« 札幌の紅葉*北大銀杏並木 | トップページ | 秋を見送りに・・・。 »

2009年11月 7日 (土)

札幌の美味しいお店*ル・ミュゼ

   

    前回はクリスマスランチだったから、1年ぶりのル・ミュゼ

    その時も、美味しいお料理と美しい盛り付け、スタイリッシュな器など、

    トータルにバランスが取れている素敵なお店だと感じました。

              

    今回、どこかランチ・・・と、探しましたが、

    そう、ミュゼに行こう。

                    

    モリエール、コートドール・・・などの激戦区の宮の森、円山周辺。

    居心地、お店の建物、広さ、立地、お花、サービスの印象、

    お料理、器、盛り付け・・・。

    優先順位や外せないポイントは、人それぞれ。

            

    街中のビルの中にある所じゃなく、

    円山原生林の近く、住宅街の静かな所。

    アクセスは悪くても、落ち着ける。

    きっと期待を裏切らないと確信できる建物。

    入口のドアは大きいガラス。

    2m以上のユーカリとカサブランカが、たっぷりガラス器に入っている。

    

    白い壁と調和している木の温もり。

    すっきりとシンプルな空間。

    大きな窓から、秋の陽射しが差し込む。

    オープンキッチンも清潔感を感じられる。         

    ランチは、3種類。

                 

  *アミューズ

  *その時々の季節をスープに仕立てて  (かぼちゃとマンゴー) 

  *“ミュゼのサラダ” 農家より届いた様々な野菜、味・香り・色、そのコントラスト

  *本日のパスタ (ホタテ、海老などのシーフード)

  *本日のデザート 

  *エスプレッソ、又は紅茶 

  

       どれも美味しく、デザインが美しい。 

       量も心も、たっぷり満ち足りて。

     001 

       ビーツ、青大根、ニンジン・・・北海道産の元気な食材。

       テリーヌ風にヤングコーン、オクラをまとめて。

               

       デザートは、チョコレートのスポンジ生地に

       まったりとした濃厚なクリーム。

       その上に板チョコと立体的に層を重ねて、

       マンゴーシャーベットに一粒のピスタチオ。

       それに掛かるワイヤーのように細ーいひと筋のライン。

       ココアパウダーの直線。

       まるで抽象画のように。

              

       無駄なものは一切削ぎ落とし、必要なものだけを集約させている。

       心地良い緊張感と、潔い美しさが感じられる。

                   

       美術館という意味のミュゼに相応しい空間と、美味しい絵画。

       シェフのコンセプトに通じる芸術品。

  

                   

       Le Musee  札幌市中央区宮の森1条14丁目3-20

                TEL 011-640-6955     

      

             

        

                      人気ブログランキングへ

|

« 札幌の紅葉*北大銀杏並木 | トップページ | 秋を見送りに・・・。 »

札幌の美味しいお店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1173857/32109943

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌の美味しいお店*ル・ミュゼ:

« 札幌の紅葉*北大銀杏並木 | トップページ | 秋を見送りに・・・。 »