

       楽しい数時間・・・。

       講座もサロンも、大好きな仕事。

                 

       004

                 

          心を込めて・・・  どうも、有難うございました。

  

                        人気ブログランキングへ  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

お正月しめ飾り

   

       今年もしめ飾りを作りましょう。

            

            002

       フレッシュの南天の実を使いたいな。

       かわいいちりめんキューブ。

           

      017 

        デザインを決めていきます。

        小さなオアシスを付けて、そこに南天を挿します。

        松ぼっくり、水引で飾ります。

        水引は長いまま流しました。

        最後に香りを・・・。

         ヒノキ、クラリセージ、パルマローザ、セージ、べチバー。

        和の香りに、

        今年の浄化、新年の明るい幸福感を合わせてみました。

                   

           007

          根引き松と南天、水引。

          羽根もお正月らしいので、飛ばしました。

               

       年末のお花屋さんは、

       松、葉ボタン、千両・・・おめでたいお正月の花や、

       胡蝶蘭やシンビジュームなどの高価な花も、たくさん揃っていますね。

       新年を迎える気分も高まって、

       お花の良いエネルギーをもらえそう。

       

       明日が仕入れの最終日。 

       水揚げが終わって、店頭に揃う午後からが良いですよ。

       

                  

           人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

「秘密」 東野 圭吾

      本屋さんの平棚に何冊も並んでいる東野 圭吾氏の本。

   すごい人気ですね。

   初めて読みました。 あんまり怖くなさそうなものを・・・。

       

   「秘密」・・・10年前の作品で、文庫本は37版を重ねている。

   サスペンスというより、ファンタジー寄り。

   じわじわっと、切なくて最後に泣ける小説です。 

              

         実際にこんな事は、有り得ないような話ですが、

         自分がもう一度、高校生の身体に変わって、

         意識は今のままだったら・・・と想像すると面白い。

                        

   主人公の直子は言う。

   「若い頃にもっと勉強しておけば良かった。」

   「あたしが嫌なのはね、自立できない女が、

   仕方なく主婦におさまっているっていう構図なの。 

   男にしがみついているしかない人生なんて、惨めだと思わない?」

   「あたしは藻奈美の代わりに自立できる女になろうと決心したの。」

   と、医学部を目指して必死に勉強していく。

                

          私なら、医学部は目指さないけれど、

          もっと夢に向って突き進んだかな・・・?。

          でも、2度同じ年齢を今の意識のまま生きたいとは思わない。

          若さって、未完成の柔らかい良さがあるから。

   

         001         

                 ビバーナム・ティナス、ヒムロスギ、リボングラス

                    

   映画は、広末涼子、岸本加代子、小林薫でした。

   広末涼子さんは、一時バッシングされたけれど、

   あの独特の透明感は、他の女優さんには出せない。  

   監督・・・滝田洋二朗。 あ、「おくりびと」の・・・ 納得。 

          

                          

              人気ブログランキングへ どうも有難うございます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

クリスマスプレゼント

      005

   

      イブの朝に、(社)日本アロマ環境協会の会報誌が届きました。

      「ふらののラベンダー」と、「ピンクのスズラン」の記事。

      写真もきれいな色で安心しました。

      7月に書いたレポートがこうして形になって、

      又、自分の所に帰ってきた・・・。

      改めて読んでみる。

      あの時に感じた事が、蘇って押し寄せる・・・。

                 

        006 

      

      札幌に住んで1年・・・。

      北海道の花を紹介出来て、本当に良かった。 (*゚▽゚)ノ

      1年間のご褒美のような、嬉しいクリスマスプレゼント。present

   

       003 

       

       サロンのクリスマスディスプレイも、今日でおしまい。

       ドリカムの「雪のクリスマス」を聴きながら・・・。

     

         この夜をあなたにも見せたい

         降りしきる雪の中で I love You

         あなたと出会えた事が

         今年の最大の宝物  最大の宝物

         Merry Christmas To You

         Merry Christmas To You

                 

                      

                 001

                           

                         

              人気ブログランキングへ どうもありがとうございます

                 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

Snow Candle & Crystal Blue

  

          Merry christmas!

       

        クリスマスイブを如何お過ごしでしょうか?

              

        クリスマスディナーのデザートは、

        よつ葉の生クリームを存分に味わいたかったので、

        クレープにしました。

        アーモンドスライス、チョコシロップ、フルーツを

        好きなようにトッピング。

        ・・・ワインでほろ酔い気分。wine

        大満足  o(*^▽^*)o

                  

                  * 札幌の雪情報*

         除雪の雪が5m位の高さ。 (゚0゚)

         反対側は、滑り台のようになっています。

        001

     

    山の雪景色。

    昔は、雪が滑りやすいトタンの三角屋根が主流だったそうですが、

    今は屋根の中央に傾いていて、

    雪が溝に入る形の屋根も多くなっています。

  001_2

 

           いつもブログをご覧頂いて、どうも有難うございます。

           皆さまに、私からのプレゼント。

 

             【Snow Candle & Crystal Blue】  

                         

        雪玉をたくさん作ってスノーキャンドルを愉しみました。

        006

       

        澄み切った空気と、刻々と暮れゆく変化がきれい・・・。

                   

        008

            

        ブルーが濃くなっていく・・・。

                   まるでクリスタル・ブルー。

                       

           009

           

                       ひとつ、又ひとつ・・・家の明かりが増えていく。

                            

          012

              

                 三日月と一緒に・・・。

                                             

                     

    014          

             

