« 会報誌 | トップページ | 秋のハーブティ »

2009年9月11日 (金)

コスモス揺れる秋風の頃

  『風の詩  洋菓子舗 ウエストの本を読んでいたら、

  無性に、東京に住む子供たち(・・・といっても、25歳と23歳)に、

  手紙を書きたくなりました。

  “菜の花畑のまぼろし 幼いあなたが駆けてくる” という一句で。

  私にはコスモス畑の思い出が蘇りました。

      

  メールという便利なものがあるので、あまり手書きのものは出していない。

  メールの良さもあるけれど、

  一人暮らしをしているとポストに手紙があったらやはり嬉しいに違いない。

  特に秋は、何とはなく寂しく感じる季節なのだから・・・。

  

  息子は求職中だから、エールの手紙を。

  娘にはイチョウやモミジの絵葉書。

  先日買っておいたエゾリスの切手が丁度良い。

  公園で見かけたエゾリスの話を書き添えて。

  そうそう、母にも同じ絵葉書を。

            

   084

        コスモス揺れる秋風の頃、

        顔を思い浮かべて、手紙を書く。

               それは、一枚の温かい上着にも似て・・・。

  

                          人気ブログランキングへ

  

|

« 会報誌 | トップページ | 秋のハーブティ »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コスモス揺れる秋風の頃:

« 会報誌 | トップページ | 秋のハーブティ »