« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

夏の終わりのファーム富田

    

   先月は、ラベンダーもポピーも満開だったけれど、

   今はほとんど刈り取られて、「彩の畑」もグリーン一色。

091 

      花のない、誰もいない畑を見るのは初めて。

                  

      でも爽やかなラベンダーの香りが、風に運ばれてきます。

               

 089 

           思い切り深呼吸。。。

              

           夏の賑わいを思いだしながら、

           ひっそりとした畑を ゆっくり歩いてみました。

           夏の終わりの海岸のようですね。

           ここは、ラベンダーの海。

                     

095 

      大雪山連峰がこんなにはっきり見えるのは、

      とても珍しいそうです。

      傾いた陽の光が、稜線を一層際立たせていました。

      ベンチに座って景色をのんびり愉しむ。

          

      ひんやりと静か。 

      秋の虫の音に聞き惚れます。

   

             093 

              ラベンダーの花粒入りシュークリーム。

              ほんのり香りがします。

              ラベンダー蜂蜜プリンは娘のです。

               二つは食べません・・・。

 

    094 

           温室に咲いていたラベンダー。

      

                 来年の夏、また会いましょう。

                         

                           人気ブログランキングへ

                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

秋のスキンケア

  秋のローション。

  香りは、イモーテル、キャロットシード、ローズマリー。

  それにリンデンとラベンダーのフローラルウォーターを入れました。

  この組み合わせは初めて。

  どれだけ若返りたいの~? というようなセレクトです。  いやはや。happy02

             

  サロン用にオゾンスチーマーを購入したので、私も時々使っています。

  洗面器での蒸気も良かったけれど、これも良いですよ~。

  温かい蒸気がシューシューとお肌に当たっているだけで、

  リラクセーション効果があります。 confident 

  

  フェイシャルトリートメントのお客さまが続きました。

  クレンジング、ゴマージュ、クレイパック、アロマトリートメント・・・

  一つずつの工程を終えるごとに、ホットタオルから現れるお顔が、

  つるんときれいになっていく・・・。 shine

  その度に嬉しくなってしまいます。

  心の中でつい、きれい・・・と呟いてしまう。

  しっとりと吸い付くような肌。

  やっぱり、お肌は大事だわ~。

  きれいを実感すると、心も生き生きするもの。 

  

       これから、乾燥が気になる季節・・・。 

       紫外線を浴びたケアも必要ですね。

       9月からのメニューを少し変更しました。

       皆さまの目的に合わせて、お選びくださいね。

       心よりお待ちしております。

                       

                         

                       人気ブログランキングへ

                         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

夏が往く~秋が来る

                   

           風は、秋風。

                           

                空は、秋空。

 

     001

                    お散歩で拾ったどんぐりや松ぼっくり。

                      秋仕様にサロンに飾ってみました。

            季節のお花は、ワレモコウと、キイチゴ、ヘレ二ウム。

                 

                     014

  

           夏のリフレッシュトリートメントにご予約、ご来店頂きまして、

      どうも有難うございました。

      ゴマージュ付きのフェイシャルで、輝く笑顔と

      夏のお疲れをリフレッシュして頂き嬉しく思います。

         涼しい日が多くなっていきます。

         どうぞ、体調を崩されないように、ご自愛くださいませ。

      

      夏の終わりは、ちょっぴり寂しいですが、

      彩り深い秋も、愉しいことがたくさんありますように・・・。

                                 

    016

                      

                             

                        人気ブログランキングへ  

  

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

風船かずら

      053

       ふんわりとした軽やかな風船。

       ゆらゆら揺れて涼しげです。

       小さな花や、切れ込みが入った葉の形。 

       和の雰囲気漂う、心惹かれる植物です。

       タネもハートの模様が入ってかわいい。

             

      風船かずら、ホオズキ、フウセントウワタ・・・

      膨らんだ形の植物が好きです。

      なんだか夢があって良いな~。

                

       来週から始まる「アロマテラピーインストラクター養成講座」(生活の木)

   お申し込みがあり、開講することになりました。

   テキストを作成しただけで、大満足でしたが、

   いよいよそれを使える事になって、とっても嬉しく思います。

   事務局のチェックも終わり、完璧でしたとの事で修正はなく安心しました。

     (但し、誤字は幾つか訂正しました)

                     

        生徒さんも風船のように、

             夢一杯膨らませていることでしょう。

       

            

        人気ブログランキングへ   どうも有難うございます

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

いい気分でいると・・・

       ・・・良い出会いがある。

         

 札幌はこの所、めっきり涼しくなり お散歩にちょうど良い日が続いています。

          

      “運動は毎日少しずつ取り入れる。

      老化は脚からなので、まず歩く事。

      一日30分は歩きましょう。

      なるべく階段を使ったり、坂道を歩いたり・・・。

      手軽に取り入れられる歩くことをしてみましょう。”

      

      生活習慣病対策や健康維持の基本として、

      どこでも提唱していますね。

         

      言うは安し、行うは難し・・・

      判っていても、なかなか続けるのは難しいものですが、

      ぼつぼつ続いています。

      何でも習慣にするまでが、ひとがんばりなのです。

      それには、愉しみを作ること。

        002

      歩いた事のない道を歩いてみる。 

      いつもと一本違うだけで、勇気もいるしドキドキする。

      でも、新しい景色に出会えたり、面白い事にも出会える。

      そんな事が重なると、とってもいい気分。

      歩くのが愉しい。

       