        しんしん、しんしん、積もる雪。

                  静かな、静かな・・・  聖夜。

      

        

    ・゜☆゜・。。・ 素敵なクリスマスをお過ごし下さいね ★゜・。。・゜

                     

                         

                              snow From Sapporo snow

                                                   

                         

                            人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

冬の池に咲く蓮のように・・・。

   

                          

 003

                  

        富良野の蜜蝋で作ったキャンドル。

        サンキライ、月桂樹、ドングリ。

        氷を張ったお皿に、飾ってみました。

                

     蜜蝋は、働き蜂が巣を作るときに分泌するロウのこと。

     1匹が分泌する量は、一生で小さじ1程度だそうです。

           

    

          温かい灯りが、氷の上で、ゆっくりと・・・。

                           

                                                          

                           人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

☆誰かのサンタさん☆

    2月に挙式予定の女性に、より美しく当日を迎えられるように、

    あれこれハーブ&アロマでセレクト。

          

    「Happy herb ~ 美しくなるハーブティ」として、

    ローズ、ジャスミン、ラベンダー、ジャーマン・カモミール、マロウブルー、

    ヒース、レッド・クローバー、ローズヒップ、リンデンウッド、オレンジピール

    10種類のハーブをブレンドしました。

        010_2

    華やかで、きれいな色だわ~。 (゚▽゚*)

    彼女の花嫁姿を想像しながら、幸せな気持ちで混ぜ混ぜ・・・。

    色も香りも幸福感漂う。 ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

    ほんのり甘くてやさしいハーブティ。

 

    「Happy oil ~ 輝く美しさ」 

    ホホバオイル、マカデミアナッツオイル、アボカドオイル、

    オリーブスクワラン というリッチなオイル。

    精油は、ネロリ、ゼラニウム、フランキンセンス。

                    

    それにクレイパックなどを詰めて、

    メッセージや使用法、注意事項を添えました。

         011_3

     色々想いながら、プレゼントを決めていくのは楽しい。

           

        クリスマス近くになると、

        サンタさん用と親からのプレゼントを

        ×3人分用意していた頃を思い出します。

        喜ぶ顔が見たくて、重い荷物になっても最高の気分でした。

         

                 

   ゜☆゜゜・。。・゜誰かのサンタさんになる事は、

                幸せなことですね。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

          

                   

            人気ブログランキングへ どうも有難うございます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月21日 (月)

ゆず湯と発泡バスフィズ

     明日は、冬至。

     ゆず湯と、かぼちゃですね。

     袋付きで、たくさん並んでいました。 

     注意事項も書いてあります。

    “「ゆず」などカンキツ類の果実には、

     リモネンなどの皮膚を刺激する成分が含まれています。”

     精油もお風呂に入れるときは、滴数に注意します。

                   

     今日の札幌は、大雪でした。 snowsnowsnow

     寒い冬はお風呂に入るのが、楽しみですね。

           

        007

   

   発泡バスフィズを作りました。

   ・コーンスターチ・・・10g

   ・重曹・・・70g

   ・クエン酸・・・35g

   ・植物油・・・マカデミアナッツ油5ml

   ・蜂蜜・・・大サジ1

   ・精油・・・20滴

    (ジンジャー、ブラックペッパー、ジュニパーベリー、ローズマリー、  

     シナモンリーフ、ラベンダー、サンダルウッド、オレンジスイート)

   ・ドライハーブ・・・適量(ハイビスカス、ローズ、マローブルー)

   ・ハーブパウダー・・・少々(ハイビスカス*淡いピンク色になります)

          

    全部ボールに入れて、よく混ぜ合わせラップで丸めます。

    クッキーの型でも出来ますが、単純な形が作りやすい。

    注意は、精油を入れてあるので、ビニール手袋で混ぜる事と、

    暖かい所や湿度の高い所に置くと膨らんでしまいます。

                 

         お風呂に入れると、シュワシュワ~と泡立って、

         良い香りと花びらが浮かびます。

         ~リラックス、リラックス~

         心も身体も、ぽかぽか。

                   

  008

          ちっちゃなおむすびみたいです。

          グリーンと赤のラフィアで結んで、

          ささやかなクリスマスプレゼントにも。

                     

                          

           人気ブログランキングへ どうも有難うございます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

1歳のお誕生日

  

  ハッピーバースディ!!

  サロンの1歳のお誕生日でした。happy01

  昨年の今日、初めてのお客さまをお迎えしました。

  あれから1年・・・早いような・・・でもマイペースで歩んだと思う。

  

      思いがけず、小包が届きました。

      カードには、

     “札幌アロマテラピーサロン

      GREEN ARCH

      1歳のお誕生日

      おめでとうございます♪” 

      1周年、と思っていたけれど、

      1歳の誕生日という表し方は、良いですね。

               

         001  

         かわいいパッケージ。

         003_2

    生クリームとスポンジの甘い香りがするような、お花の誕生日ケーキ。

    嬉しい心遣い・・・。                 

  007

      クリスマスツリーの蜜蝋キャンドルに火をつけて、 

      ハッピーバースディ~♪~~ 

      よちよち歩き始めた頃ですね。chick

      こころ新たに、

      お客様に愛されるサロンを目指して・・・。

                 

          人気ブログランキングへ  どうも有難うございました

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年12月19日 (土)

札幌の雪景色

     

    昨年に比べて、積雪が少ない札幌ですが、今朝は雪景色。

       008_2

       

       朝の光で輝いています。

       きれいだわ~、これで寒くなければ最高なんだけれど。

       マイナス3度の世界。

                 

            真冬の寒さの中、ガンガンに暖かくした部屋で、

       アイスクリームを頬張るのが札幌流と、以前聞いた事がある。

       今は、エコの時代。

       半袖で過ごせるくらいに暖めては後ろめたい。

       ほこほこのセーターを着て、ほどほどの暖かさの部屋で、

       ジンジャーを入れたハーブティを飲みましょう。

              

       010

    

       ベランダにも雪が積もったので、スノーボールを作りました。

       ここにキャンドルを灯したらきれいなのですよ。

       暗くなったらスノーキャンドルをしたかったのですが、

       溶けてしまいました。 \(;゚∇゚)/

       また、雪が降った時に・・・。

                

                      

                冬日・・・一日の最低気温が、0℃未満

       真冬日・・・1日の最高気温が、0℃未満

       札幌の冬日の初日は、10月中旬だったが、

       近年は、11月中旬になり、それに伴い暮らしにも変化がある。

       スキー場や屋外スケート場のオープンは遅くなる傾向に対し、

       ゴルフ場はプレーが延期になっている。  (北海道新聞)

       日本の最低気温記録は、1902年、旭川市のー41℃

                             

                                

                人気ブログランキングへ

    

     

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

紅白出場!& 就職内定

     おぉ、2年連続の3度目の紅白出場決定。 scissors

     歌手でなく、バックダンサーで・・・です。

     1年を締めくくる大舞台だもの。 

     オーラある歌手が一同に集まる。 shine

     そんなステージに一緒に立てるだけで、パワーをもらえそう。

     アロマ、ハーブ、ダンサーならカッコイイけれど、私でなく娘の話。wink

     ヒップホップ系のダンサーですが、中村 美津子さんの時が出番です。

     大勢の中で、見つけるのは難しいけれど、

     笑顔で、楽しく踊る事でしょう。happy01

     

     それから、長男もやっとやっと・・・内定をもらったと電話がありました。note

     就職して半年で退職し、一時は公務員を目指したものの・・・

     あれから2年です。

     きっと何十社も回って、苦い思いをした事でしょう。despair

 

     一緒に住んでいるときは、ほとんど言葉を交わさなかった。catface

     家族と一切コミュニケーションをとらず、

     下宿人のように毎日を過ごしていた。

     家族と接する事が出来なくて、

     人に役立つ仕事が出来るとは思えなかった。

    

  振り返れば、中学の反抗期から始まり、長い沈黙のときが続きました。

  今思えば、当然の成長過程であったと。

  でも当時は、一つ一つの些細な事に反応してしまう心配性の母親でした。

  長く判り合えなかった・・・。

  男の子は難しい・・・と悩み苦しんだ。weep

 

     一人暮らしをはじめ、離れて1年。

     すこしずつ・・・。 すこしずつ・・・。

     気持ちの距離は、近くなったように感じていました。

     2,3ヶ月前から変化が表れて、視線も合うように。

     先月は、家族を思いやる言葉や、笑顔も久しぶりに見ました。happy01

     だから、就職もきっと大丈夫と思っていた。 

     心から笑い合える日も近いと・・・。

                     

                   

             良かったね。clover

             嬉しい電話を、ありがとう。happy01 note   

                     

                     

                           人気ブログランキングへ

 

 

     

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

ゆり根のスープ

  ゆり根が、オガクズの中に入ったまま並んでいます。

  ほくほくして、甘味がやさしい。

  東京のスーパーでは見かけなかったけれど、札幌では一般的。

  生産量のほとんどが北海道で、有名な産地は真狩村。

  コオニユリ(オレンジ色の花)という種類の根だそうです。

  ちょうどタマネギ位の大きさで、白い鱗片を外しながら使います。

  今日はゆり根のスープにしました。

         

  タマネギと一緒にバターでさっと炒めてから、

  スープの素を入れて柔らかくなるまで煮る。

  ミキサーにかけ、牛乳を好みの濃度にして、塩、コショウで整える。

  ローリエも生クリームも足さない方が良いみたい。

  本当にシンプルなゆり根のスープ。

  ほっこりとしたやさしい味が、こころにも届きます。

               

          ゆり根だけを薄味で味付けしたものも、

          おせちにどうぞ。

  

                        人気ブログランキングへ

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

札幌の冬☆円山公園

  001

         例年より雪は少ない。

         カシワの木も、すっかり葉を落としました。

         ・・・白い道。

            

      003 

             誰も踏んでいない所を歩きたくなる・・・。

             サク、サク、サク、と。

                

   004 

           

            一列に並んだイチイの木。

            冬の円山公園は、静か。

            清々しい空気を吸いながら。

               

       

          002 

            

                 

            人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

「模倣犯」 宮部みゆき

    以前から読んでみたいと思っていた本。

    とても分厚くて、2冊もあるので躊躇していた。

    宮部みゆきさんの本は、面白くて止まらなくなる。

    ・・・という事は、こんなに分厚い本は危険。

    他の事がストップしてしまうから。

        

    それからサスペンスとか犯罪物は怖いので、

    日常生活に引きずると困るというのも、理由の一つ。

    でも覚悟を決めて、読み始めた。

    最近は、のほほ~んとした本が多かったせいか、緊張感にあおられる。

    この先はどうなるの、と目が離せない。

    とっても怖い人間像が描かれている。

    そして、その悪人から対極にある

    《普通に暮らしている善い人》も登場している。

    だから読んでいて、濁ったものが中和され少し落ち着くのです。

              

         平和な毎日を送っていると、こんな落とし穴がある事を忘れてしまう。

    最近のニュースでも、「島根の女子大生殺人事件」がまだ未解決。

    現実の世界でも、この本と似ているような事はたくさんある。

             

    登場人物が多いけれど、プロフィールが書き込んであるので、

    其々の立場で感情移入しやすい。

    ピースというニックネームの仮面に隠された本当の姿。

    ヒロミとカズとの関係。

    3人の中心人物を取り巻く人々。

    そこには、平凡だけれど一生懸命に生きている姿がある。

    何の落ち度もなく、ある日突然犯罪に合ってしまった若い女性。

    残された家族の思い・・・。

    色々な角度から、ストーリーは進む。

    最終章に出てくるカズの恩師の言葉が、温かい・・・。

    カズに対する不条理で無念な気持ちを救ってくれました。

    心にどんよりとした重い石を感じると共に、

    澄んだ美しい貝殻も残りました。

              

         余韻に任せてDVDも観ましたが、タイトルだけが同じものでした。

    映画化で、変更があるのは判るけれど、

    譲れない部分や大事なテーマが見えなかったのが残念・・・。

    

     

                         人気ブログランキングへ

    

    

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

バレリアンを飲む

   セミナーがあった夜、

   たくさんの刺激を受けたり、初対面の方とお話したりで、

   ヒートアップしたまま冷めずに、なかなか眠れませんでした。

   毎晩、寝る前にはカモミールなどのハーブティを飲むのですが、

   その日は飲まなかったからかも知れません。  

   ・・・ぐるぐると頭が冴えて眠れない・・・

   だけど、そのうち眠れるわ・・・と思っても眠りの世界にいけない。

          

   時計を見るともう1時間以上経っている。

   そうだ、こんな時こそバレリアンに挑戦してみよう。

   あの独特の匂いを持つハーブです。

   臭い!初めてバレリアンを開けた時の衝撃といったら・・・。

   こんな強い匂いのハーブティを飲めるのかしら。

   不眠でもこれを飲んだら、強烈な匂いでもっと眠れなそう・・・。

   バレリアンは、ヒポクラテスの時代から、不眠に用いられてきたのです。

             

   引き出しの奥からバレリアンを出してみる。

   不思議に初対面での強烈なショックは感じられない。

   バレリアンだけでは少し不安なので、カモミールをブレンド。

   どんな味?・・・飲めるわ。

   クセはあるのですが、体が必要としているのでしょう。

   美味しい、とはいえないけれど、そう悪くない。 難なく飲めました。

   飲む前とはっきり変化がわかります。

   スイッチが切り替わった。

   それまで、フツフツ、パチパチと活動していたものが、

   奥の方から、何かに引っ張られるように消えていく。

   心地良い安心感。 眠りの深海に引き潮のように引き寄せられていく。

        

      

       バレリアン、君は《くさや》や《ドリアン》のようだね。

       今まで毛嫌いしていて、ごめんなさい。

       

               

       人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

アロマセミナー2009 in 札幌 ☆Ⅱ

    昨日の続きです。

  後半は、

  Ⅰ. 「和カンキツ精油研究最前線」  熊谷 千津 先生

     2009年、ユズ精油のアロマテラピー研究で博士号を取得、アロマセラピスト、薬剤師)

  先生の記事は、(社)アロマ環境協会の会報誌 45号にも掲載されています。

  

  *ユズ精油には、圧搾法(黄色)と水蒸気蒸留法(無色)がある。

  *光毒性については、圧搾法に精油にはベルガプテンが含まれている。

    水蒸気蒸留法には、含まれない。

  *薄い濃度(ユズの香りと分からない位の濃度)は、交感神経を活性化して、

    濃い濃度(ユズの香りが明確に分かる)は、リラックスに導く。

    まさにユズ湯は、そうですね。

              

      ロバート・ティスランド氏の言葉や、たくさんのデータ結果に基づくお話など、

      大変興味深く、学びの多いセミナーでした。

      プロフィールを読むと、

      《学位取得》という大きな目標に向かっていく

      強いイメージの女性を想像しますが、

      実際の先生は、にこやかでチャーミングな方。

      “アロマテラピーという分野を趣味の領域でなく、

      学問の分野として認知されたい・・・”という想いが原動力なのですね。

      

      日本が誇るユズの香り。

      私たちのDNAに心地良い香りとして、受け継がれている。

      冬のフットバスにも手軽で良いですね。

      是非、サロンにも取り入れてみたいと思いました。

      ランチタイムで、ちょうど私たちのテーブルにいらして下さり、

      気さくに楽しいお話が弾み、良い刺激を頂きました。

                  

 Ⅱ. 「育てて楽しむハーブ ~ハーブの植物学と栽培~」

  東京農業大学農学部 バイオセラピー学科 人間植物関係学研究室

             木村 正典 氏

   バイオセラピー学科というのは、簡単にいうと、

   農家以外の人が、植物とどのように付き合っていくか、という学科だそうです。

            

   「植物学」というと、堅苦しくなりがちですが、

   *分類  *形態(根、茎、葉(花、実)  *生理生態

   という区分に分けて、研究する学問。

   精油の分泌する腺毛、油管(道)、油胞についての説明。

   軽いジョークを交えながらのお話は、栽培方法のコツや、

   現代の家庭菜園の例、地域における園芸の取り入れ方など、

   ハーブに留まらずに、植物全般に渡りました。

   

   産業革命以前は、其々の家庭で野菜や果物などを作っていたが、

   以後は、専門の農家が作るようになった経緯。

   現在でも沖縄の離島には、昔ながらに其々の家で耕しているそうです。

   おばあちゃんたちが和やかに雑談しながら、1日中庭仕事をしている。

   持ち寄って物々交換をしたり・・・。

   野菜などを市で売るおばあちゃんもいるのですが、

   それは代金よりも、お客さんとの会話が楽しいから。

   作ったものを評価してくれる事が、生きがいに繋がっている。

   そんなのどかなスライドも紹介して頂きました。

             

      10:30~16:00までの長いセミナーでしたが、

      サロンをお休みにしてでも、得るものが多かった。

      次回も参加しましょ。(*゚▽゚)ノ

                     

                             

                          人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

アロマセミナー2009 in 札幌 

  今回の地区セミナーは、お昼を挟んでの2部構成。

  会場は前回より広くなっていました。

  アロマ人口が増えているようですね。

  前半は、【香育活動についての会員報告】

        

  小学校1,2年生を対象に《アロマテラピーについて》の説明と、

  《香りのせっけん作り》を、行ったそうです。

  1年生のお母さんであるYさんの報告を聞いていたら、胸が熱くなりました。

  フルタイムでお仕事をされているYさんが、

  インストラクターの資格を活かし、実践に至るまでの経過。

  学校へのアプローチ、実施前の準備、当日の経過と反省点など、

  初めてのことを、手探りで一生懸命に準備して、

  当日を迎える様子が想像できました。

        

  小さい子に分かりやすい言葉や、材料など、

  アロマテラピーを伝える工夫も細やかでした。

  お子さん達と、とても楽しい香りの時間を過ごしたそうです。

  「また、つくってみたい」「いいにおいのせっけんがつくれてよかった」・・・

  などの感想文の言葉が一番嬉しかったそうです。

  低学年のお子さんの字は、一言でも純粋な言葉なので、

  きっと心の奥に響いた事でしょう。

  宝物ですね。

  

        “小さい時から香りに親しむと、感性豊かな子供に育つ。

        親や社会全体が色々なストレスを抱えているので、

        子供が、そのはけ口になってしまっている場合もある。

        アロマテラピーを身近に取り入れて、

        心身を安定に導き、毎日を楽しく過ごす。

        そして、アロマテラピーを通じて自然の素晴らしさ、

        植物が人間の良きパートナーという事を知る・・・”

        このようなまとめになっていました。

                 

        (社)アロマ環境協会も《香育》に力を入れていて、

        学校関係者に理解してもらうように、働きかけていくそうです。

        

        感性の柔らかい時代に、このような経験があると

        きっと豊かな心を育みながら、素敵な大人になっていくでしょう。

             

        ランチタイムで、Yさんと少しお話出来ました。

        報告の時の緊張感が取れて、とっても笑顔が素敵な方でした。

        アロマテラピーインストイラクターとして、

        良いスタートが出来ましたね。

              

  《香育》(こういく)の目的

    *自然環境や植物との接触が減少している現代の子どもたちに、

      自然の香りを楽しむという感覚的な経験を提供する。

    *その経験を通じ、子どもたちに、人と自然とのつながり、

      人へのやさしさ、癒やし癒やされることの大切さなどを伝える。

                        (社)アロマ環境協会 会報誌より 抜粋

                        

                                  

                            人気ブログランキングへ  

      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月11日 (金)

アロマで大掃除

  

  12月に入ってから、少しずつ大掃除&整理をしています。

  今日は暖かい陽射しだったので、部屋中の壁や窓拭きをしました。

  脚立で上の方までしっかりと。

  お湯に、レモン、グレープフルーツの精油を入れて、ダスターを絞る。

  引き締まる清潔な香りで、お掃除もはかどります。

  少しテンポの速いCDを聞きながらすると、楽しい気分。

  サロンからはじめて、全部終えるまで2時間半。

  白い壁、和室の畳、窓ガラスやドア。

  シトラスの爽やかな香りで、キュッ、キュッと拭いていく。

  部屋も心も浄化されたよう・・・気分爽快。

  

       終了後は、美味しいハーブティとおやつタイム。

       こういう小さなご褒美が、必要です。

           

                

          人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

☆サッポロホワイトイルミネーション☆2009

     

        004

         今日は雪もなく、それほど寒くない。

         地下街から、外へ出たら眩しい光が・・・。

         イルミネーションって、やはりきれいですね ☆

               

      006

         ミュンヘンのクリスマス市として、

         クリスマスグッズのショップが並んでいます。

         見ているだけでも、ウキウキと楽しい。

                   

   013

          

           クリスマスまで、あと2週間。

           そして、今年もあと3週間。

                  

       2009年、残り少なくなりましたが、

       皆さまに、楽しい時間がたくさんありますように・・・。 

           

    008

            

            

 

           人気ブログランキングへ  どうも有難うございます 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

下北沢へ行ったなら・・・Ⅱ

   下北沢情報のリクエストを頂きました。

   お題は、《一人で気軽にランチできるお店》

    

        イタリアンなら、MS.CLAUDIA

                  若向きのお店が多い中で、ここは希少なお店。

        北口を降りて、右へ真っ直ぐ。

        突き当りを右。 すぐの角を左に曲がり10m位。

        めがね屋さんの前の地下にあります。 (駅から3分位)

        一人でもカウンターがあるので、利用しやすい。

        ピザも美味しいし、サラダとドリンク付きでお手ごろランチ。

        

        サンドウィッチや美味しい紅茶なら、ラ・パレット

        北口を右に、横浜銀行の角を左に進むとすぐ。

        靴屋さんの向かい2階です。 (駅から2分)

        平日はランチセットがあり、サラダもたっぷりついてヘルシー。

        紅茶の種類も多く、ハーブティもあります。

        今の時期は、シナモンミルクティが良いですね。

        手作りの素朴なケーキやスコーンもお薦めで、

        お土産にジンジャークッキーもかわいい。

        スタッフは皆女性なので、居心地良い。      

 

        この二つのお店は、お花の仕事をしていた時、

        週に1回は必ず行っていました。

        ラ・パレットさんのパンプキンケーキが、

        無性に食べたくなる時があります。

             

        シチューなら、バリエ。

        ここは一人だとお昼時は、難しいかも。

        昭和の洋食屋さんというイメージで、とっても気軽ですが、

        ビーフシチューが有名です。

        先日、梅宮アンナさんが長く通っているお店として紹介していました。

        南口から5分位。

        

        帰りに、寄ってほしいところ・・・。

        北口を出てすぐ見える《フラワーギャラリー Hanahiro

        見るだけでも大丈夫なので、素敵な色合いのお花やグリーンを

        愉しんで下さいね。

               

                         

                                            人気ブログランキングへ

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

ハマナスの花びらローション

        

                      ハマナスの花びらで、チンキを作りました。

                 001 

                こんなに鮮明な色が、ウォッカにすっかり溶け込みました。

       ハマナスの花には、ビタミンCやポリフェノールが含まれていて、

       色素のアントシアニンは、美白効果もあると言われています。

       ハマナスのローションは初めてなので、

       シンプルにグリセリンと、精製水で作成。

       ほんのり淡いピンク色のローションが出来ました。

       ドライの花びらの時より、優しい香りがします。

       ローズの華やかな香りではないけれど、

       それに似た感じの甘く清潔な香り・・・。

       先日のハマナスセミナーの報告では、

       肌の潤い感、滑らかさ、ハリなどで良い結果が出ていました。

            

            肌にハマナスの花びら・・・素敵。

            ふ、ふ、楽しみ、楽しみ。 (゚▽゚*)

          

   それから、乾燥する季節に入って使っているのが、

   マカデミアナッツオイル7~8割にアボカドオイル、

   オリーブスクワランをブレンドして、パルマローザを入れた美容オイル。

   太陽が遠のいてしまったこの時期に、

   キラキラといた明るい光を感じる香り。

   心を元気付けると同時に・・・顔が生き生きと明るくなるような。

   オイルでトリートメントをした感触は、すべすべでしっとり。

   そう、カシミアの肌触りを思わせる。

           

        スキンケアの時間が、楽しい毎日 o(*^▽^*)o

        

                  

             人気ブログランキングへ どうも有難うございます

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

インストラクター山

  朝の窓は真っ白で、視界がなかったけれど、

  今は雪も止んで、水墨画のような山々が見渡せる。

      

      明日は、【アロマテラピーインストラクター養成講座】

      20回中の11回目になります。

      山に例えるなら、5合目付近まで来たのですね。

             

      山登りのスタート地点から見た頂上は高かった事でしょう。

      雲で見えなかったかもしれない。

      なだらかな山道を歩き、

      「解剖生理学」で少し切り立った道をフーフー言いながら登り、

      それでも一歩一歩進んでいく。

      

      私は、インストラクター山のガイド役。

      道に迷わないように、案内する。

      途中の木や花の名前、自然のしくみ、

      きのこの見分け方(安全性)などを話しながら・・・。

                   

      一人なら地図だけでは不安になる事も、

      仲間がいると、刺激になって励まされると思う。

      ワイワイ言いながら、一緒に登るのは楽しい。

                  

           途中の景色に立ち止まり、

           植物の香りを愉しみ、

           色々な発見と感動を持ちながら、

           頂上を目指していく。

           

       《試験》という9合目までは、案内するけれど、

       そこを超えて、最後に頂上に立つのは、チャレンジャーの皆さん。

       決して楽な山登りではない。

       脚が痛かったり、前へ進めなかったりする時もあるでしょう。

             

       それでも諦めずに行ったなら、

       頂上には、見たことのない花が咲いているでしょう。

       そして、そこから眺める景色は素晴らしい。

       爽快感と達成感。 

       それが自信に繋がっていく

         

       頂上に着いたとき、裾野からは見えなかった山々が連なっている。

       ゴールが新しいスタート。

       又、進むべき山を目指して、

       オリジナルな夢へ向かって、歩み始めることでしょう。

                

                           

                             雪山を眺めながら・・・。    

                

              

        人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

      

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

札幌の美味しいお店*ショコラティエ マサール

  深く印象に残っていたショコラがある。

  札幌へ来て、再びそのお店を訪ねた時、

  以前の場所の横に新しく、広さも何倍にもなったショップがあった。

  その後の人気を物語っている。 ショコラティエ マサール

  

  中心街から離れていて、交通の便も良いとはいえない。

  でも、ひっきりなしに車が駐車する。

  

  席もあるので、そこで頂いたこともあるのだけれど、

  あまり落ち着かなくて、足が遠のいた。

  三越の地下にある支店で購入して、家でゆっくり味わった方が正解。happy01

                

             001_2

                           マリアテレサ

                002

                         ピアフ

        マリアテレサが1番人気があるという。

        濃厚で、チョコレートの香りと奥深い美味しさが堪能できる。

        ムースタイプのピアフも大好き。

               

     口コミを見ると、コメントで何件か、

     接客の事を書いてあったのが残念。despair

     札幌を代表する人気店だからこそ、改善を望みたい。

            

     北海道の観光面でよく指摘される事が、

     ここでも象徴しているように思います。

     景色は良い、食材も良い・・・でもサービス面がレベルに達していない。

     それは観光客の人が、一番違和感に感じることでしょう。

     

     デパートでも、お店でもそれを感じるときがあります。

     接客の良さは、他をカバー出来る力がある。

     でもその逆は・・・。

            

     旅の良い思い出を、持ち帰ってもらいたい。

     自然も、人も、食べ物も、良かったよ と。confident

 

                  ・・・スイーツなのに辛口になってしまいました。coldsweats01

                        

                          

                    人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

寒い、北海道。

  10年前に比べて、根雪になるのが1ヶ月余り遅くなっているそうです。

    (根雪=降り積もった雪が溶けないで、そのまま積雪の土台になるもの)

  流氷の漂着時期など、温暖化の影響は、じりじりと現れています。

    

  北海道は半年が、冬・・・というイメージもあったけれど、

  真に白い世界は、1,2月。

  

  でも今日は、寒かった~。 

  3℃。 雪が降った方が温かい感じがする。

  冷たい風が、遠慮なしの大暴れ。

  ぴゅ-ぴゅ-と駆け巡っては、窓を叩く。

  公園の最後の枯れ葉も、簡単に吹き飛ばされたことでしょう。

  山々の木も、枝だけになったシンプルな黒いシルエットが見える。

     

  4時過ぎには、刻々と濃いブルーになり、空との境界線が見えなくなる。

  ただでさえ師走で、時計が早回りしているようなのに・・・。

          

  一日が早く終わってしまう・・・。

  体内時計の感覚を調節して、

  長い夜の過ごし方に切り替えましょう。

              

          クリスマスカードや年賀状を書く。

          分厚い本を読み始める。

          写真や書類の整理をする。

          何かを、作る。

          ただ、1年を振り返る。

                     

                           

                    001         

                             ル・ミュゼの暖炉

               

          

       寒くなると、誰かに温かい言葉を贈りたくなりますね。

        

                   

                       人気ブログランキングへ

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 4日 (金)

札幌に来て、1年。

    今日、札幌に来ました。airplane

    午後から荷物が届いて、ダンボールだらけの部屋。

    夕食はコンビ二だったかな。

    東京にいた時より、

    季節を身近に感じながら、自然とも仲良くなった1年でした。

    北海道の良さと欠点も感じたけれど、

    やはり来て良かったと思う。

            

             なんて思い切ったことをしたのでしょう。

        夢に描いていた事を、本当に実現してしまった。

        後悔はしていない。

        悔やまないように、進んだから。

                 

        1年前の自分の気持ちを忘れないように、

        《日々草》から・・・。 (2008.12.4)

    

  大地に吸い込まれるように着陸します。
 そして、根を張り大空に伸びて葉を広げ、いつか優しい花を咲かせたい。


 それは雪のように真っ白で、

 夢の結晶のような美しい形の花。


 北海道のさわやかな風が運ぶ緑の香りと
 ナチュラルなハーブの香り
 5月に甘く漂ったグリーンアーチのジャスミンの香り
 東京で出会った皆さんの温かい香り

    
  
 そんな香りを合わせた穏やかで心地良い香りのする花・・・・・・

                 

      1年で、そのタネは撒いたように思う。

      それが、オオバナノエンレイソウのように10年かかって咲く花なのか、

      来年、咲く花なのか、分からない。

          

      又、今日から一歩ずつ進んでいく。

      自分が想い描く花に出会うまで。

          

                      

           人気ブログランキングへ どうも有難うございます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

下北沢に行ったなら・・・。

  先日、下北沢の以前住んでいた所を歩いていたら、

  顔見知りのご近所さんに会い、立ち話。

  一番街に出来たカフェと、はらドーナッツというお店をいたく推薦するので、

  それなら・・・と思い、そのまま行ってみました。

 

        下北沢は、小さなお店がびっしりと並んでいる。

        楽しいおもちゃ箱をひっくり返したような街。

                   

            001

         カフェの窓から、はらドーナッツ。

         なんだかかわいいお店でしょう。

         ドーナツの素朴な絵が楽しい。

         サザンの原坊のイメージと、

         山下達郎の「ドーナツ・ソング」を思い出しました。

         北海道産・鶴の子大豆を使用している《原とうふ店》の

         豆乳とオカラを使用しているそうです。

         

         003

          《はらドーナッツ》 と《サトウキビ》

          どこか懐かしい素朴な味わい。

          へんな甘さがない。 安心して食べられるドーナッツ。 

          

          ご近所さんの貴重なアドバイス通りに、

          はらドーナッツを向かいのカフェに持ち込みで頂きました。

          (一応お店の方にも確認しました)

                 

          カプチーノ。

          混じりけのないふくよかな香り。

          コクがあってまろやかな味わい。

          本物の味。 

          この組み合わせ、最高。 

          タカナシ牛乳を使っていたわ。

          (北海道・厚岸郡産。 ガンバッテイル北海道!)

                       

          ヒトリでシアワセ気分に浸っていたら、

          お隣りに座っている若い女性もニコニコとしている。

             

   こんなに気持ち良い、機嫌の良いオーラの方に会うのは滅多にないので、

   ご縁だし、話しかけてみる。

         

   いっそうニコニコしながら、

   はらドーナッツを持ち込んでいるから、常連さんかと思いました、とか。

   ここのコーヒーは、すごくこだわっているんですよ。

   豆ももちろんだけれど、機械とか割合とか、抽出法とか・・ナンだかカンダか・・

     (すみません・・・良く覚えていないけれど、

      とにかくこだわっているらしい、ということは理解出来ました)

   そして、この方ももしや【根津パワー】かな、とふと頭に浮かんだので、

   聞いてみると、 先月、行ってきましたよ、と。  ・・・やっぱり。

                    

       来週の朝日新聞・夕刊の記事にこのお店を紹介します。

       という事で、取材にいらしてたのです。

       「来週は札幌だから、残念だけれど見れないわ」

       でも、とっても素敵な方でしたので、名刺を交換して。

       「講座楽しく出来ると良いですね」

       と、最後まで明るい笑顔が印象的な方でした。

            

       次の日の朝も、娘を連れて行きました。

            004

                    「BEAR POND ESPRESSO」

     ふかふかのソファーもきれいなテーブルもない。 

     だけど、独特の良い雰囲気。

     小さなお店です。 

     一見、雑然としているようですが、とてもこだわった内装。 

     ワンちゃんのお散歩途中にちょっと寄ったり、

     美味しいコーヒーをふらっと飲みに寄る、そんな気さくなお店。

     こういうお店が近くにあるって、貴重だな~。

     他のどの場所でもなく、下北沢に似合う。 

    

           001_2

            前日のMさんがおススメのジブラルタルを。

                    

      今日、大きな封筒が届きました。 Mさんからです。

      12月1日朝日新聞 夕刊。

      付箋が付けてあり、お手紙もありました。

      お忙しいでしょうに、わざわざ送って頂くなんて・・・。

      笑顔のMさんを思い浮かべながら、嬉しい気持ちで読みました。

                   

      また下北沢でバッタリ・・・  会えると良いな~。

              

                          

           人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月 2日 (水)

家宝の手紙

     

  とっても、とっても、嬉しかった事・・・。

  皆さんにも良いことが広がっていきますように、ご紹介しましょう。

                         

  「ファーム富田」さんの富田忠雄氏から、お手紙を頂きました。

  その時の驚きと嬉しさは、なんと表現したら良いでしょう・・・。

           

  あの【根津パワー】を浴びた日。

  留守中の家に連絡すると、「富田さんからお手紙が届いている」 との事。

  富田さん?って・・・・あの富田さん!!

  早速、開封して読んでもらって、写メールでも確認。

  ゾクゾクと心が震えました。

  「そのお手紙は、家宝だから大事にしまっておいてね」

 

  家に着いてから真っ先に、手に取りました。

  ラベンダー畑で見たメッセージと同じ、温かみのある字。

  何度も、何度も読んで、ずーーっと 眺めて・・・嬉しさを味わいました。

                     

      次号のAEAJ会報誌に掲載されるレポートに、

      「ファーム富田」さんの写真や、

      富田氏のメッセージを引用したので、

      先日お手紙を出したのです。

                        

      面識もない者から、突然の手紙で失礼ではないかしら、

      と迷ったのですが、自分の気持ちを素直に綴りました。

                            

      お返事は、心温まる素敵な内容でした。

      しみじみとした優しいお人柄に、益々惹かれました。

                  

          きれいなラベンダー色の封筒に、

          ラベンダー畑の絵が小さく描いてあるカード。

          ずっと変わらない熱いメッセージ。

                              

         025           

   

   

            ・゜゜・。。・゜  私の宝物です  ・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

           

                          

                  人気ブログランキングへ

      

 

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 1日 (火)

ハーブ紀行&キャンドルセミナー

  佐々木薫先生と、写真家の那須野ゆたか氏のセミナーがありました。

  北海道で、「生活の木」主催のセミナーは初めてという事です。

   

  前半は、《乳香の旅~アロマテラピー その源流を求めて》

  エチオピア、エジプト、オマーンの旅で出会った乳香にまつわるエピソード。

  イエス・キリストの生誕の際、東方の3賢人が、

  黄金、乳香、没薬を贈り物として捧げた逸話は有名ですが、

  現代の生活にも、なくてはならない香りとして根付いているそうです。

  古代の壁画に描かれた香炉や生産地など、興味深いお話。

        

  後半は、ライトセラピー、1/f ゆらぎ効果、蜜蝋についてのお話。

  「1/f ゆらぎ」とは、周波数f に反比例するリズムのことだそうです。

  キャンドルの炎は、まさにこのリズムでヒーリング効果があるとの事。

  

  そして、ミツロウキャンドル作り。

  富良野産の蜜蝋で、アカシヤと百花(色々な花なので、特定できない)。

  色も香りも違います。

  東京で興奮気味の日が続いたので、

  ミツロウキャンドルを作っていたら、

  とってもゆったりとして心が落ち着きました。 。 。

         

      ミツロウのシートをカットして、パーツを作ります。

      次に手でシートを温めて柔らかくして、カーブをつけていきます。

      芯を置いてくるくると丸めて・・・。

                  

           004

         黄色が百花。

         周りをスライスチーズのような正方形のパーツで重ねて・・・。

         蓮の花びらのように。

                  

          005

           キャンドルを作っているだけでも、

           充分癒やされました。

           クリスマスに、キャンドルのゆらぎを愉しみますね。

               

                  

          人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »