« 「Boys, be ambitious!」~北大Ⅱ | トップページ | 「解剖学 個人授業」 »

2009年5月15日 (金)

ヒースのハーブティ

 注文しておいた小包が届きました。

 ハーブや、精油、植物油、フローラルウォーターなど。

 その中でヒースのハーブが楽しみでした。

 以前から気になっていた物のひとつ。

 可愛いピンクの粒々の蕾と1cmほどの細い葉が混ざっています。

 札幌では、4月の初め頃、咲いていました。

 その外観とは違って、寒さに強いのですね。

 ヒースといえば、「嵐が丘」に描写されているのが思い浮かびます。

 イギリス北部の荒地に群生するそうです。

 小高い丘全部がいくつも連なって、この色で染まる景色があるという話を伺いました。

 その1,2週間にタイミング良く会えたら素敵でしょうね~。

    瓶に入れ替えたら、何だかふりかけみたい?

    そのまま味見したら、食感は良いです。最後にちょっと苦味があるけれど。

    ご飯にかけたら、きれいかも。

    シングルティは、特に味なし。

    白湯のように飲めます。

    口の中をさっぱりしたい時に良いと思う。

    ブレンドは優しいハーブと合せたいな。

    ローズ、リンデン、ウスベニアオイ、ラベンダー、エルダー・・・。

      006

             ヒース(エリカ)とクリスマスローズ

                   学名・・・Erica vulgaris

       科名・・・ツツジ科

       主要成分・・・アルブチン、タンニン、

       作用・・・抗菌、収斂、利尿、殺菌、鎮静

       ・尿酸を取り除く働きや、泌尿器系の感染症などを緩和。

       

 ヒースは美容、特に美白に良いという事です。

 早速入浴後、ローズとカモミール、ヒースでフェイシャルスチームをしてみます。

 

          人気ブログランキングへ  どうも有り難うございます

 

 

|

« 「Boys, be ambitious!」~北大Ⅱ | トップページ | 「解剖学 個人授業」 »

ハーブ&アロマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒースのハーブティ:

« 「Boys, be ambitious!」~北大Ⅱ | トップページ | 「解剖学 個人授業」 »