« セントジョンズワート | トップページ | クリスマスに飾る☆フレグランスリース »

2009年9月 6日 (日)

愉しいお散歩 ♪~

  毎日、なるべく歩くようにしています。

  一人でお散歩するのも愉しいものです。

  今日は二人の方と出会い、愉しい気分になりました。

        

  60代くらいの方でしょうか。

  不思議そうに私を見ていたので、

  「どんぐりがたくさん落ちているのですよ。」と、声を掛けました。

  納得したような笑顔になったその方は、

  「公園の入り口にハマナスの実があったので、2つ頂きました。」と。

  「昔、樺太に住んでいた子供の頃、たくさん食べた思い出があるのです。

  こうして中の種だけ出して、そのまま食べるの。 甘いですよ。」

  ひとつを分けてくれました。

  ハマナスの実、初めて食べました。

  赤く色づいた形は、ミニトマトのようです。 ほんのり甘い。

               

      いつも少しずつきれいなどんぐりを拾っています。

      どんぐり、松ぼっくり、色づいていくきれいな落ち葉・・・。

      どれも森の贈り物です。

      特にどんぐりが大好き。

      色々な形といい、帽子までついるし、たまには双子もいる。

      本当にどうしてこんな愛らしいものが作れるのか。

      どんぐりを手のひら一杯にするだけで、しあわせです。

      私のどんぐり解説で、その方もいくつか選んで愉しそうでした。

      ハマナスとどんぐりのお話が出来て、良かった・・・。

                 

  いつものコースと違う奥の方へ行ってみました。

  茶色の動くもの・・・あれはもしや・・・エゾリス。

  2匹いました。 平坦な所を走り回っているのをはじめて見ました。

  001

  ふわ、ふわっと軽く跳んでいく。

  時々、立ち止まって、何か食べている。

  なんだかトトロに出てきたメイちゃんの心境。

      002

  リスの後を不思議な世界に引き込まれるように、追っていく。

  その後、メイちゃんのようにトトロには会わなかったけれど、

  黙々と一人でゴミを拾っている人に会いました。

  「きれいにしてくれているのですね。 有難うございます。」と自然に。

  「そんな風に声掛けて頂くと嬉しいです。」と笑顔で顔を上げてくれました。

  ボランティアとして、札幌市に登録して美化に努めているそうです。

  リスを見かけたことをお話しすると、

  その方は、リスが手に乗る位慣れているという。

  時々、クルミを持ってきてあげると、

  どこからともなくリスが集まってきて周りを囲まれる。

  「写真を撮るときも全然逃げないのよ。」

               

      たぶん、この方は森をきれいにしているので、

      きっと動物たちはそういうことを判っているに違いない。

      どこかで見ているかも知れないし、

      そうでなくても、森の中に馴染んでいるので同じ世界を感じるのだと思う。

      心の美しさが発光している。

            

  「リースで使う松ぼっくりを探しているのです」と言ったら、

  ご親切に案内してくれました。

  説明を聞いていると、小鳥が数羽寄って来ました。

  森の住民に好かれているのだわ・・・。

      まるで、「いつも有難う」 と鳴いているよう。   

      

        

       人気ブログランキングへ    どうも有難うございます

  

  

|

« セントジョンズワート | トップページ | クリスマスに飾る☆フレグランスリース »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愉しいお散歩 ♪~:

« セントジョンズワート | トップページ | クリスマスに飾る☆フレグランスリース »