          いい気分でいると・・・良いことに会える。

          ますます、愉しい。

        004   

      *原生林の中から出てきた小学生の男の子たちとの会話。 

      *BARNESさんでのお話も愉しかった。

      *『アロマデフューザーを今日初めて使ったのよ』 という日に、

       何年ぶりかで会ったSさん。

      *ミクシイで繋がった高校時代のクラスメートからもメールがありました。

         ・・・愉しいサプライズ。

      005

     ささやかな発見や、ぽっと温かい人とのふれあいで、

           こころ満たされる幸せ。

            

                  

             人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

            

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

食べられないお菓子

             すぐには食べられない・・・   

    

          003

 

                  かわいい~。

                  きんぎょが泳いでいる~。

                源吉兆庵の「金魚」

                            

      006

       

                      花火と鮎。

          箱の色合いも袋のデザインも素敵。

              桂新堂の「えびせんべい」

                

         001

       

         目でじゅうぶん味わい、  ゆっくりと いただきました。

                  

         人気ブログランキングへ   応援有難うございます

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

ヒノキの踏み台

  サロンのベットに上がって頂く時の、踏み台がほしいと思っていました。

  ベットを購入したメーカーにもあったのですが、迷っていました。

  でも、特に60代以上のお客様には必要と感じて、よく探してみたら・・・

  ありました。  ヒノキの踏み台。 

  本来は玄関などで使うようですが、天然木の材質と色、感触、

  しっかりした形が気に入りました。 香りも新鮮。 

  15㎝ほどの差ですが、全然ラク。 ・・・これで安心。

  

  それから、お客様の洋服を入れるカゴも新しくしました。

  内側に布がつけてあるフタ付きのカゴ。

  これもナチュラルな素材です。

               

       精油の入れ物。

       取っ手が付いているので、持ち運びに便利です。

       丸みのある形が優しい感じ。

          

          002

        

         もっと心地良い時間を過ごして頂くために・・・。

                  

       人気ブログランキングへ   どうも有難うございます

                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

手作りせっけん

    苛性ソーダを置いてある薬局を探す。

   4軒目にありました。

   材料、道具をテーブルに全部並べ、手順良く出来るように。

   ゴーグルとビニール手袋をして、マスクを付けて開始。

   なんだか仰々しいけれど・・・。

         ポイントは3つ。

                 正確に量をはかる。 

        苛性ソーダとオイルの温度を合わせる。

        トレースが出来るまでかき混ぜる。

               

       001

          とろっと美味しそう。

          やっぱり手作りは楽しい。note

          8種類の精油とカレンディラを混ぜ合わせ、

       002_2

    

        6週間後、白いオリーブせっけんの出来上がり。

                せっけん作りは、 

           作るたのしみ。 熟成を待つたのしみ。

           使うたのしみがある、と前田京子さんが本で記しています。

                     

       買えばすぐに手に入るものだけど、

       作っている時間、待っている時間が大切ですね。

       愛着を持って使えて、こころ豊かな時間を過ごせます。

       

        人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

                         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

「富良野風話」~倉本 聰

   サブタイトルで、「失われた森厳」とあります。

   森厳(しんげん)・・・秩序正しくおごそかなこと。きわめて厳粛なさま。

                                 (広辞林)

         

  異常気象の話から、身近に起こっている開発工事、世界遺産、

 水没するツバル・・・など。

 環境に関する事と、戦前と今の日本を比べ失ってしまったものや感性について

 時には怒り、嘆き、憂いながら語っています。

                           

      ”いつからこんなふうになってしまったのだろうか。

       何がこんな風にしてしまったのだろうか。”

 

   倉本氏の視点は富良野に住んでいるからこそ見えるもの、感じられること。

   手を伸ばせば触れられる自然の中で暮らしているから気づくこと。

                

      “我々が子供や子孫に残すべきものは、金や株券や不動産ではなく、

       なによりもまず 豊かな地球。

       そこに尽きると僕は思うのだが。”

            

  002

       

         ・・・富良野からの心に響くメッセージです。

                    

      人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

「恥を知れ」という言葉

 先日のテレビに倉本聰氏が出演していた時、

 「『恥を知れ』、という言葉は、もう死語になりつつある・・・。

 今の日本人にはそういう感性がなくなっている・・・。」というような話をしていました。

 恥を知れ、その言葉が鮮烈に迫ってきました。

 あぁ、校訓ではないか・・・。 校章の裏にも記してあった。

 私の中で、忘れかけていたその言葉。

 「恥を知れ」、学生生活の中で毎日のように接していた言葉。

           

    自分に恥じないか。 

 日本人はこういう感性を持っていて、自分の行いや心を律してきた。

 この言葉を反芻すると、背筋がピンとなるようです。

    

 国のために命を捧げて戦争でなくなっていった兵士が、

 今の日本を見てどう感じるか、というお芝居を上演したそうです。

 自分の命を犠牲にしたほどの価値のある国なのか、失望するであろう、と。

          

 ・・・戦後60年余りの間に日本人が持っていた感性が薄れていったようです。

 便利になった事の引き換えに失ったものがある。 便利の功罪。

 豊かさとは、物ではなく心が満ちて幸せな事。

 

 「無償の愛」で子供を育てている人も少なくなっている、とも。

             

      「東京にいる時は漠然と自然を好きだったけれど、

      北海道に住むと自然に対する気持ちが変わった。」

       という言葉にも共感しました。

             

     人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

十勝ベーグル~シラカバ樹液

  マルヤマクラスに入っている十勝ベーグル。

  色々な種類があって迷いましたが、牛の絵がかわいいミルクベーグル、

  トマトバジル、クルミとイチジクを選びました。

  ずっしり重い。

          001 

    

    ベーグルを食べたのは、15年ほど前でしょうか。

  その頃、柔らかいパンが主流でしたから、

  生地のしっかりした食感の噛めば噛むほど味のあるパンは初めてでした。

    でも、少しもさもさして口の中の水分を持っていかれるような感じ。

   

    十勝ベーグル・・・名前だけでも美味しそう。

  そして、美味しかった。

  これぞ、ベーグルだわ。

  ホームページを見ると、材料や製法にこだわって作ってある事が判りました。

  シラカバ樹液を使ってあるのです。

  それがモチモチ感を出しているそうです。

  シラカバ樹液とは、芽吹く前の春先の1ヶ月ほどの期間に取れるもので、

  大地の生命力をシラカバが吸い上げた水だそうです。

  ほんのり甘く、何かに混ぜるとまろやかになるとか。

 

  眠っていた大地や植物が、始動するときのエネルギーの元になる水。

  素敵ですね~。     元気が出てきました~。

         

     

      シラカバの精油の成分は、サルチル酸メチルが大部分を占め、

       浄血、鎮痛、利尿、殺菌作用があるとされています

                 

          人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

アマとホップのフラワーロード

 札幌駅北口、北8条通りから東16丁目までの通りに、

 アマとホップのフラワーロードがあります。

 「生活の木 アリオ札幌店」に行くとき、バスの停留所で降りると

 ブルーの可愛いお花が、そよそよ風に揺れて出迎えてくれました。

 6,7月頃が開花期で、とても印象に残る素敵な通りです。

          002 

  今は細い茎の先端に、小さなボールのような実がたくさん付いています。

       003

       ・学名・・・Linum usitatissimum  

       ・科名・・・アマ科

       ・一般名・・・フラックス

       ・和名・・・亜麻

       ・別名・・・リンシード

       ・一年草

     茎はリネンになり、種子からは亜麻仁油。(リンシードオイル)

     不飽和脂肪酸のα-リノレン酸が多い。

     亜麻というと、♪~亜麻色の長い髪を~~を思い出すのですが、

     植物の姿と色のイメージが重なります。

     北海道開拓の初期に導入され、繊維として使用されたそうですが、

     化学繊維に押され衰退したという経緯が記されています。

     成分にはリグナンが含まれ、これは抗癌作用があるとされています。

    004

     放射状に分かれた8個の部屋の中に黒いタネが包まれている。

     とても愛らしい植物です。

     亜麻仁油は小さい瓶なのに千円位して高価ですが、

     サラッとしていて、クセのない味。

     植物と仲良くなると、いろいろ知りたくなりますね。

     

         人気ブログランキングへ  応援有難うございます

       追記  

    北海道新聞に、「亜麻 エコ建材に活用」という記事が出ていました。

    道内では1896年に栽培が始まって、繊維を軍服やテントに利用していたが、

    約40年位前に姿を消した。

    今回は、繊維をエコ建材に加工する取り組みが十勝で始まった。~抜粋~

           

       亜麻の花が復活してよかった。

          広い十勝平野にそよぐ姿、見てみたいですね。     

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

野田岩~下北沢店

  5時に開店、8時閉店。

  その日は6時に行きましたが、もう10人以上外に並んでいます。

  8番目で40分ほど待ちました。

  その間、麦茶のサービスやうちわを配っています。

  蒲焼の食欲をそそる美味しそうな匂い。

  おなかも良い具合に空いてきました。

     本店は麻布、160年続いている老舗。

     下北沢店は、とっても小さい。 ・・・こじんまり。

     1階が調理場で、2階が食事する所。

     少し隣りと近すぎると思いますが、仕方ないのかな。

     黒い大きな梁や繊細な格子、日本的な木のぬくもりを感じられます。

     お店の人は和食には珍しく白いシャツに黒のギャルソン風のエプロン、

     黒のパンツ、というスタイルできびきび動いています。

          

  鰻重を頼みました。

  箸休めの大根おろし、漬物も良かった。

  肝吸いも、おだしと香りが口の中に染み渡ります。

  鰻ももちろん、堪能しました。

  やっぱりうなぎやさんのは、美味しい。

  スーパーで売っているのと全く違うもの。

  うなぎの味が生きている。

  ゆっくりと味わう・・・至福感。

  噛めば噛むほどに豊かな風味。

     

       鰻の香ばしさは、何故か昭和の夏を思い出させる。

     

             人気ブログランキングへ  どうもありがとうございます

     

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

ホッキョクグマとヘビ

  円山動物園で一番人気は、ホッキョクグマ。

  入り口から一番遠い場所にありますが、大勢の人で賑わっています。

  今年生まれた双子の赤ちゃんも、大きくなっていました。

  034 

      プールの端を器用に歩く。

       031

        タイヤやボールで遊んだり、

     029 

      お母さんグマや双子の子供同士でじゃれあったり。

      会話というコミュ二ケーションがない分、

      スキンシップは大事なのでしょう。

      お母さんに甘えたり、そばを離れなかったり、

      人と同じだな~と、微笑ましく、そんな時代を懐かしみました。

    032 

      とにかくじっとしていません。

      飛び込んだり、気持ちよく泳ぐ姿は涼しさを感じ、

      見ていて飽きない。

    035_2 

     小枝が気に入った様子。

           033 

          お母さんグマが身長を測っているみたい。

     

          飼育員の方の手書きが素朴で親しみ持てますね。

          他にも色々な説明や看板など、

          手作り感が感じられる動物園です。

          山に囲まれていて、園内も緑やお花で楽しめる。

          そんな所が気に入っています。

             

      今回はヘビの名前を確認しに、意を決して爬虫類館へ入ってみました。

      苦手な方も多いと思いますが、

      白ヘビは縁起が良いとされているし、

      やはり説明を読むと、好意的な気分になっていくから不思議。

      先日遭遇したヘビは、アオダイショウでした。

           

      「日本人なら誰でも知っている大和の大蛇。

       和の渋みを備えた美しいヘビであるが、不思議な事に世間では

       その魅力について語られる事は少ない。

       特に北海道産は美しい個体が多く、「エゾブランド」として定評がある。

       ~中略~

      北海道に暮らす人々にこんなに素敵なヘビが身近にいるという事を

      知ってほしい。そしてそこに誇りを持って生きていってほしいというのが

      飼育担当者の願いである。」

      性質はきわめて温厚。 最大2m程度。 無毒。

           

      爬虫類に対する抵抗感が少し薄らいだような。

      「和の渋みを備えた美しい・・・」との形容は素晴らしい。 共感できる。

       

     マムシの説明には、

     「特に攻撃的な種ではないが毒蛇というだけで殺されてしまうのは

     非常に嘆かわしい。

     自然豊かな場所でしか暮らす事が出来ないため「自然の番人」ともいえる。

     大切な役割を持った存在なのである。」  ~抜粋~

     性質・温厚。

            

   人気者の動物もいれば、嫌われ者の動物もいる。

   日陰のような存在の動物を飼育している人の優しさが表れているようです。

   長所を少しでも知ってほしいという願いや動物に対する思いが感じられます。

              

         021     

     自然界で、色々な動物、植物が関わりあって生きている。

     有毒であったり、姿も色も多様に。 

               

           019 

            

     人間にはコントロール出来ない大きなサイクルの中で・・・。

              

           023 

   

              

          人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

                          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

森の散策~円山動物園

  週末だけ開催される「森の散策タイム」へ行ってきました。

  毎月行きたいと思っていたのに、3ヶ月ぶりです。

  今回は1年間パスポートを購入。 動物園通い意欲満々。 

  10時からの回は、5人ほど。

  前回も案内して頂いたYさんと、ボランティアの方3人、

  そして大学の植物の先生も特別参加・・・豪華だわ。何でも聞ける!

        

  動物園の脇にある原生林が散策の場所です。

  片道350m程を一周して約1時間。

  森に入る前に、外来種のタネを払う為、靴の裏をパタパタこすります。

  蚊がいるので、虫除けスプレーも。 (アロマスプレーを持ってくれば良かった。)

     スズメバチが寄ってきても、手で払わないように、刺激しない事が大事。

  森は2週間に1度くらいの割合で大きく変化していくそうです。

002

  スギは元々北海道にはない木でしたが、1880年「養樹園」として

  この土地にどんな木が適しているかを調べる為に色々植えた中の一つ。

  スギ、130~140歳。 動物園は58歳。 私50代。 一番若い。

      003

     前回見たオオウバユリも7月にお花が終わって、

     一つのお花がこんな風に実になります。

     この中にタネが300位入っているそうです。

     1,5m位のオオウバユリがいくつも直立していて面白い。

     そのタネがお花になるまで7,8年かかるそうです。

     そして、この姿で枯れていきます。 

     012

          雪の重みで出来たハルニレのアーチ

   今回の説明で、植物の名前が分かったり、エピソードを知ったり、

   新しい発見がたくさんありました。

   それは、とてもワクワクして、喜びに満ちています。

         

   018

    この花の名前。

    アザミと思っていました。

    ゴボウの花です。 びっくりした~。 (゚0゚)

    「ゴボウって、あの食べるゴボウですか?」と思わず聞いてしまいました。

     (ここまで成長すると根は食べられないそうです。)

             

    ・学名・・・Arctium lappa

    ・科名・・・キク科

    アザミはキク科で、アーティチョークやミルクシスルと同じですね。

    デトックスにお薦めハーブ。

    イヌリンや苦味質により緩下作用があります。

    学名のラッパが楽しい響きですが、辞典を見るとこの語源は

    クリやゴボウなどのイガを持つ植物と記されていました。

              

   それから、8/7のブログでご紹介した植物の名前が違っていました。

   ごめんなさい。(^-^;   しかもショックな名前です。 w(゚o゚)w

    034

    「ハエドクソウ (蠅毒草)」

   私の年代以前の方は知っていると思いますが、 

   ハエ取り紙というものがありました。

   ネバネバした長い紙をぶら下げておくとハエが取れるのです。

   この根を煮詰めて作っていたという説明でした。

   そして、この草を何本か集めて置くだけでも、駆除になったそうです。

   ですから洗面所の周りなどに多く生えていたとのこと。

   なんだかかわいそうな名前ではありませんか。

   こんなに繊細な涼しげな植物なのに・・・。

   お花だって小さくて可愛いですよ。

   「ハエドクソウ (蠅毒草)」は、あんまりだわ。

   昨日のミズヒキと比べたら、ネーミングが雲泥の差。

        一人で憤慨する私でした・・・。

           011

    こんな変わった植物も、名前を知ると「へぇ~」と感心する。

    マムシグサ・・・茎が蛇に似た模様と形状から。

    果実が「オモト(万年青)」のようです。

    しかし、マムシか・・・植物よ、何思う?

        016

    最後に。

    この花はまだ咲き始めで、烏帽子のような形になり紫が強くなります。

    「トリカブト」・・・花も葉も根も有毒植物。

    アイヌ民族はこれで毒矢を作り、クマなどの狩りをしたのです。

     

    小さな森ですが、整備されていない自然と触れ合える場所です。

    目が慣れてくると、緑一色の中に色々な植物を見つけられるようになっていく。

    今まで見過ごしていたものに気づく喜び・・・。

          

    「森で無駄なものは何もない」という言葉が印象に残りました。

                   

       人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

自然と触れ合う円山散歩

  お薦めのお散歩コースをご一緒に。

  円山公園前の北1条通りから、テニスコート脇を左に折れます。

    004 

     中央分離帯には並木、進む方向に緑の山々。

     この花壇の前は「BARNES」ですが、今日は素通り。

     車は通るけれど、人は歩いていない。

    006

      栗がたわわに。

011

    ナナカマドの実も色付いて。  

    もう、秋の気配?!    

      013

      円山原生林の通りを動物園方向へ。

      動物園から下へ降りて木道を歩きます。

       015 

       エゾシマリス。 何回見ても可愛らしい。

       018 

        午前中だけしか会えないと思っていたけど、

        3時のおやつタイムでしょうか。

       020 

        植物との触れ合いも良いけれど、

        動物も和みます。

       028 

        何を見ているのでしょう。

        目やしぐさが可愛くて、立ち去りがたい。

        023 

          後姿も。 つやつやの毛並み。

          029 

          リスが走り、蝶が舞い、花が咲き。

          でも、時にはビクッとすることも。

         022 

        2m位かな。

        得意でもないけれど、これも自然。

        可愛いもの、きれいなものだけで成り立っているのではない。

        蛇は生命力の象徴ともされている。

        031 

          ミズヒキ。 惹かれる植物の一つ。

          控えめな風情が何とも良い。

          細い曲線が美しい。

    035 

     オオハンゴウソウが咲き乱れていますが、

     今月末に駆除するそうです。

     北アメリカ原産の帰化植物で群生を作り、日陰が作られて

     元々の自生植物に悪影響を与える為と書かれています。

     一見良さそうに見えますが、自然体系が変化してしまうのですね。

     一つの変化は、少しずつ他にも影響を及ぼすのでしょう。

     自然を守っていくこと。 考えさせられます。

       042 

          終着点は、森彦へ。

          2階の窓から見えるブドウの蔓が素敵です。

          スパイスミルクティで温まりました。

                     

         人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

          

                   

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

ランチ、ランチ、ランチ

  嬉しい事にランチのお誘いが続けてありました。

                   

    以前、お花屋さんで仕事をしていた時は、娘と同じような年齢の仲間と

    毎日のようにランチしていた事を思い出しました。

    それは弾むような若さ、瑞々しさを分けてもらえるような時間でもありました。

           

  同じ年代同士で集まる事が多いと思いますが、

  年上の方、そして年下の方。 色々な年代の方と会うことは大事ですね。

  新しい価値観、情報、考え方・・・。

     新しい風が、快い刺激になって、

     自分流に固まってしまうものを、柔らかくほぐしてくれるようです。

     いつも受け入れられる感受性を持っていたい。

           

  年下の方から教えられる事もたくさんある。

  自分がその年齢のとき、何を夢見てどうように過ごしてきたか・・・。

  そんな事を重ね合わせたり、ちょっぴりの年の功?を話して

  プラスに感じて頂けたら良いな~と思います。

  停滞の時もあるし、良いことが続く時もあるし・・・。

  後退に感じる時も、きっと振り返ったら良い厚みになっているはず。

         009            

             迷いながら、探しながら、

                   夢見ながら・・・。

                 

   

        人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

夏の精油

  一番活躍しているのは、やっぱりペパーミント。

  湿気が多いときや、気温上昇に伴い出番が多くなる精油です。

  先月、東京に行くときもグレープフルーツとペパーミントを持参しました。

  空港までの快速エアポートに乗った時、

  電車独特の匂いがあって、すぐにハンカチに滴下しました。

  スゥーと爽やか。 これでよし。 (゚ー゚)

  飛行機の中での気分転換にも良いし、

  東京のもわもわ~とした生温いい空気を、2,3℃下げてくれるようです。

  部屋の中で、電車で、歩きながら・・・

  どれだけ助けられたか分かりません。

  

  それから夏のドライブも絶対必需品。

  車酔い、運転の眠気覚まし。 こもった空気の清浄。エアコンの匂い消し。

    ペパーミントを中心に、レモングラスやレモン。

      020

  

   シダーウッド、サイプレスなどのウッディ系の精油もお薦めです。

   札幌の夏は、緑の木陰を思い起こさせる香りが良く似合う。

  

 

         気ブログランキングへ   応援有難うございます

           

                     

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

北海道の夏の風

   7月のお天気が良くなかった分、

   今月は暑い日が続いて、やっと夏気分。  

   朝から明るい光で目が覚め、すぐに全部の窓を開け放ちます。

   新鮮な風が部屋を横切り、吹き抜けていく。

   本州の方には申し訳ないけれど、

   30℃近い気温でも、エアコンなしで過ごせるこの快適さ。

   北海道の夏の風・・・。

   樹々の緑の葉を揺らし、草花もゆらゆら動かしてくれる。

   そして私たちの肌にも、心地良い。

   緑や夏の粒子を含んでいるような、自然の香りを感じる。

          001        

                     

          北海道の夏の風・・・。

               皆さまに届きますように・・・。

           

         人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

うれしいこと

  数回、サロンにいらして頂いているお客さまから、

  「ここの話をしたら、是非母も来てみたいというので予約したいのですが。」と、

  嬉しいお話。 2世代に渡ってご来店頂けるとは・・・感激です。

  しかも、東京のサロンでのご家族からの紹介でいらした方でした。

            

  初めてご来店されたお客さま。 しばらくぶりのお客さま。

  お会いできて嬉しいです。

  個人情報管理の立場から、お客様の事は詳しく申し上げられませんが、

  嬉しいことは、たくさん続いています。

  ご縁あってサロンにいらっしゃるお客さまとの出会い。

  しみじみと、人との繋がりの不思議さを感じてしまいます。

                   

  見えない糸が色々な方向に出ているのでしょうか。

  会いたいな、と思っていると実現したり、

  偶然の出会いも必然的といいますものね。

  きっと、神経伝達物質のような仕組みで、レセプターに届くのかしら?

  

  そして、直接会わなくても、伝えなくても、

  どうしていらっしゃるかしらと、気にかけたり、案じたり、

  その人に想いを巡らせることも大切な時間。

  ・・・優しい気持ちになれますね。

     それは、きっと良い波長に乗って届いていく事でしょう。

                 015

                                 

         人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

美味しいソフトクリーム「BARNES」

     ソフトクリームの看板は以前からあったけれど、

  そんなにこだわりのお店とは知らなかったわ~。

  コーンやカップなどの容器が、4つから選べます。

  「濃厚ミルク」か、毎月変わるフレーバーの2種類から決めます。

  今月は、「プレミアムエクアドルチョコレート」 でした。

   003 

    あまりに美味しそうで、

    2,3口食べてから、慌てて写真を撮りました。

    なめらかさ、密度が濃いけれど、さっぱり感がある。

    甘過ぎず、爽やかな後味。

    チョコレートの風味が生きている。

    コーンもパリパリで美味しい。

   

    午前中にソフトクリームを食べたのは、初めてかも・・・。

    誰もいない店内のソファに座って、広い窓の緑を眺めながら。

    

   ソフトクリームが大好きな若い女性が、素敵な笑顔で応対してくれます。

   

   窓辺のサンキャッチャーが、店内に虹をたくさん作って。

   立てかけてある本も夢のあるタイトルが並んで。

   ソフトクリームと、 チャーミングな人、 ゆったり空間。

   その食感のように、柔らかくて幸せな時を過ごせました。

    004 

     窓辺に飾ってあったペンギン。

     お庭にキタキツネが、来る事もあるとか。

           「BARNES」 GREEN ARCHⅡ から徒歩で、15分位。

              

      札幌はやっと夏らしい日が続いています。

      アイスクリーム日和ですね。

             

               

         人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

黄色い花

  北海道神宮付近にセントジョンズワートが咲くという。

  会えるかな・・・。 もう時期は遅いかも。

  探しに行きました。

  たぶん、北海道神宮の裏手の原生林の中が有力。

  北1条通りから左に曲がり、テニスコート脇を歩いていきます。

        この通りにある「BARNES」というお店のソフトクリームが美味しいらしい。

         明日のブログで紹介します。

  緑の中に鮮やかな黄色は目立ちます。

       021

        たくさん咲いていた花。

        オオハンゴウソウ (大反魂草) 別名:ルドベキア

        2m位の背丈にまで伸びています。

        お花の直径も10cm以上あって、目を引きます。

       

         016

        エキナセアに似て、色違いのよう。同じキク科。

        「北の国から」で、蛍にたくさんプレゼントしたあの花です。

 022

        明るい黄色から、元気をもらえますね。

      025

       これは月見草。 イブニングプリムローズ。

       Oenothera biennis

       もう11時ですけれど、咲いています。

       ハート型の小さな花びら。

       4つ葉のクローバーみたいな優しい花。

       花の印象は、作用にも繋がりますね。

  この種子から採れるオイルの特徴は、

  必須脂肪酸のリノール酸が多く、特にγ-リノレン酸を含んでいる。

  アトピー性皮膚炎、皮膚のトラブルに。

    

        032

       このお花、面白いでしょう。

       初めて見ました。

       キツリフネソウ (黄釣舟草)

       茎からぶら下がってゆらゆらしています。

       金魚みたいな不思議な形。 2cm位。 ポニョみたい。

       境内に群生していました。

       034

       これは細ーい植物。 涼しげです。

       お刺身のツマのよう。

       やはり群生していて、繊細な筆で描いたようにきれいでした。

       

         026

          ハナタデとアカツメグサ Trifolium pratense

    レッドクローバー

    女性のホルモンバランスを調節する事から、更年期の諸症状に。

    呼吸器の諸症状に。

           

    セントジョンズワートには会えなかったけれど、    

    気づけば、どこにでもハーブがある。

       

         人気ブログランキングへ  応援有難うございます

              

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

生活の木 Herbal Life College 2009 秋版

  「生活の木のカルチャー総合案内」が届きました。

  4,5年前は、今のようにカラー印刷でなく枚数も薄かったのに、

  最新号になるたびに、講座も増えて厚くなっています。

  アロマテラピーやメディカルハーブの資格認定講座、

  ハンドメイド講座、1日講座、スペシャル講座など。

  色々な講座を眺めているだけで、楽しくなりますね~。

  

  さて、その中で札幌で行う特別セミナーがあります。

  「キャンドル&佐々木薫のハーブ紀行セミナー」です。

  キャンドルセミナーは、富良野出身の写真家でもある那須野ゆたか氏。

  実習でキャンドルを作るそうです。

  佐々木先生は、乳香にまつわる旅のエピソードのご紹介。

     札幌で、このようなセミナーが開催されるのは大変希少。

     早速、申し込みました。  皆さまも、どうぞご一緒に・・・。

           

  ・11月29日(日)  12:00~15:00 (休憩15分)

  ・定員    60名

  ・受講料  ¥6,300 (材料費 ¥1,050含む)

  ・場所    かでる2.7

    詳細・お申し込みは、【生活の木 札幌校 (アリオ札幌店)】

    TEL&FAX 011-743‐9304

    

 それから、札幌校で秋開講の養成講座、私の担当は下記の通りです。

 ・アロマテラピーインストラクター養成講座・月曜コース (10月19日~)

 ・アロマテラピーインストラクター養成講座・火曜午前コース (9月1日~)

 ・アロマテラピーアドバイザー養成講座・木曜集中コース (9月10日,24日) 

 ・アロマテラピーアドバイザー養成講座・土曜集中コース (9月12日,19日)

  

   アロマテラピーの第一歩を踏み出す方、

   そしてその先を目指し、深く広げていきたい方、

   是非、いらして下さいね。

   札幌校には、他にもたくさんの講座があります。

   少し興味があったら、参加してみると世界が広がりますよ。

   講座内容だけでなく、人との出会いが待っています。

            

   私もそこで、先生との出会い、仲間との出会いがありました。  

   新しい素敵な出会いが、自分をリニューアルしていく要因となる。

       104               

              モナルダ  和名:タイマツバナ

            

      学ぶ事は、楽しい。 

      一人も良いけれど、仲間がいるともっと楽しい。

      大人になって、40,50代になって又、教室に通う・・・。

      それだけでワクワクしませんか。

   

         人気ブログランキングへ   どうも有難うございます

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

工房茶庵 巧 (たくみ)

円山公園のすぐそばにある甘味処。

気になっていた所の一つでしたが、入ってみました。

狭い間口からは想像できない程、奥行きがあり、雰囲気がとっても良い感じ。

5,6m位の小径に涼しげな蒼いガクアジサイと細ーいミズヒキの組み合わせ。

これだけでもうっとり。

入り口には水を張った岩に水草。

その上にも楚々とした小花。

中は、良き時代の民家を改造したような落ち着いた造り。

窓際やテーブルにアジサイやドクダミがさりげなく置いてあります。

   

   制作途中の織物が織機と共に飾られてあって、

   ランプや椅子、コースター、器、メニューの個性的な字、

   どれも一貫した高い美意識で、乱れがなかった。

   それは、清々しい気持ち良さ。 居心地の良さ。

   甘味のテイストとあれ程しっくり合っているお店を作るのは難しいでしょう。

   注文したものは小さなお盆に載せられてきますが、

   そこにちょこんと、小さな小さな折鶴。

   他のお盆には、やはり折り紙で丁寧に作られた風船ふたつ。

   おもてなしの心を感じました。 素敵。

   良い刺激は、すぐにサロンの仕事に生かしたい。

        

   それから、洗面所のハンドペーパーが折りたたみでなく、

   1回分ずつ、くるくると巻いてあるのです。

   これは初めて見ました。 良いアイディアです。

         扇風機もレトロだったらもっと完璧。 (求めすぎ・・・)

          

   抹茶アイスぜんざい。 もちろんお味は、とっても満足。

  

      懐かしい、ほっとする時間を過ごせて、眼福、口福。

               

      札幌市中央区北1西28-2-16   TEL 011-644-8068

       円山公園 北1条通りに面している入り口から、東へ数軒先。

          

 

      人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

      

               

    

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

夏のリフレッシュトリートメント

  親孝行ウイークは、私の夏休みでもありました。

  さあ、リフレッシュしたところで、気持ちも新たにお仕事復帰。

       

   サロンからのお知らせです。

   8月8日(土)~8月30日(日) 

   ・葉月・・・フェイシャル・・・\6,500

   ・向日葵・・・フェイシャル+ボディ・・・\9,000

    どちらのコースも、フェイシャルのゴマージュ付きです。

    お客様への暑中お見舞いを兼ねた大変お得なメニューです。

    どうぞ、つるつるすべすべのお肌になり、リフレッシュして

    夏の後半を明るくお過ごし下さいますように・・・。

               詳細はこちらをご覧下さい。

        001

   

      来週はお盆に入りますね。

      連休の方も多いでしょう。

      札幌も、やっと夏らしい日が続くそうです。

          

         皆さまにとって、楽しい夏でありますように・・・。

              

         人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

                   

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

親孝行ウイーク~Ⅱ

   両親と1週間過ごしたのは、思い返してみると里帰り出産以来でした。

   ・・・20年ぶり。

       楽しい1週間はあっという間に過ぎ、明日はもう帰る日です。

   遠出は出来なかったけれど、

   近くをお散歩したり、植物園や大通公園などで充分楽しめました。

   「かに本家」で、かにづくし。

   今日は「すし善」へ行ってきました。

   毎日、ヘルスメーターに恐る恐る乗ってチェック。

   減っているわけないですよね。 

   どれだけ膨張するのやら・・・。

               

   脚が丈夫な父は、一人で小樽や大通公園のビヤガーデンへ行ってきました。

   9時過ぎても帰らなかったので心配しましたが、

   隣りの席になった父より年上の地元の方と盛り上がっていたそうです。

   「また、来年ここで会いましょう」 と。

                  

   「サッポロビール園」のときも、

   父は隣りのテーブルの方と、目が合って言葉を交わしたら、

   なんと、同じ土地の100m圏内に住んでいたことのある方で、

   知り合いの名前を言うと、その方も知っていて・・・本当に世間は狭い。

   驚きました。

   とてもおしゃれな雰囲気のそのご婦人は、父より4歳年上。

   人生を楽しんでいる様子が伺え、母もパワーをもらえたようです。

   お互い手を振り合って別れを惜しんでいました。

               

     母は超スローモーションで一生懸命歩きます。

     膝が90度以上は曲がらないので、少しの坂道でも苦労するのです。

   

   「北大植物園」では、車椅子の貸し出しがあったので助かりました。

   6月のように花はなかったけれど、

   紫陽花がきれいに咲いていましたよ。

   父と交替で車椅子を押しました。

   84歳の父が車椅子を押しているのは、おかしいですね。

   でも、微笑ましい・・・。

 008

   母はいつもセミが鳴いているように耳鳴りがするそうです。

   色々病院へ行ったけれど治らない、と。

   セミの合唱がたまに変わるときがある、と笑います。

   雪ノ下を煎じると良いと聞いて、育てています。

   ギンコウのハーブも勧めましたが、飲んでいないみたい。

   なので、耳が遠く、ゆっくりと大きな声を出さない聞こえません。

   周りに人がいるときは少し恥ずかしいですが、仕方ありません。

   補聴器も数年前に使ったそうですが、

   人によって声の大きさは違うし、

   風が強いときはその音がゴーゴーするそうです。

   微調整が難しいらしい。

   テレビの音量も大きいし、自分の声も大きくなっている。

   

   年を重ねると認めたくない不具合な部分も出てきますね。

   機械だって永く使えば故障が生じるもの。

   それに嘆くより、

   何とかオイルを足し、ネジを締め直しながら元気で長生きしてほしい。

       

   高齢者がこれから益々増加するでしょう。

   車椅子があったり、エレベーターが完備していたら、

   もっと出かけやすくなるでしょうね。

   そして、温かく見守って頂けると、嬉しい。

             

      随分と苦労をした両親に、

      すこし親孝行できたようです。

            

      たくさん食べて、たくさん笑って、

      たくさんの事を残してくれました。

                 

       007  

            

                           

        人気ブログランキングへ   どうも有難うございます

   

   

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

上野ファーム~北海道ガーデン

   085

   “英国の庭をベースにしながらも

    北海道の広い青空や気候、風土に似合う庭をつくっています。

    寒暖差がある北国ならではの色鮮やかな花色や開花期の違いが

    ここだけでしか見られない風景をつくってくれると思い

    「北海道ガーデン」と名付けました。”    ~上野ファームのリーフレットより~

                      

      同じ植物でも、その環境や気候、背景で変わってきます。

      「北海道ガーデン」・・・良い言葉ですね。

      厳しい冬の寒さは、マイナスのイメージになりがちですが、

      それがあるからこそ、こんなに素敵なガーデンに育つのですね。

 

      富良野と旭川のファーム巡り。

      たくさんのハーブや花に出会えました。

      冬の忍耐、春の喜び、夏の躍動・・・

      其々の季節で出会う美しい自然。

              北海道に来て良かった。

              

      この環境に少しずつ、少しずつ馴染んでいく。

      いつか私も爽やかな風のように、香りを広げていきたい・・・。

                    

       081

                        

              人気ブログランキングへ  どうも有難うございます

                           

                     

     

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

上野ファーム~ハニーサックル

      091

         ハニーサックル。

         092 

          つぼみ。

          太陽の光を手のひらに受けているよう。

071

   何でもない柵でさえ、ここでは絵本の中のよう。

    069   

          アヒルや黒いニワトリがいました。

          のどかな光景です。

          061 

          エサ台も良い味出して。

089

  素敵な小径があると、人は歩いてみたくなるものですね。

  春は水仙が咲くそうです。

           

       ここに佇んでいるだけで、幸せな時間。

                           

        人気ブログランキングへ    応援有難うございます

                      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

上野ファーム~マロウブルー、マーシュマロウ

  旭川にある上野ファームをご紹介しましょう。

        

  昨年放映された「風のガーデン」はご覧になりましたか?

  ナチュラルなハーブで愉しませてくれたガーデナーの上野さんのファームです。

080  

      期待以上にとっても素敵でした。

             

      茎の長い繊細な植物が多く、

      それが北海道の背景によく似合う。

      爽やかな風に柔らかくなびく姿、心も優しくほぐれていきます。

          072

                     マロウブルー。

                       色が澄んでいます。

 063_2

        赤いレンガにブドウのアーチ。

        緑のシャワーを浴びて。

       064  

          アーチの向こうは、どんな世界かな。

          とてもウキウキします。

 086

  細い路の両側に、たくさんのグリーン。

  どれが主役というわけでなく、全体が独特の雰囲気を醸し出しているのです。

  ですから写真ではインパクトがないかもしれません。

  このふわふわとした流れる優しさは、上野ファームに来て感じられること・・・。

    083

    背丈以上に伸びたグリーン。

    その中を歩いていると、頬や手に触れてきて嬉しくなる。

    まるで、ファームを案内してくれているようで。

        079

           色が素敵でしょう。

           マーシュマロウ。

      今まで大柄な所と、色使いが苦手で好きになれなかった花。

      上野ファームのタチアオイを見て、いっぺんに好きになりました。

      095

        この色も素敵でしょう。

        他に淡淡レモンクリーム、淡淡オレンジ。

        (淡淡=あわあわ:とっても優しい淡い色の意)

        タチアオイの美しさと魅力を発見したのは、驚き。。。

              

        マロウブルー          マーシュマロウ

・学名       Malva sylvestris        Althaea officinalis   

・和名    ウスベニアオイ         ウスベニタチアオイ

・属     ゼニアオイ属           ビロードアオイ属

    どちらもアオイ科で、名前も優しい響き。

    マロウブルー、マーシュマロウと言葉にするだけで、気持ちもふんわり。

    和名の薄紅葵もきれいですね。

              

    ハーブティでは、美しいブルーの色から、レモン汁を加えるとピンク色になる

    サプライズティで有名なマロウブルー。

    マーシュマロウは昔、この根からマシュマロを作っていた事から

    お菓子の名がついたそうです。 (現在は違う原料)

                   

         人気ブログランキングへ  どうも有難うございます  

           

     

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »